ラングリッサー モバイル攻略wiki
  1. GameManiax
  2. ラングリッサー モバイル攻略wiki
  3. 【ランモバ】基礎情報③英雄選びとスキル。バトルを円滑に進めるために覚えておきたい要素を解説【ラングリッサー モバイル】

最新記事

【ランモバ】4月16日アップデート情報まとめ《4月18日更新》
更新:2019年4月18日

【ランモバ】「時空の裂け目光輝ルート」ドロップアイテムをチェック!攻略のワンポイントアドバイス《4/23更新》
更新:2019年4月18日

【ランモバ】4月16日アップデート情報まとめ《4月18日更新》
更新:2019年4月18日

ランキング

現在 週間 月間

攻略取扱いタイトル

【ランモバ】基礎情報③英雄選びとスキル。バトルを円滑に進めるために覚えておきたい要素を解説【ラングリッサー モバイル】

【ランモバ】基礎情報③英雄選びとスキル。バトルを円滑に進めるために覚えておきたい要素を解説【ラングリッサー モバイル】画面の見方に続いては、バトルに出撃させる英雄の選び方や便利なスキルなど、ゲームを進める上で覚えておきたい攻略情報を紹介。

ランキング

現在 週間 月間

目次

▼【英雄の選び方】

  ▼【強敵の兵種や地形を考慮】

  ▼【回復スキルは必須】

  ▼【ガードや範囲攻撃スキルも有用】

  ▼【クールダウンに注意】

  ▼【序盤はオリジナルキャラ中心で】

 

英雄の選び方

クエスト攻略に挑む際、「どの英雄を出撃させたらいいのか?」と悩むプレイヤーも多いだろう。

基本的には、
① 敵の主力となる部隊と相性のいいクラスの英雄
② 回復や防御などの優秀なスキルを持つ英雄

①→②の優先順で選べばだいたい間違いがない。たとえば5人まで出撃できるバトルなら、①で3~4人選び、残りは②で2人(回復役、防御役)という構成がオススメだ。

とくに3すくみの関係にある歩兵、槍兵、騎兵の各ユニットは、それぞれ2人ずつぐらい育成してそれらが活躍するバトルのために準備しておきたいところ。そのほか、優秀な回復スキルを持つ僧侶や機動性にすぐれた飛行系ユニットも2人ずつくらいいると、どんな相手でも戦力がだいぶ安定するはず。


▲バランスよく戦力を整えておけば、敵がどんな陣容で来てもそれほど苦労せずに戦える


【強敵の兵種や地形を考慮する】

マップによっては、強敵の撃破がクリアの条件になっていることもある。クリア条件に設定されている敵は、そのマップの難易度レベル以上の英雄たちで挑んでも苦戦するような強敵ばかり。兵種の相性が悪いとろくにダメージを与えられないことも多いので、撃破対象の強敵と相性が良い英雄をできるだけ多く出撃させたい。


▲まずは戦闘準備画面の右上をタップして戦場の情報を確認


▲たとえばこのマップの強敵・ベルンハルトは兵種が歩兵なので、最低1人は騎兵の英雄を出撃させよう

出撃させる英雄を選ぶ上で、もうひとつ重要な要素となってくるのがマップの地形。例えば周囲を水に囲まれた敵の城を攻略する際、騎兵や歩兵だけで出撃すると城へと続く一本道に味方が集中してしまうことになる。

こうなると城内に陣取った敵の弓兵から狙い撃ちにされてしまい、城内に辿り着くまで戦力を消耗してしまう。こういったマップでは、一本道を通らず、ホークナイトなど空から敵の場内に侵入できる飛行系のユニットを出撃させて多面的な攻撃を仕掛けることをオススメする。


▲一本道に味方が集中してしまい敵弓兵の格好の餌食に……


▲サイドから飛行ユニットを回り込ませて敵の城内に侵入。奇襲を行い敵の部隊を後ろから崩すのだ


【回復スキルは必須】

本作ではバトル中の回復手段がスキルかタレントしかない。そのため、他の英雄を回復させられる僧侶系の英雄を最低1人は出撃させたいところだ。オススメは初期キャラクターのアメルダ。スキルヒールが使えるだけでなく、行動後にタレントツッコミ達人でも回復してくれる(有効範囲の制限もない)。


▲2マス先の味方を回復させるヒールのスキルを持つアメルダ。長く活躍してくれるぞ

しかし、激戦になると僧侶系の英雄がひとりだけだと回復が追いつかない場面も出てくる。そんな時に役立つのが、スキルやタレントで自身のHPを回復させることが可能な英雄。

与えたダメージの30%分自身のHPを回復するエルウィン日輪斬や、行動終了時に自身のHPを20%回復するシェリー増援など、できれば僧侶の回復に頼らずに戦える英雄を出撃させたいところ。そういった自己回復系のスキルを持った英雄を手に入れたら、優先的に育成するといいだろう。

なお、英雄の育成は経験値薬を使うのが手っ取り早い。そのやり方などについては下のリンク先の記事を参照のこと。


▲多少のダメージなら、ただちに回復してしまうほどの便利スキルを持っている英雄も。召喚などで頑張って手に入れればグッと戦いやすくなる

【ランモバ】オススメレベリング方法へ


【ガードや範囲攻撃系スキルも有用】

回復系のスキル以外でも、ガード系のスキルと範囲攻撃のスキルはかなり役立ってくれる。たとえばグニルガードは、周囲2マスの味方が攻撃を受けた際に、代わりに戦闘を行ってくれるスキル。このスキルを上手く活用することで打たれ弱い僧侶系の進軍もかなりやりやすくなる。また、指定したマスの周囲3マスにいる敵にダメージを与えられるラーナブリザードなど範囲攻撃系のスキルも有用性が高い。


▲あらかじめガードを発動しておいたので、攻撃を受けたアメルダの代わりにグニルが戦闘に参加することに


▲範囲攻撃は相手の反撃を一切受けずに攻撃できるため、一方的にダメージを与えられる


【クールダウンに注意】

スキルを考慮して英雄を出撃させる際に覚えておきたいのがスキルのクールダウン。行動終了時に自身のHPを必ず20%回復するシェリー増援など常に発動状態が保たれているパッシブスキルに対して、グニルガードや、相手に1.5倍のダメージを与えるマシュー気刃などのアクティブスキルは一度使用するとクールダウン状態となる。そのため、スキルごとに決められたターン数が経過しないと再度使用できないということを覚えておこう。


▲「英雄」の詳細情報で確認できるスキルの情報。クールダウンはCDと表記されており、一度使用するとここに書かれたターン数が経過しないと再使用できない


【序盤はオリジナルキャラ中心で】

メインストーリーのプロローグから出撃できる本作のオリジナルキャラクター(マシュー、グニル、アメルダ)たちは、彼らだけは突破でレアリティも上昇するなど特別な存在として位置づけられている。マシューは最初の質問によって兵種が変わるが、グニルは槍兵、アメルダは僧侶とサポート系のバランスもよい。まずはこの3人を育成しつつ、必ず加入する飛兵のランスも上手く活用して、ゲームを進めていくといいだろう。


▲飛兵(ホークナイト)のランスは機動力に優れている。ゲーム序盤においては十分な戦力になるので育てておいて損はない

また、ゲームを進める過程で聖魔券が10枚以上手に入ったら「召喚」を行って強力な英雄を揃え、出撃させる英雄のバリエーションを増やしておこう。


©︎Zlongame Co., LTD ©extreme

最新記事

【ランモバ】4月16日アップデート情報まとめ《4月18日更新》
更新:2019年4月18日

【ランモバ】「時空の裂け目光輝ルート」ドロップアイテムをチェック!攻略のワンポイントアドバイス《4/23更新》
更新:2019年4月18日

【ランモバ】4月16日アップデート情報まとめ《4月18日更新》
更新:2019年4月18日


TOP