アルテイルNEO攻略wiki
  1. GameManiax
  2. アルテイルNEO攻略wiki
  3. 【アルテイルNEO】『ナナセイロ☆革命』で追加された戌神三姉妹と竜族を使ったデッキで攻める!【アルネオ】

最新記事

ランキング

現在 週間 月間

攻略取扱いタイトル

【アルテイルNEO】『ナナセイロ☆革命』で追加された戌神三姉妹と竜族を使ったデッキで攻める!【アルネオ】

【アルテイルNEO】『ナナセイロ☆革命』で追加された戌神三姉妹と竜族を使ったデッキで攻める!【アルネオ】『アルテイルNEO』の新カードパック『ナナセイロ☆革命』で追加された戌神三姉妹を主軸にしたデッキを紹介。ゴウエンが得意とするオープンスキルをふんだんに使った戦術を紹介しよう。

ランキング

現在 週間 月間

目次

▼【超火力で相手の盤面を崩していく『シヴァ』

▼【味方をサポートしつつ攻撃できる『アウルム』

▼【オープンスキルで味方をサポートする『ゾーィ』

▼【竜族が多ければ多いほど真価を発揮する『三つ頭の竜』

▼【実際にデッキを構築してみた

 【SP回復部隊

 【戦闘部隊

 【シールド

▼【バトルの手順

 

超火力で相手の盤面を崩していく『シヴァ』

シヴァはスタートスキル「戌神大霊気」自身の攻撃力と速さにバフをかけることができる。バフの効果はゴウエン値が高ければ高いほど上昇する仕組みだ。

さらにアクションスキル「犬牙神拳けるべろす」は射程内の相手ユニットからランダムな1体にこのユニットの攻撃力分のダメージを3回連続で与えられる。このふたつのスキルを使うことで超火力を維持しながら攻めていけるのが強みだ。

HPが30と心もとないのがネックだが、それは後述するアウルムゾーィでカバーしていけばOK。

 

味方をサポートしつつ攻撃できる『アウルム』

アウルムはオープンスキル「戌神大共栄」で自分ユニットから1体選び、最大HPを30、レベルを1増やし、HPを30回復する。対象がレベル3以下となっているが、今回のデッキではシヴァに使うのでその辺は問題ない。

アクションスキル「ヨシヨシヘヴン」味方1体のHPを全回復したのち、射程内の相手ユニットからランダムな1体に、全回復したユニットの最大HP分のダメージを与える。

アウルムは射程が3あるので、後列にいる相手にもダメージを与えられる可能性があるのは大きい。

 

オープンスキルで味方をサポートする『ゾーィ』

ゾーィはオープンスキル「戌神大結界」でゴウエンの味方1体の攻撃力、防御力をこのターンの間20増やす。防御を20増やせるので、盤面にいる味方を支える形で使っていくといいだろう。

HP70に攻撃力30と能力値は高め。ただし、速さが1なので活躍できる場面は少ない。やられたらいったんリムーブして、再度オープンスキル「戌神大結界」を狙っていくという使い方もアリだ。

 

竜族が多ければ多いほど真価を発揮する『三つ頭の竜』

三つ頭の竜はオープンスキル「連なる捕食」とアクションスキル「食らう」が強力。どちらも自分のデッキ内の竜族を参照してダメージを与えられるスキルで、最大3体にダメージが与えられるのが強み。HPも100と高く、また速さ、射程も3あるので盤面に残っても先手を取りやすい。

今回はこの4枚の新カードを使ったデッキを紹介していこう。

 

実際にデッキを構築してみた

三つ頭の竜のスキルを最大限に発揮させるため、全体的に竜族をメインにデッキを構成している。

■SP回復部隊

  

今回のSP回復部隊は光の精霊ヴァイスフォーゲルルージュエーステ光の精霊はシールドの囮に使いたいのでバッティングは極力さけたいところだ。

 

■戦闘部隊

    

マローダーアルィンド火炎竜巻の翼竜の3種。全体的にオープンスキルでダメージを与えられるもので統一している。炎竜巻の翼竜は竜族の数合わせに入れているだけなので、竜族のカードであれば別のものを入れるのも手だ。

戌神三姉妹のスキルはデッキ内に魔法カードがあると発動しないものが多い。そのため魔法カードは一切いれていない。仮に魔法カードを入れるとしても、すぐに使い切れるものにしておこう。

 

■シールド

軍師の機転火炎奔流火炎奔流火炎奔流難攻不落の順番にセット。このデッキで必要不可欠なのは軍師の機転のみ。残りのシールドはLPを維持するためにLP高めのシールドをセットしているだけなので、自分の得意な立ち回りにあわせて変えてみてもいいだろう。

バトルの手順

序盤の行動はほとんど決まっている。序盤は何をしたいと言うと、マローダー軍師の機転で返却してSPを底上げすることだ。まずはSPを溜めるために、ルージュエーステヴァイスフォーゲル光の精霊の順番にセットしていく。ルージュエーステヴァイスフォーゲル「献身」しておけば4ターン目にはマローダーがセットできるはずだ。

光の精霊のあとはすぐさまマローダーをセットするのだが、マローダーのオープンスキルで光の精霊を倒しておくこと。このターンは相手の行動次第になってしまうところがこのデッキの弱点ではあるが、相手にシールドブレイクをされなければ、次ターンで軍師の機転が発動できる。

引き続き光の精霊をセットすることで相手とのSP差はかなりのものとなり、俄然こちら側が有利になってくる。SPはたんまりあるので、アルィンドを展開していこう。

アルィンドは基本的にオープンスキルやSP還元のために即リムーブしても構わない。アルィンドセット後はシヴァアウルムを展開していこう。

ここからはしばらくシヴァアウルムのターンになる。アルィンドをセットするためゴウエン値は9になっているので、スタートスキル「戌神大霊気」によりシヴァの攻撃力は100に、速さは10ととんでもない性能になっている。この状態でアクションスキル「犬牙神拳けるべろす」を使えばほとんどの相手を撃沈することができるのだ。

さらに追いうちをかけように三つ頭の竜をセット。オープンスキル「連なる捕食」とアクションスキル「食らう」で相手の盤面をガンガン崩していこう。HPが減ってきたらアウルムのアクションスキル「ヨシヨシヘヴン」で回復させるていくとなおよい。

序盤によるSP回復と、強力なオープンスキル、アクションスキルのコンボで相手に反撃のスキを与えないこのデッキ。序盤はやや不安定な要素が多いものの、パターンにはまれば爽快なバトルが展開できるのが強みだ。手持ちのカードと相談してぜひ似たようなデッキを構築してほしい。


© Coreedge Inc / © GaYa Corporation

最新記事


TOP