アルテイルNEO攻略wiki
  1. GameManiax
  2. アルテイルNEO攻略wiki
  3. 【アルテイルNEO】第3弾カードパック『叡智崩落』発売開始!新スキル「カウンター」登場!【アルネオ】

最新記事

ランキング

現在 週間 月間

攻略取扱いタイトル

【アルテイルNEO】第3弾カードパック『叡智崩落』発売開始!新スキル「カウンター」登場!【アルネオ】

【アルテイルNEO】第3弾カードパック『叡智崩落』発売開始!新スキル「カウンター」登場!【アルネオ】『アルテイルNEO』の新弾カードパック『叡智崩落』がついに発売開始! 新しい効果を持つカードや、新しいカードタイプを持つカードなど、現状の戦況にどう影響するのか? 新スキル「カウンター」とは? 今回はそんな新弾のカードや新スキルについてまとめていこう。

ランキング

現在 週間 月間

目次

▼【カードパック第3弾『叡智崩落』発売開始!
▼【カードパック価格、リサイクル内容を一新!
▼【注目のカードはこれだ!
 【太陽の姫『アリリア』

 【閃剣の大隊長『ラフィーレ』

 【奈落の神『ザルグール』

 【歪みの魔女『シュメール』

 【竜殺し『ブリンガー』

 【獣王『リヴェイラ』

 【麗しの聖騎士『ミレリア』

 【魔将『シーカス』

▼【多種多様なシールドも続々追加!

 【太陽の号令

 【地獄

 

カードパック第3弾『叡智崩落』発売開始!

新弾となる『叡智崩落』。今回のカードパックで追加されるカードは全100種類以上にもなる大型アップデートが2019年4月26日に実施。新しく追加されたカードが現状のバトルにどう影響するのか、またイチオシのカードはどれなのか。新スキル「カウンター」とは? 今回は『叡智崩落』で追加されたカードの一部を紹介しながら考察していこう。

なお、販売価格は1パック(6枚入り)が150ベリル、10パック(60枚入り)が1500ベリルで、有償、無償いずれかのベル利で購入可能だ。

カードパック価格、リサイクル内容を一新!

第3弾カードパック『叡智崩落』発売に伴い、カードパック価格、各レアリティの排出、カードのリサイクル時に還元されるベリルやラヴァートメダル、またカードの生成に必要なラヴァートメダルの枚数に調整が入った。各調整内容は以下の通り。

■「BASIC」~「時空を超えた邂逅」のカードパック

■「聖域攻防戦」~「混沌に抗う者」のカードパック

■<「叡智崩落」~今後のカードパック>

ざっくり説明すると、カードをリサイクルする際は、もらえるラヴァートメダルが10倍になり、交換に必要な枚数も10倍になった。また、第3弾カードパック『叡智崩落』以降のカードパックは販売価格が150ベリル(以前のカードパックは300ベリル)と半額になり、ガチャを引けるタイミングが増えたと言える。

ラヴァートメダルに関しては単純に数値が10倍になっただけなので大きな変化はないと思っていい。

 

新スキル「カウンター」登場!

今回のカードパックに含まれるユニットには、新スキル「カウンター」を所持しているものも登場する。「カウンター」はスキルを所持しているユニットのHPが減少した時に発動する新スキルで、その名の通りカウンターで反撃できるというものだ。

ただし、スキルを所持しているユニットのHPが0以下になる、つまり相手の攻撃でクローズする状態になったり、最大HP減少によってHPが減少したときは発動しない。

よってカウンター持ちの相手には一発で相手を倒すか、赤い大雷のように最大HPを減少させるスキルで攻めていくのが得策と言える。

逆にカウンターを発動させたい場合は、マローダーのように味方にもダメージが与えられるスキル持ちと組み合わせるといいかもしれない。

【アルテイルNEO】カード図鑑はこちら!新カードも更新済み

注目のカードはこれだ!

今回追加されたLRのユニットカードは全8枚。各神族2枚ずつとなっている。それぞれ強力な特徴を持つものばかりなので、1枚ずつ解説する。

太陽の姫『アリリア』

オープンスキル「小さな太陽」はBGMを変更する効果がある。こちらは初音ミクから追加された仕様。今回はどんなBGMになるのかが楽しみだ。またすべてのユニットの攻撃力、防御力、速さ、射程をゲーム開始時の状態に戻せる。永続的なバフにより手がつけられなくなった相手のバフをリセットできるのは強み。

スタートスキル「可憐なる姫」はこのユニット以外の太陽王国すべての自分ユニットのHPを20回復して復活。こちらはシールドスキルやオープンスキルでバトルフェイズ開始時にクローズしてしまった味方に作用すると言える。

オートスキル「王族の責務」太陽王国のクローズしたユニットを1体復活できる。発動条件が昼という条件はあるが、味方を復活できるのは大きい。

 

閃剣の大隊長『ラフィーレ』

オープンスキル「民衆の剣」は神殿騎士の自分ユニットから1体選び、最大HPを20、速さを1、レベルを2増やし、HPを20回復する。速さのバフが永続的な効果なのが魅力だ。

スタートスキル「大隊長の指揮」は自身の神殿騎士すべての攻撃力をこのターンの間10増やし、SPを1回復する。神殿騎士がバトルエリアに2体いることが発動条件なので、ラフィーレ以外にもうひとり神殿騎士をセットさせておきたい。

アクションスキル「閃光の剣 ランティリット」は相手ユニットを1体選び、その横1列にいるユニットに攻撃力分のダメージを与える。対象を選べる「スラッシュ」といったところで、射程を問わないのが魅力。ただし神殿騎士がバトルエリアに2体いることが発動条件だ。

 

奈落の神『ザルグール』

オープンスキル「奈落の顕現」相手のSPを1減らす。効果は単純だが、地味に相手の行動を阻止できるスキルと言える。

また、テキストユニット「触れられざる狂気」でバトルエリアに居る間、魔法カードとシールドの対象にならない。シールドの返却の対象にもならず、魔法によるダメージも受けないのでバトルエリアにセットできれば、なかなかの脅威となる。

HP、攻撃力60と、速さ、射程が3と能力値も高めなので、さまざまなデッキで活躍しそうだ。

 

歪みの魔女『シュメール』

オープンスキル「母なる存在」は、戦闘用魔法少女の自分ユニットから1体選び、最大HP、攻撃力を自分の墓地の戦闘用魔法少女×10分増やし、HPを完全回復する。墓地に戦闘用魔法少女がいればいるほど効果が増幅されるので、中盤ないし終盤で真価を発揮するといえる。

オートスキル「人形の再利用」はこのユニットの攻撃力を自分の墓地の戦闘用魔法少女×10分増やす。こちらも中盤、終盤で真価を発揮できる。

クローズスキル「因果への回帰」は自分のSPを1増やし、このユニットを消滅させる。墓地送りにならないのでクローズしてもLPが減る心配がないのが魅力。

 

竜殺し『ブリンガー』

オープンスキル「伝説の傭兵」は、相手ユニットから1体選び、自分のゴウエン値×5のダメージを与える。シンプルだが汎用性のあるスキルだ。

アクションスキル「究極の一撃」は射程内の相手ユニットからランダムな1体に自分のウエン値×10のダメージを与える。さらにこのユニットに自分のゴウエン値×5のダメージを防御を無視して与える。この自分にもダメージを与えるところがポイントで、続けてカウンタースキルが発動できる。

カウンタースキル「第二の刃」はHP1以上の相手ユニットからランダムな1体に自分のゴウエン値×5のダメージを与える。「究極の一撃」とセットで発動すれば、最低でも(このユニットがセットに必要なゴウエン値6)90点のダメージが期待できるのは非常に強力だ。

 

獣王『リヴェイラ』

スタートスキル「魔獣 ベロス」はレベル3以下のすべての自分ユニットの攻撃力を10、速さを1増やす。効果はこのターンのみだが小型ユニットを主軸としているデッキには効果的。

オートスキル「魔獣 オートス」レベル3以下の未アクションの相手ユニットからランダムな1体をアクション終了にできる。こちらは相手が小型ユニットデッキの場合に効果的だ。

アクションスキル「魔獣王解放」このユニットの最大HPを120、攻撃力を80、速さを2、レベルを8にしてHPを完全回復。さらに相手ユニットからランダムな1体に80ダメージを与える。このユニットのレベルが4以下が発動条件なので、基本的に1回しか使えないが非常に強力だ。

 

麗しの聖騎士『ミレリア』

オートスキル「喋々の舞」はこのユニットの攻撃力を魔法カード発動回数×5増やす。効果はこのターンの間のみ。魔法カード発動回数を主軸としたデッキに組み込みたい。

アクションスキル「魔剣嵐」すべての相手ユニットに魔法カード発動回数×10のダメージを与え、魔法カード発動回数を3減らす。使えば使うほど威力が落ちてしまうので、魔法カード発動回数を増やせるユニットと一緒に使いたい。

カウンタースキル「魔術剣 バンダルト」は未アクションの相手ユニットからランダムな1体をアクション終了にする。さらにこのユニットの攻撃力を魔法カード発動回数×5増やす。要は、自分の行動が回ってくる前に攻撃を受けると、「魔術剣 バンダルト」「喋々の舞」が両方発動して、攻撃力を底上げできるというものだ。

 

魔将『シーカス』

オープンスキル「暗黒の手」はBGMを変更し、レベル1以下の相手ユニットから1体選びデッキに戻す。レベル1以下というとかなり対象は限られるが、使者デッキを戻したりして盤面を崩せる。

オートスキル「魔気嵐」相手ユニットからランダムな1体の最大HPを30にする。カウンタースキル持ちのユニットは全体的にHPが高めに設定されているので、このスキルで最大HPを減らすのもアリだ。対象が選べないのがネック。

アクションスキル「暗黒の魔矢」は射程内の相手ユニットから1体選び、攻撃力分のダメージを与える。HPが0以下にすれば相手のSPを2減らせるぞ。こちらは対象が選べるというのもポイント。

 

多種多様なシールドも続々追加!

追加されたシールドは20種類。LRが2枚、SRが4枚と高レアリティのカードも充実している。ここではとくに注目したいシールド2種を紹介していこう。

■太陽の号令

クローズ状態の自分ユニットから2体選び復活。攻撃力を20、速さを1増やせる。全体攻撃でまとめてクローズされたときに発動したいところだ。

■地獄

すべてのユニットに10ダメージを与える。LP3のシールドにして相手にもダメージが与えられるのは貴重だ。

以上『叡智崩落』で追加されたカードをピックアップして紹介してきた。一気に100枚以上のカードが追加されるので、現時点で日の目を浴びていないカードも、脅威となる日が来るかも知れない。カードの効果を読み取って、新しい環境のデッキを構築してみてほしい。


© Coreedge Inc / © GaYa Corporation

最新記事


TOP