アルテイルNEO攻略wiki
  1. GameManiax
  2. アルテイルNEO攻略wiki
  3. 【アルテイルNEO】追加された新カード「ピアース」で夜を制する!【アルネオ】

最新記事

ランキング

現在 週間 月間

攻略取扱いタイトル

【アルテイルNEO】追加された新カード「ピアース」で夜を制する!【アルネオ】

『アルテイルNEO』、追加された新カード「ピアース」で月光国主軸のデッキを作ろう! ということで、今回はEXカードパック「覚醒の序奏曲」で追加されたピアースを取り入れた月光国中心のローティアデッキを解説する。

ランキング

現在 週間 月間

目次

▼【デッキを構築】
 【SP回復部隊】
 【戦闘部隊】
 【戦闘補助部隊】
 【魔法、その他】
 【シールド】
▼【バトルの手順】

 

ピアースは覚醒することでオートスキル「魔滅の刃」が発動。射程内の相手ユニット1体にダメージを与えることができる。しかも、その攻撃でHPを0以下にすれば、相手のデッキからカードをランダムで1枚墓地に送れるというオマケ付き。知らない間に相手のデッキを破壊できるのが魅力だ。

また、テキストスキル「詰め寄る恐怖」や、スタートスキル「月夜の強襲」で比較的簡単に覚醒状態になれるのも強み。

能力値も高めで、スタートスキル「月夜の強襲」で自身のHPを回復できるなど総合的に見ても性能は高め。バトルエリアにセットできれば非常に頼もしいユニットとして活躍してくれるはずだ。

今回はそんなピアースを主軸にしたデッキを紹介していこう。

実際にデッキを構築してみた

ピアースはレアリティも低く、比較的入手しやすいカードなので惜しみなく3枚使用。基本的に夜になると強力になるユニットを主軸とした構成にし、先手先手で攻めていけるようにしてみた。また終盤のお助けカードとして月光国ではないがジルヴェスタもセット。

■SP回復部隊

SP回復部隊はノワールヴァイデ1種のみ。SP不足は否めないが、相手のSP回復を阻害する闇の精霊を導入しているので大きなSP差は取られないようにしている。

 

■戦闘部隊

  

ラ・ボォアイギナジルヴェスタの3種を導入。ラ・ボォは言わずと知れた有能ユニットで、オートスキル「選ばない手段」毎ターンHP10の自傷ダメージを与えるものの、速さが5と高く先手でダメージを与えやすい。また、クローズスキル「死して完了する」射程内の相手ユニット1体に攻撃力分のダメージを与えられる防御を無視して与えられるという点も地味に強力だ。なにもしなければ3ターン目には自爆することになってしまうが、前衛として十分に活躍できる。

アイギナはなんといっても覚醒後のスタートスキル「黒の戦乙女」が強力。バトルフェイズで先手で味方全員にバフ、さらに射程内の相手ユニット1体にダメージと非常に強力な効果を持っている。夜になればアクションスキル「絶望と恐怖と」で高火力なダメージも与えられるため、アタッカーとしては申し分ない。

ジルヴェスタは終盤のお助けカードとしてセット。デッキに同名のカードがあればクローズスキル「ジェネラル・リッチ」速蘇生できるほか、相手ユニット1体にダメージを与えられる。地味に速さもあるので先手を取りやすいのも魅力だ。

 

■戦闘補助部隊

  

アンナローゼエスカティア、そしてアフェエミナの3種。アンナローゼはローティア定番のバフユニットで、スタートスキル「黒き策」自身を除く味方ローティアすべての攻撃力を10、速さを1増やせる。速さが増えることは盤面を有利にすることに直結しているのでシンプルながら使いやすい。また、アクションスキル「闇の誘惑」相手ユニット1体をアクション終了にできるのも強みだ。

エスカティアはオープンスキル「前王のへの誓い」やスタートスキル「高貴なる月」バトルタイムを夜にできるピアースアイギナの手助けとなるユニットなので中盤にセットしていきたい。また、アクションスキル「月剣 ラヌーラ」月光国のユニット全員にバフを掛けられるのも魅力だ。

アフェエミナ「EXカードパック覚醒の序奏曲」で追加された新ユニット。オープンスキル「月光国のために」で月光国のユニット1体を覚醒状態にできるピアースアイギナに使うのが効果的だ。アクションスキル「侵食の一手」クローズ状態の相手ユニット1体を墓地送りにできるので、デュランダルのようなやっかいなユニットにも対応できる。

 

■魔法、その他

 

闇の精霊無慈悲な死をセット。闇の精霊はオープンスキル「闇の誘い」で相手のSPを2減らせる。序盤に展開することで相手の出だしを遅らせることができるのが魅力。ただし相手が毎ターン属性値にSPを使い、SPを空にした状態でオープンフェイズに移行されると効果がないのがネック。

一方、無慈悲な死ユニット1体を選び墓地に送れる。消費SPが6と非常に高いがそれに見合った効果が得られる。

 

■シールド

シールドは左から順に地脈の力奇跡の光魂断ちの呪い鎌鎧徹し後悔の念をセット。序盤はSP不足がネックとなるので地脈の力奇跡の光でSPを回復。また中盤以降の相手の強力なユニットにし対しては魂断ちの呪い鎌で数を減らしていきたい。

バトルの手順

序盤は闇の精霊ラ・ボォアンナローゼと展開して相手の邪魔をしつつ盤面を強化していく。闇の精霊が倒されたら復活はせずそのままシールドスキルを発動するといいだろう。

このあとは現在のSPによって行動が分岐する。SPが3あるならアイギナ、SPに余裕がないならノワールヴァイデ、相手がSPを温存してそうなら2体目の闇の精霊をセットしよう。

1体目の闇の精霊が生き残っている場合、アンナローゼのバフにより戦闘員としても活躍できるのも魅力。2体の闇の精霊および、ラ・ボォは完全にクローズしたあとはシールドスキル誘発に使えるので、そのタイミングを上手く調整したい。

序盤はこの5体で切り盛りして中盤へと進んでいく。中盤はエスカティアピアースをセットして盤面を固めていく。バトルタイムがすでに夜なら、エスカティアは後回しにしてアフェエミナをセット。バトルエリアにいるアイギナを強化して相手の手数を減らしていくといい。

あとはピアースアイギナでガンガン攻めていく。終盤になればなるほど相手も切り札となるカードを飛ばしてくるので、そこは無慈悲な死でしっかりと食い止めておきたい。

序盤からSP運用が非常に難しいが、それに見合った強さは十分にあるやや上級者向けのデッキと言える。もう少しSP運用を楽にしたいのであれば、光の精霊魂の契約を取り入れてみるのも手だ。


© Coreedge Inc / © GaYa Corporation

最新記事


TOP