アルテイルNEO攻略wiki
  1. GameManiax
  2. アルテイルNEO攻略wiki
  3. 【アルネオ】初心者必見!オススメのデッキレシピ紹介!《1/13更新》 【アルテイルNEO】

最新記事

ランキング

現在 週間 月間

攻略取扱いタイトル

【アルネオ】初心者必見!オススメのデッキレシピ紹介!《1/13更新》 【アルテイルNEO】

【アルネオ】初心者にオススメのデッキレシピ紹介!《1/13更新》【アルテイルNEO】。最初にもらえるカードパックやLR確定パックを使ったリセマラや、最初のデッキ構築の参考にしてみてください。

ランキング

現在 週間 月間

目次

▼【基本ルール解説】

▼【オススメデッキ】

 ・ザガール&ヴァッサーデッキ主軸デッキNEW!!
 ・ビアンカ&ガエターノ主軸ローティアデッキNEW!!

 ・ジュッズヴァー主軸デッキ
 ・ピアース主軸月光国デッキ
 ・ミーティア主軸人魚デッキ
 ・不死鳥のフレネ主軸デッキ

 ・ゴウエン小型デッキ

 ・フェルラート主軸、獣化病デッキ(リフェス)
 ・デュランダル主軸デッキ(ファルカウ) 

 ・スピード重視デッキ

 ・初心者オススメデッキ

デッキ構築の前に基本ルールから押さえたい人はこちらの記事を参考にしてみてください。

>>【アルテイルNEO】初心者必見!これで勝てる! バトルの基本ルールを解説【アルネオ】 

オススメのデッキレシピ

ある程度カードが揃ったら下記のデッキレシピを参考にデッキを構築してみよう。完全に同じにはならなくても、似たような構成にすれば、似た戦術で戦えるので試してみるといい。
 

味方をサポートする竜族の真骨頂「アウグスタ」

アウグスタは3つのスキルを持つ優秀なユニット。まずオープンスキル「大竜帝の娘」相手ユニット1体の攻撃力をそのターン終了時まで0にできる。また、スタートスキル「和平の礎」ですべての相手ユニットの攻撃力をそのターン終了時まで10下げつつも自分のユニットすべてのHPを最大HPの25%回復する

さらにアクションスキル「神竜の導き」相手ユニット2体に自分のリフェス分×10のダメージを与えつつ、クローズ状態の自分ユニット1体を復活できる。

速さは遅めで射程があるので、後列に配置して味方をサポートしつつ、盤面を崩していくといった運用がオススメだ。今回は、そんなアウグスタを使ったデッキを紹介していこう。

【ザガール&ヴァッサー主軸デッキ】の詳細はこちらから


高火力なスキルが魅力のビアンカと何度でも蘇るガエターノ

ビアンカはふたつのアクションスキルを持つ汎用性の高いユニット。「窮地からの脱却」は自分のSPが0という発動条件はあるものの、射程内のユニットを選び、防御無視の攻撃力+20(通常は50)のダメージを与え、さらにSPを1回復する効果がある。攻撃スキルの中で有効な相手を選び防御を無視するという効果は、あらゆる局面で役に立つ。

一方、「影に生きる王女」は相手のリフェスを1減らしつつ、自身の攻撃力を20、速さを1増やし、HPを20回復する。バトル中1度しか使えないスキルだが、こちらも非常に強力だ。

ガエターノはなんといっても、クローズスキル「夜の影」が強力。未アクションでクローズした場合は、無条件でHPを完全に回復することができるので、シールドスキルや速さの高いユニットに先手を取られても、必ず蘇生し行動することができるのだ。

またオートスキル「造り物の夜」すべての相手ユニットに防御を無視して20ダメージを与える。アクション終了のスキルを使われない限り、クローズスキル「夜の影」の効果も手伝って確実に全体ダメージを与えられる。

アクションスキル「影竜の息」を使えば、さらに相手ユニット2体に自分のローティア分×5のダメージを与えられるなど、非常に強力なアタッカーとして活躍できる。

ビアンカは序盤の盤面固め、ガエターノは終盤の盤面固めとして活躍してもらう。

今回は、そんなビアンカガエターノを主軸にしたデッキを紹介していこう。

【ビアンカ&ガエターノ主軸ローティアデッキ】の詳細はこちらから


安定の呪剣+ジュッズヴァーで勝つ!

ジュッズヴァーはオープンスキル「影の襲撃」でお互いのSPを0にし、クローズスキル「影の逆襲」すべてのユニットに攻撃力の50%のダメージ(通常ならば60ダメージ)を与えられる。両スキルとも非常に強力で、セットさえできれば単体でも強い盤面を維持できるのが強み。また速さが3とそこそこの速いので先手をとりやすいのも魅力。

レベルが9とセットできるまでの道のりは非常に長いものの、仮にクローズしてリムーブしたとしてもSP9が帰ってくるので体勢を整えやすいのも強さのひとつ。返却さえされなければただでは死なないユニットとして頼もしい存在となるだろう。今回はそんなピアースを主軸にしたデッキを紹介していこう。

【ジュッズヴァー主軸月デッキ】の詳細はこちらから


ピアースを取り入れた月光国中心のローティアデッキ

ピアースは覚醒することでオートスキル「魔滅の刃」が発動。射程内の相手ユニット1体にダメージを与えることができる。しかも、その攻撃でHPを0以下にすれば、相手のデッキからカードをランダムで1枚墓地に送れるというオマケ付き。知らない間に相手のデッキを破壊できるのが魅力だ。

また、テキストスキル「詰め寄る恐怖」や、スタートスキル「月夜の強襲」で比較的簡単に覚醒状態になれるのも強み。

能力値も高めで、スタートスキル「月夜の強襲」で自身のHPを回復できるなど総合的に見ても性能は高め。バトルエリアにセットできれば非常に頼もしいユニットとして活躍してくれるはずだ。

今回はそんなピアースを主軸にしたデッキを紹介していこう。【ピアース主軸月光国デッキ】の詳細はこちらから


味方をどんどん復活強化できるミティーア

ミティーアはオープンスキル「加護の歌」で自身のファルカウユニット1体を1ターンの間攻撃を無効化。さらに自身の人魚族ユニットすべてを次ターン終了時まで攻撃を無効化できるので、オープンと同時に複数の味方を守ることができるのが強み。

また、オートスキル「覚醒の歌姫」は自身が覚醒しているならば、ミティーア以外の人魚族1体を自分の墓地からデッキに戻せるので、前線がやられても次々にデッキに戻せるのだ。覚醒状態にしてくれるエメーナとの相性はバッチリ。

アクションスキル「祝福の詩」人魚族1体の攻撃力、最大HP+10と言う永続的なバフをかけられるので、こちらバトルエリアにいればいるほど猛威を震う存在となれる。

射程も3あり攻撃力も20あるので、地味に戦闘能力を持っているところもポイント。レベルが低く返却系には弱いがバトルエリアにいるだけで人魚族の味方をどんどん救出できる点は非常に頼もしい。

今回はそんなミティーアを主軸にしたデッキを紹介していこう。

【ミーティア主軸人魚デッキ】の詳細はこちらから


SPがある限り何度でも蘇る不死鳥のフレネ

フレネはオートスキル「母の息吹」でSPを1増やし、クローズスキル「永遠の鳥」で自身のHPを完全回復して復活。さらに、すべての相手ユニットの攻撃力を10、速さを1下げるデバフも兼ね揃えた非常に強力なユニットだ。

SPがある限り何度でも復活できるので粘り強い試合展開が期待できる。攻撃力、射程も優秀な点も注目したい。

またレアリティがRと低く、比較的入手しやすい点も評価が高いポイント。

ただし、レベルが5と高めでセットするまでに時間を要するのが難点。序盤を乗り切りSPを温存したままセットすることができれば、盤面を一気に固めることができるので、そこまでをどう繋ぐかがカギとなってくる。

今回はそんなフレネを主軸にしたデッキを紹介していこう。

【不死鳥のフレネ主軸デッキ】の詳細はこちらから


ユーニを使って味方をランクアップ!

復讐の子 ユーニはオープンスキル「幼き復讐者」で、ユニット1体をランクアップさせることができる。ランクアップ条件が厳しい騎士を目指す青年落ちこぼれの勇者と相性はバッチリ。わずか2ターンでランクアップが可能となるところに注目したい。

復讐の子 ユーニはレベルが低くセットしやすいほか、レアリティがRと非常に入手しやすいのが魅力。なお、第一弾カードパック「戦いの嚆矢」で入手可能な少女銃使い ユーニは能力値が異なる。今回紹介するのは初心者デッキゴウエンベーシックガチャで入手できる復讐の子 ユーニの方なので間違わないようにしてほしい。

【ゴウエン小型デッキ】の詳細はこちらから


バトルタイムを昼にして獣化病ユニットを強化しよう

フェルラートはオープンスキル「純粋な祈り」やスタートスキル「太陽の守護」でバトルタイムを昼に変更できる。昼にすることで、カードタイプが獣化病のユニットが大きな恩恵を得ることができる。自身のステータスも決して低いものではなく、アタッカーとしても活躍できる攻守バランスの取れたカードと言える。

しかしあくまでこのカードの役割はバトルタイムを昼にすることなので、中列ないし後列に配置してなるべく敵の攻撃を受けないようにしておくのがベター。

今回はそんなフェルラートを主軸にしたデッキを紹介していこう。

【フェルラート主軸獣化病デッキ】の詳細はこちらから


何度でも蘇るデュランダルで攻める!

【アルネオ】リセマラ当たりカードランキング!《11/2更新》【アルテイルNEO】で紹介したデュランダルは、クローズスキル「完全な存在」により、2枚以上デッキにセットしておけば対策されない限り無限に蘇ることができる強力な性能を持っている。対戦で相手が使ってきたときに度肝を抜かれたプレイヤーも少なくないはず。

デュランダルはレベルが高く、配置するまでに時間がかかるものの、一度配置してしまえば類い希なる盾役として大活躍してくれる。

また、アクションスキル「失われた興味」はファルカウの属性値こそ下がるものの、SPを消費せずすべての相手ユニットに大ダメージが与えられるため、とっておきのアタッカーとしてのポテンシャルも秘めているのだ。

今回は、このデュランダルを効果的に使うためのデッキ考察を解説していこう。

【デュランダル主軸デッキ】の詳細はこちらから


スピード重視デッキ

速さに特化したデッキを構築してみよう

シングルモードはそこそこにプレイしてきたものの、いざバーサスで対人戦をしてみるとあっさりと敗北……。本作を始めて間もないプレイヤーはそんな状態になっていないだろうか。

負けてしまう原因はそれぞれだが、初心者にとって一番わかりやすいポイントは「速さ」だ。

アクションフェイズでは基本的に速さの高いユニットから行動ができる。どんなに強いカードが相手でも、速さの高いユニットで集中攻撃してしまえば攻撃される前にクローズにすることも夢ではない。

ひとまずバトルの流れをつかむには「速さ」に重点を置いたデッキを構成するといいだろう。

そこでオススメなのが特典で必ず手に入るアンナローゼだ。アンナローゼは自身の速さが4と高めで、さらに自身のバトルエリアにいるローティアすべての攻撃力を10、速さを1増やすことができる強力なスタートスキルを持っている。まずはこのカードを主軸にローティアのデッキを作成してみよう。

【スピード主軸デッキ】の詳細はこちらから


初心者オススメデッキ

オススメデッキ(ファルカウ)

【シールド】
不死鳥の降臨
闇からの短剣
精神の集中
精神の集中
後悔の念

【ネームド】
人魚姫『エメーナ』×3
潮の魔術師『アルダナ』×3
使徒『ヴァイスフォーゲル』×1
使徒『ブルーリジット』×1
朱雀の策士『スナフ』×1

【ユニット】
人魚族の魔術師×3
人魚姫の剣士×3
風の精霊×1
大海の人魚魔術師×2
光の精霊×3

【魔法】
回復の粉×1
見えない刃×1
返却×2

高レアリティのカードが少な目で、それぞれのカードのシナジーが高くデッキを回しやすいデッキレシピ。人魚族のカードタイプで構成されているため、人魚族限定の効果の恩恵を受けやすいのも特徴だ。
 


オススメデッキ(ゴウエン)

【シールド】
地脈の力
戦花の一撃
黒森の血まみれ牙
精神の集中
同盟条約

【ネームド】
鉄の首領『ルシエンテス』×3

【ユニット】
花女×3
マイコニド×3
炎の巨石兵×3
飲み込む巨大蜥蜴×3
大地の巨大蛇×3
光の精霊×3

【魔法】
炎の矢×1
炎の息×1
炎の竜巻×1
回復の粉×1

神族「ゴウエン」をメインに構成されたデッキ。また、モンスターが多くモンスターが条件となる効果の恩恵を受けやすいのも魅力。全体的に火力が高いので短期決戦で決着をつけたい人にオススメ。
 


オススメデッキ(リフィス)

【シールド】
不死鳥の降臨
光の剣
光の剣
光の剣
後悔の念

【ネームド】
初代教皇『アベル』
×3
粛清神官『ヴィクトール』×3
神罰神官『カメリア』×3
選ばれた少年『アリウス』×3
聖域の守護者『メイリーン』×1
時詠『ラヴェンダ』×1

【ユニット】
上級神官戦士
×3
言霊を詠む神官×2
光の精霊×3

【魔法】
神罰の槌
×2
神秘の装甲×1

やや高レアリティのカードが入っているので再現は難しいところだが、ピンポイントにダメージを与える手段が多いのが魅力。また、火力を出しやすいため初心者でも扱いやすいのもポイントだ。

いかがだっただろうか。デッキ構築は根気のいる作業だが、これらをしっかりとしておくリターンは大きい。まずは最初に支給されるデッキでゲームを進めて、ある程度ゲームのシステムを理解してからリセマラやデッキレシピ構築をするのもひとつの手だ。


「アルテイルNEO」のダウンロードはこちらから!

   

公式サイト:https://alteilneo.com/

© Coreedge Inc / © GaYa Corporation

最新記事


TOP