アルテイルNEO攻略wiki
  1. GameManiax
  2. アルテイルNEO攻略wiki
  3. 【アルテイルNEO】初心者必見!これで勝てる! バトルの基本ルールを解説【アルネオ】

最新記事

ランキング

現在 週間 月間

攻略取扱いタイトル

【アルテイルNEO】初心者必見!これで勝てる! バトルの基本ルールを解説【アルネオ】

初心者必見の『アルテイルNEO』で勝つための バトルの基本ルールを解説! 画面にはいろいろな情報が目まぐるしく表示されていて、慣れないうちは状況が把握できないこともしばしば。まずは画面内の情報をしっかりと把握することから始めよう!

ランキング

現在 週間 月間

バトルの大まかなルールと画面の見方

バトルの大まかな流れは、

カードを配置
 ↓
敵のカードを倒す

 ↓
相手のLP(ライフ)を0にする
 ↓

勝利!

というシンプルなもの。

しかし、フェイズやらターンやらシールドやらと画面上には難しい用語が飛び交っているので、ゲームを始めたばかりだと「いま何が起っているの?」「いま何をしたらいいの?」と状況が把握しづらいかもしれない。

ここでは、まずバトルの画面に表示されているアイコンが何を意味しているのかを解説していく。

■画面の見方

①現在のターン(画面右上)
経過ターン数。30ターン以内に決着がつかない場合、引き分けとなってゲームが終了する。

②デッキデータ(画面右)
山札のアイコンは現在使えるデッキの数、骸骨のアイコンは墓地や消滅したカードを示している。赤い方は相手、青い方は自分のデッキデータだ。各アイコンをタップすれば詳細が確認できる(相手のデッキの詳細は確認できない)。また、infoアイコンをタップすると神気の数や使用魔法の回数が確認でき、バトルのギブアップを選択できる。

③属性値(画面右下)
現在の属性値。黄色はリフェス紫はローティア赤はゴウエン青はファルカウを示している。画面右下に自身の属性値、画面右上に相手の属性値が表示されている。

④バトルエリア(画面中央)
セットフェイズでセットしたカードが配置されるエリア。画面上部が相手、画面下部が自分のバトリエリア。

⑤シールド、LP(ライフ)(画面下中央)
バトルエリアの下に表示されているのが自身を守るシールドの種類。さらにその下に表示されているのが自身のLPだ。画面上部には相手のシールド、LPが表示されている。

⑥バトルタイム(画面左)
現在のバトルタイムを表示。黄色が昼、オレンジが夕、紫が夜を示している。バトルタイムはターン経過時に動く。

⑦カードデータ(画面左)
現在バトルエリアに配置されているカードのパラメータを表示できる。攻撃力や速さを確認したいときにタッチしよう。

⑧SP(画面左下)
現在のSPが表示されている。相手のSPは画面の左上に表示される。

⑨セットエリア(画面左下)
セットフェイズで配置待ちとなっているカードが表示される。相手のセットエリアは画面上部に配置される。

■デッキ画面

⑩現在のデッキ(画面右側)
バトルで使用しているデッキを確認できる。バトルエリアにいるカードや墓地にいるカード、消滅したカードもここで確認できる。

⑪セットボタン(「⑩現在のデッキ」の下)
セットフェイズでカードを選択後、こちらのボタンをタッチすれば選択したカードをセットできる。No Setの状態でボタンをタッチすれば、カードをセットせずにセットフェイズを終了する。

⑫データ切り替えボタン(「⑩現在のデッキ」の下)
ボタンをタッチするたびに⑩に表示されているパラメータの表示が、HP、攻撃力、防御力、速さ、射程、レベルの順に切り替わる。

⑬属性値(⑪⑫の下)
現在の属性値。黄色はリフェス紫はローティア赤はゴウエン青はファルカウを示している。セットフェイズ時はSPを消費して任意の属性値を上げることができる。

この中で非常に使えるボタンが⑦カードデータ⑫データ切り替えボタンだ。とくに⑦カードデータはアクションフェイズ時にどのカードから攻撃が始まるか(速さの数値が高い順)を確認するのに非常に便利だ。また⑫データ切り替えボタンは、セットフェイズ時に各カードの射程や速さを確認するのに便利なボタンなので、まずはこのふたつだけでも覚えておこう。

バトルを構成する3つのフェイズ

バトルは大きく分けて、セットフェイズオープンフェイズアクションフェイズの3つのパートに分かれて構成されている。各パートでできることがしっかり決まっているので、まずは現在がどのフェイズなのかを確認して状況を把握できるようになろう。

セットフェイズ
このフェイズでできることは大きく分けて4つある。

・属性値増加
・次ターンでセットしたいカードのセット
・前ターンでセットしたカードをバトルエリアに配置
・バトルでHP0になってクローズとなったカードの蘇生

それぞれのやり方を解説していこう。

属性値増加
序盤のセットフェイズでは重要となるのが属性値の増加だ。属性値はSP1に対して属性値を1増加できる。カードをセットするにはそのカードの属性値が一定以上ないと配置できないのだ。

属性はリフェスローティアゴウエンファルカウの4種。色と名前が一致するように覚えておくといいだろう。また、次のカードを見てもらいたい。

もっとも使う場面が多いと言っても過言ではない「光の精霊」というカードだ。このカードは属性はリフェスで、属性値が1となっているため、必要な属性値はリフェス1となっている。また、配置するには属性値と同じSPが必要になるので、属性値の増加でSP1、配置でSP1の合計SP2を消費することになる。

続けて「ユーニ」というこのカード。このカードは属性がゴウエンで、属性値が3となっているため、必要な属性値はゴウエン3。配置するためのSPは3必要なので、合計6のSPを消費することになる。

なお一度上げた属性値は次ターン以降も継続されるので、最初にある程度上げておくのも手だ。また、属性値を上げすぎて戻したいときは下のボタンをタッチしよう。決定しない限りは元に戻すことが可能だ。ただし、一度決定した属性値はSPに還元することはできないので、その点は気をつけること。


次ターンでセットしたいカードのセット
属性値を上昇させたら、次ターンで配置したいカードをタッチして、OKのボタンをタッチしよう。このターンはSPを温存したいからカードは配置したくないというときは、カードを選択せずにNo SetのボタンをタッチすればOKだ。

前ターンでセットしたカードをバトルエリアに配置
前のターンでセットしたカードは一時的に画面左下のセットエリアに表示される。次のターンのセットフェイズ時にはセットエリアにあるカードをバトルエリアに配置することができるのだ。よく分からないうちは、射程1は最前列、射程2は中列、射程3は最後列に配置するといいだろう。

④バトルでHP0になってクローズとなったカードの蘇生
HPが0になったカードはクローズ状態となり、行動不能になる。そのままの状態でターンが終了すると墓地に送られてしまう。クローズになったカードが墓地に送られると、基本的に再び配置することができなくなるうえ、LP(ライフ)が減ってしまうので、極力さけたいところ。

クローズとなったカードと同じカードがデッキ内にまだあるとき、セットフェイズでそのカードを蘇生させることができる。蘇生するにはSP1を消費するが、LPを減らせずに済む。

もちろん必ずしも蘇生させる必要はないので、蘇生する必要がないと感じた場合はOKボタンを押してフェイズを進めよう。

このようにセットフェイズではやることが多く、バトルの要となるフェイズとも言える。自分がどのようなバトルを想定しているのかをイメージしながら属性値を上昇させ、カードを配置していこう。
 

オープンフェイズ
オープンフェイズ
セットフェイズセットしたカードを開くパートだ。基本的にオートで行われるので、画面をしっかり見ていればOK。なお、カードの中にはオープンフェイズ時に効果を発動するオープンスキルが発動する。

もちろん相手がセットしたカードのオープンスキルもここで確認することができるので、相手の行動もしっかりと確認しておくことが大切だ。
 

アクションフェイズ
アクションフェイズ
はバトルエリアに配置されたカードが行動できるパートだ。速さの高い順に行動ができるようになり、基本的に使えるコマンドは下記の4種類だ。

攻 撃:(自身の攻撃力ー相手の防御力)分のダメージを相手に与える
移 動:違うマスへ移動する
待 機:HPの25%を回復する
スキル:アクションスキルを発動する

また、ここで便利な機能を紹介しておこう。画面右下にあるACTボタンをタッチするとアクションウィンドウを閉じることができる。相手のカードのステータスを確認したいときや、自身の攻撃力を再確認したいときは、このボタンで一度アクションウィンドウを閉じて確認してみよう。

なお、バトルエリアに配置されたカードおよび、デッキ内にあるカードを長押しするとそのカードの詳細情報を確認できる。パラメータやどんなスキルを持っているのかを確認できるので活用しよう。

画面左にある+ボタン(カードデータボタン)をタッチするとこのような画面になる。現在バトルエリアに配置されているカードのパラメータが確認できる。バフやデバフで影響を受けているものは、青文字や赤文字で表示されるぞ。

この3つのフェイズが終わると1ターンが終了。あとはこの流れを繰り返してバトルを展開していくぞ。なお、ターン開始時にはSPが2ずつ回復する

LP、シールドについて

対戦相手はシールドという盾で守られていて、対戦相手の耐久度を示すLPにダメージを与えることで破壊することができる。なお、LPを減らすには基本的に下記の行動を取ればよい。

・相手のカードをクローズにして墓地に送る
・アクションフェイズ時に相手のバトルエリアにカードがない状態でブレイクを発動する


「カードをクローズして墓地に送る」のは非常に簡単で、とにかく相手のカードを倒しまくればOK。相手が蘇生できなくなり、クローズしたカードが墓地に送られるたびにLPが1減り、シールドが破壊できるという寸法だ。

なおカードが墓場に移動する際、そのカードを配置するのに消費したSPが回復する。これも大切な仕様なので、しっかりと把握しておこう。

「相手のバトルエリアにカードがない状態でブレイクする」のほうも説明しよう。これは、敵のバトルエリアに敵のカードがない状態でまだ行動できるカードが残っている場合、そのカードの行動の中に「シールドブレイク」「リーダーブレイク」といった項目が追加されている。このアクションを行うことで、SPを1消費して相手のLPを1減らすことができるのだ。

ちなみに相手のシールドがある状態だと「シールドブレイク」が、相手のシールドがない状態では「リーダーブレイク」と表示されるが、効果は同じだ。

シールドについて

シールドはカードとは別にデッキに設定されているもので「シールドブレイク」によって破壊されることによって、シールドスキルを発動する。シールドスキルはカードのスキルよりも強力なものが多く、形勢を大きく逆転するものもあるので、相手のシールドを破壊するときはそのタイミングにも注意したい。

今回のバトル解説はここまで。バトルの大まかな流れは把握できただろうか。ゲームを始めたばかりのころはどうやったらLPが減らせるのかとか、どのタイミングでシールドを破壊すればいいかを考えるのは難しい。まずはどうすれば相手のLPを減らせるのか、どうすればアクションフェイズを有利に展開できるかを考えながらセットフェイズを進めていこう。


「アルテイルNEO」のダウンロードはこちらから!

   

公式サイト:https://alteilneo.com/

© Coreedge Inc / © GaYa Corporation

最新記事


TOP