ゲーム★マニアックス

放送時間

毎週土曜 夜
11:30~12:00

一部を除き隔週更新

TVアニメ化も決定! 広井王子が手がけるスマホゲーム『ソラとウミのアイダ』プレス向け発表会が開催

原作・総監督に広井王子氏!

まずはフォワードワークスのエグゼクティブディレクター 事業戦略責任者の川口智基氏が登場。「『ソラウミ』は、フォワードワークス初のオリジナルIPとして昨年末に発表し、鋭意制作を続けてきて、ようやく全貌をお伝えできる運びとなりました。その魅力とさまざまな展開についてご紹介していきたいと思います」と開幕の挨拶を行った。

続いて、原作・総監督を務める広井王子氏が登壇すると、「90%できました。あと10%ぐらいの調整を死ぬ気でやっています。よろしくお願いします」と開発状況を語ってくれた。


▲本イベントの進行を務めた、フォワードワークスの川口智基エグゼクティブディレクター


▲本作の原作・総監督を務める広井王子氏


ここからは、川口氏が進行役となり、本作を紹介。『ソラウミ』は、広島県尾道市を舞台に、宇宙漁師として宇宙漁業に挑む6人の少女たちの成長を描く作品だそうだ。

広井王子氏によると、構想を思いついたのは3~4年まえとのこと。「海から魚がいなくなったとき、宇宙にイケスを作って宇宙漁をしたら、おもしろいのではないか」と思いついたそうだ。

また男女雇用機会均等法にも触れ、「一番厳しいのが漁師で、船に乗るのは男ではないとダメというのが頑なに守られている。そのあたりもテーマにして実現できたら、おもしろいのでは」と考えたそうだ。

続いて、キャスト陣の6名がゲストとして登場。それぞれ挨拶に代えて演じたキャラクターを紹介してくれた。なお、薪真紀子を演じる米野真織さんは都合により本イベントに出席できず、ビデオメッセージによる紹介となった。


▲ゲストとして登場したキャスト陣。左より、浅川悠さん、すずきももこさん、高橋花林さん、立花理香さん、井上ほの花さん、神坂和さん


▲米野真織さんはビデオメッセージでの出演

・空町春役の高橋花林さん「空町春ちゃんは、東京の下町、向島生まれの17歳で、カッパと呼ばれるほど泳ぎが得意。人の話を聞かなかったり、おっちょこちょいな部分もありますが、明るくてめげない、魅力的な女の子です」

・村上波乃役の立花理香さん「村上波乃ちゃんは、広島県尾道市出身の17歳。祖父の代までは、網元として大きな家だったのですが、魚がいなくなったので、現在は廃業してしまいました。男の人に負けないような宇宙漁師を目指していますが、努力家で負けず嫌いなので、みんなと衝突してしまうことも。でも優しい一面もあるので、ぜひかわいがってください」

・ルビー・安曇役の井上ほの花さん「ルビーちゃんはカリフォルニア出身の16歳。お父さんがアメリカ人でお母さんが日本人のハーフです。お父さんは全米宇宙漁業組合の理事長なので大富豪。そんなお父さんのすすめで、日本にやってきました。とても可愛くて明るく、無邪気で元気な女の子です!」

・櫻舞湖役のすずきももこさん「私が演じる櫻舞湖は、秋田県育ちの女の子。几帳面かつ内向的で、本が大好きな文学少女です。のんびり屋さんですが、仲間を守ることを大事にしていて、行方不明となった宇宙漁師のお兄さんをとても慕っています。どんなに苦しい状況でも、お兄さんを助けるためならば頑張れる、強い心を持っています」

・美剣真役の神坂和さん「美剣真くんは京都生まれ。有名な刀剣師の家に生まれましたが、女は刀を打てないと言われたのをきっかけに、宇宙漁の道を選びました。先祖代々、家の中には神様がいると言われて育ったため、誰よりも神様との関係性を熟知しています。じつはアイスクリームが好き、という可愛らしい一面もあります」

・鳴海高子役の浅川悠さん「鳴海高子は、尾道市市役所の職員です。個性あふれる子たちを導いたり、一緒に笑ったりしながら、みんなを引っ張っていく立ち位置でやっています」

・薪真紀子役の米野真織さん「私が演じるマキマキは、熊本県出身の19歳。女子部の中では一番お姉さんなので、何かと騒動が起きがちなメンバーの仲裁役です。宇宙漁業の立役者のひとりである父親にあこがれていて、宇宙漁師に志願しました。じつは、これが声優としての初仕事でして、不安がいっぱいありました。自分なりに頑張ってみたつもりなので、マキマキに会える日を楽しみにしていてください!」

 

キャラクター作りでこだわったのは方言!?

ここからは、セッション形式でトークが進行。最初の質問は、「キャラクター作りでこだわった点」について。

広井王子は「ボイスを決めるときは、候補の方のサンプルボイスを120人分ぐらい聞いて、そこから30人ぐらいに絞り込んでオーディションを行いました。大変だったのは、方言ですね。最初は、実現は難しいかなあと思っていたんですけれど、テレビで米野さんの方言女子を見て、ピンと来て。オーディションの時に秋田弁を聞いたんですけれど、何をしゃべっているのか全然わからなく、それがあまりにも面白くて、このままでやろう!ということになったんです。ゲーム中では、方言の部分でも画面下のメッセージは標準語なので、聞いてもわからない方は、下に翻訳版が書かれていると思っていただければ」と、各キャラクターが話す方言についての開発秘話を明かしてくれた。

また、キャスト陣も方言での収録について言及。すずきももこさんは、「舞湖は秋田県出身ですが、私自身は茨城県出身。秋田弁をしゃべったことがなかったので、秋田出身の友だちにお願いして翻訳してもらい、収録に挑んだんです。それでわかったのですが、秋田と茨城って距離はけっこう離れているんですが、似ている方言があるんですよね。例えば、“今晩は”のことを、どちらも“おばんです”と言ったり。そんな、近いところをたくさん発見できました」と、方言の共通性について語ってくれた。

神坂和さんは、「美剣真くんは京都出身なんですが、私は福岡で、出身が違うんですよね。京都弁は大好きだったので、普段からけっこう聞いていましたが、実際に話してみると、生粋の方から“イントネーションが全然違う”と言われて。そこで、私も京都弁の友人にお願いし、録音したものを聞きながら話してみたりと、一生懸命やりました」と、こちらも友人に協力してもらったエピソードを披露してくれた。

立花理香さんは、「私は広島県出身なので(広島弁は)ネイティブですね。波乃ちゃんは普段は標準語で話しますが、気持ちが高ぶると広島弁が出ちゃうようになっていたり。また波乃ちゃんは広島東洋カープファンということで、カープ関連のセリフに言及させてもらったりもしました」と、セリフの調整にも携わったエピソードを語ってくれた。

続いての質問は、「印象に残ったセリフ」について。

神坂和さんは、「美剣真くんは、いつもは冷静なのに、アイスクリームに対してだけ、女の子らしい一面を出すんですよね。“食べたの誰!?”みたいに」と、真くんの女の子らしい一面に言及。

井上ほの花さんは「ルビーちゃんはですね、言葉が独特で不思議な感じなんです。例えば、“楽しい”を“らくしい”と言ったり。私も友だちと話していて“ちょっと今の日本語変じゃない?”とか言われたりするので、似ている部分をそのままが出せたと思います。とても楽しい収録でした!」と自身と共通するセリフについて語ってくれた。

立花理香さんは「波乃ちゃんは怒っているようなセリフが多かったのですけど、オーディションの時、私自身が丁度イライラしていて(笑)。ナチュラルな演技ができました」と、イライラが好転した出来事を紹介。

高橋花林さんは「春ちゃんは東京の向島(むこうじま)出身で、広島の向島(むかいしま)に行くんです。両方同じ漢字なので、収録の時にどちらで読むのか悩みました。前後の流れから、ストーリー的にこちらの読みだな、と予想して話しましたが、大変でした」と、向島という文字についての苦労を語る。

すずきももこさんは「舞湖は内向的で、ひとりを好むため、みんなとそれほど関わらないんです。でも、物語が進んで、舞湖がとあるトラウマを克服したとき、みんなと一緒に大爆笑するんですね。そこでやっと、輪の中に入れた、ひとつ殻を破れた、という思いがあって。感情を解放した感じで、印象的でしたね」と、舞湖のエピソードを明かしてくれた。

浅川悠さんは「こんなバラバラの人たちをまとめるのが、鳴海高子なんです。彼女たちから相談されるシーンがあって、漁業候補生たちにとっては重要な悩みだと思いますが、大人の立場から見ると、“そんなことで悩んでいるの?”という感じで。でも、そこを歩み寄っていく感じですね。高子は見た目通りのサバサバしたキャラクターなんですが、“ついてきなさい!”と言うよりは、向かう道へのヒントをあげて、そっと見送ってあげるような。背中は押さないけれど、何となく促してくれる。いいお姉さんですね」と、他キャラクターからの相談に関するエピソードを紹介してくれた。

なお、広井王子氏も鳴海高子について言及。「鳴海高子は案内人なので、一番最初にプレイヤーに寄り添ってくれるんです。色々なことを教えてくれるので、いっぱいしゃべってます! でも好感度がないキャラクターなので、落ちません」とのこと。いわゆる攻略対象キャラクターではないそうだ。

だが、「けっこうプレイヤーの腕の中で泣くことがあるかも……? 鳴海さん、色々大変なんですよ」ともコメント。鳴海高子とも、ドキドキのイベントが楽しめそうだ。

また、今作には主題歌もあるそうで、広井王子氏が作詞を担当したそうだ。「僕が出てきて歌が出ないなんて、ありえないよねえ。すごく楽しい歌をいっぱい作りました。カラオケルームもありますので、ぜひみんな行ってみてください!」と広井王子氏。

ふたつのゲームパートをチェック!

続いて、実機によるデモプレイを交えつつ、ゲームシステムが紹介された。本作では、候補生を中心とした物語が描かれるストーリーパートと、宇宙魚を捕獲する宇宙業パートに分かれている。

ストーリーパート

まずは、ストーリーパートについて。物語はプレイヤーが新しい部長に就任するところからスタート。物語が進行すると選択肢が現れることもあり、選択によってキャラクターの反応や、その後の展開が変化していくそうだ。なお選ばないまま制限時間を過ぎる、“答えない”という選択もあるようだ。

物語はメインストーリーに加え、各候補生たちにフォーカスした候補生ストーリーも登場。宇宙漁業でゲットできる心の鍵で、候補生ストーリーを解放することができる。また候補生には信頼度というパラメーターがあり、ストーリーを進めたり、プレゼントをあげると上昇。上がるとどうなるかは、実際にゲームで体験してほしいとのこと。

 
▲ストーリーパートでは、さまざまな物語が展開。各候補生たちのストーリーもあるようだ

 

▲突如選択肢が登場することも。選択によって、キャラクターの反応や物語の展開が変化する

宇宙魚業パート

続いては、バトルである宇宙漁業パートについて。宇宙漁業は、候補生と守護神がペアを組み、漁に挑む。候補生と守護神には相性の善し悪しがあり、「部長が上手くペアを編成する必要がある」と川口氏。なお守護神はガチャでゲットでき、それぞれ固有の必殺技である“神通力”を使える。

 
 
▲候補生たちとペアを組む、守護神たち

実際のバトルは、イカリを投げる方向を指定し、敵にぶつけて攻撃する。守護神同士をぶつけてほかの守護神も攻撃に参加させる援護攻撃や、守護神をブン回す“ブン”、さらに強力な必殺技“神激スプラッシュ”での攻撃など、多彩な攻撃を駆使してイケスにいる宇宙魚たちを捕獲していく。


▲宇宙イケスの中には守護神がおり、イカリを投げて攻撃する


▲アイテムを入手すると、“たたけ”というアクションが行える。実際に端末を軽く叩くことで、ザコ敵がまとまり、戦闘が有利に進む


▲神通力や神激スプラッシュなど、必殺技も多彩

なお、捕獲した宇宙魚はその場で缶詰となり、報酬としてゲットできる。そのほか、候補生や守護神のレベルアップや強化といった育成要素も楽しめるそうだ。

TVアニメ化も決定! 今後のキャンペーンについて

最後は、本作の今後の展開やキャンペーンが一挙に公開された。まず配信時期は10月上旬予定で、本日よりオフィシャルサイト、公式ツイッター、LINEにて事前登録の受け付けが開始することが発表。登録者数に応じて特典がもらえるキャンペーンも行うそうだ。

公式ツイッターをフォローし、リツイートしてくれた人の中から、抽選で豪華プレゼントがもらえるキャンペーンを開催。第一弾は、SONYのワイヤレスヘッドセットと、iTunesまたはGoogle Playで使えるギフトカードが当たる。第二弾以降も準備中とのこと。

Lobiにて公認コミュニティグループを設立。参加するだけで、聖地巡礼旅行を行えるキャンペーンに自動登録。


ラジオ番組“ギョギョラジ”が、2017年9月3日13時より、文化放送でスタート。

生放送番組“ソラウミアワー”も放送決定。まずは事前番組として、9月19日に第0回が放送予定。

電撃大王11月号より、べっこうリコ先生の作画によるコミック連載がスタート。また電撃ゲーム文庫よりノベライズも刊行予定。

さらに、TVアニメ化も決定。制作はトムス・エンタテインメントで、2018年に放送予定とのこと。舞台も開催できるよう、準備中とのことだ。

日本に続き、台湾、香港、マカオでも配信が決定。さらにPC版も2018年春以降にサービス開始を予定している。詳細は後日発表するそうだ。

最後に川口氏は、「フォワードワークス初のオリジナルIPを、たくさんの人に楽しんでもらいたいと考えています。ぜひ応援よろしくお願いします!」とコメントし、イベントを締めくくった。またフォワードワークスでは、先日リリースされた『みんなのGOLF』のスマホアプリ『みんゴル』に続き、さまざまなタイトルを開発中とのこと。今後の展開にも注目したい。


『ソラとウミのアイダ』PVはこちら!


『ソラとウミのアイダ』公式サイト

『ソラとウミのアイダ』公式Twitter

©ForwardWorks Corporation

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  27枚

Writer info

ゲーム★マニアックス編集部

ゲーム★マニアックス編集部です。ゲームに関する楽しいニュースや記事をお届けします...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Vプリカプレゼント

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Official SNS公式SNS

Popular Tags人気のタグ

アクション ゲーム イベント スマートフォン Nintendo Switch PC スポーツ その他 アニメ アドベンチャー Xbox One その他 声優 格闘 インタビュー 育成 シューティング ゴジライン Steam リズム

Pick Upピックアップ