ゲーム★マニアックス

放送時間

毎週土曜 夜
11:30~12:00

一部を除き隔週更新

生徒たちと数々の問題に立ち向かう Yostar新作『ブルーアーカイブ-Blue Archive-』先行プレイレビュー

本作の舞台となるのは数千の学園が集まっている超巨大な学園都市<キヴォトス>。プレイヤーはこの都市で発生している様々な問題を解決するために発足した組織、<シャーレ>の顧問先生となって、生徒たちと共に問題解決に乗り出していく。果たしてプレイヤーを、そして生徒たちを待ち受ける展開とは何か。『ブルアカ』とはどのようなゲームなのをレポートする。

なお今回プレイした内容はCBT時の仕様となるため、正式サービス開始時には変更になる可能性があることは留意してもらいたい。

「可愛い女の子たちが」「銃で」「すべてを解決する」

▲『ブルアカ』の戦闘画面。3等身の生徒たちが手にした銃で戦っている

強いて言うなら、『ブルアカ』はフィールドマップ攻略型、シューティングRPGというジャンルに分類されるだろう。プレイヤーは個性的な美少女生徒たちをPTとして編成し、超学園都市<キヴォトス>で発生している問題を、撃って撃って撃ちまくり、火力で制圧していく、ある意味わかりやすいゲームだ。

相手が人だろうと戦車だろうと巨大な機械であろうとありったけの銃弾を叩き込む。「可愛い女の子たちが」「銃で」「すべてを解決する」という非常に分かりやすいコンセプトのゲームだ。しかし分かりやすいからと言って、ゲーム性は決して単調でも単純でもない。ついでに言うと文字面から受ける殺伐としたイメージなど全く存在すらしていない、どちらかというとほんわかした雰囲気の作品であることは断言しておきたい。しかし問題解決手段が銃であることもまた確かなのだ。

▲押し寄せる敵を迎え撃つステージも存在している

戦闘自体は、フィールドマップを移動しながら、姿を現した敵を殲滅する形式で行われる。進行は非常にスピーディで、ストレスは非常に少ない。生徒は基本的には自動で移動し、遮蔽物などがあれば自動的に隠れるなど、非常に「頭がいい」動き方をしてくれる。

▲スキル発動時は生徒の3Dアニメーションが流れる。演出はカットすることも可能

戦闘中にプレイヤーが介入するのは、少なくとも序盤においては生徒のスキル発動時だけとなっている。スキルは生徒ごとに異なり、範囲攻撃、単体への強力な攻撃、防御の強化、ダメージの回復など効果は多岐にわたる。所有している生徒をうまく組み合わせて強力なパーティを編成しよう。

▲ステージクリア画面。可愛い3等身キャラたちの勝利のポーズだ

生徒とPT編成

▲こちらが編成を終えた部隊。編成可能な部隊数は4つとなっている。

生徒たちのパーティは、最前列を担当する「Front」、後方からの援護を担当する「Back」、そして後方支援をする「Support」、それぞれ2名ずつの6名で編成される。6名が必須では無いが、特に減らす理由は無いので可能な限り最大人数を設定しよう。

▲生徒が保有する銃器はタイプごとに特性が異なる

こちらが生徒の基本ステータスとなる。今回は☆1の生徒、ノノミをベースとして紹介させてらもう。

生徒のステータスはHP、攻撃力、防御力、治癒力の4種類で、これはレベルアップにより上昇させることが可能だ。

生徒たちは所有している銃器ごとに、「HG(ハンドガン)」「SMG(サブマシンガン)」「MG(マシンガン)」「AR(アサルトライフル)」「SR(スナイパーライフル)」「SG(ショットガン)」などとタイプが分けられている。プレイした感覚で言えば、「HG」「SMG」「SG」がFront向き、「Back」は「MG」「AR」「SR」が向いているように感じられた。「AR」はどちらでもいいかもしれない。いずれにせよCBTにおける仕様は最終的なものではないので現状では所感に留めておく。

▲レベルアップは戦闘とアイテムの消費で可能だ

こちらはレベルアップ画面となる。戦闘時の勝利で得られる経験値でもレベルアップは可能だが、「レポート」と呼ばれるアイテムを使用すれば一気にレベルを上げられる。なお、生徒のレベルキャップは先生ことプレイヤーのレベルにより、制限がかけられている。あくまでもCBTの仕様だが、プレイヤーがレベル10なら各生徒のレベル制限は10になるようだ。

生徒のグレードは☆の数で表される。生徒の入手方法は基本的にはガチャとなるが、CBTの時点では入手できる生徒の最高グレードは☆☆☆までとなっている。

このグレードそのものを上昇させるのが、リミット解放だ。必要な素材を入手することにより可能となる。グレードが上がれば能力の上昇や新たなスキルの開放など、様々なメリットがある。チャンスがあれば積極的に狙っていこう。

▲スキルレベルの上昇はアイテムとクレジットポイントが必要だ

生徒たちが保有しているスキルも、レベルを上げることができる。当然だがレベルが上がれば上がるほど強力になるので上げていきたいところだが、リソースは限られている。運用する生徒をある程度決めて、優先順位を定めたほうが良いだろう。

基本画面

▲好きな生徒を一人表示することができる

こちらが『ブルアカ』の基本画面となる。様々な項目があるが、一番重要なのは右下にある「お仕事」だろう。

▲ストーリーの進行に応じて特別依頼やレイドバトル、戦術対抗戦などが解放されるこちらが「仕事」画面となる。最初は「任務」をこなしていくと、次にストーリー、特別依頼……と順々に開放されていく。

▲ストーリーはメイン、サブ、アーカイブの3種類

ストーリーはキヴォトスで起きている事件を扱った「メインストーリー」、生徒たちの平凡な日常を扱った「サブストーリー」、そして過去の思い出を見ることが出来る「アーカーブ」の3つが存在している。メインとサブの両ストーリーを進めることにより、『ブルアカ』世界の謎に迫りつつ、生徒たちの魅力を存分に楽しむことが出来るだろう。

▲ステージを攻略する際には「掃討」が可能になる条件達成を意識しよう

短時間だが『ブルアカ』をプレイさせてもらった筆者の感想としては、とにかくプレイが楽なゲームであるという印象が非常に強かった。戦闘はほぼオートで、1つあたりのステージも短い。ステージの任務目標をすべて達成すれば「掃討」で戦闘を行わずに成果だけを得ることが出来る。周回が必要な場合に非常にありがたい機能と言えるだろう。

また、非常に魅力的・蠱惑的なキャラクターがそろっていることも、『ブルアカ』の見逃せないポイントだ。何と言ってもこのゲームはYostarが送り出すタイトルだ。キャラクターに関しては何の心配もいらない。むしろ期待しか無いと断言できる。

本タイトルの正式ローンチは、2020年内が予定されている。世界を覆うコロナ禍の影響で変更される可能性はあるかもしれないが、待つだけの価値を十分に備えていることは保証できる。じっくりと待っていていただきたい。

©2020 Yostar, Inc. All Rights Reserved.

(文:早川清一朗)

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  17枚

Writer info

ゲーム★マニアックス編集部

ゲーム★マニアックス編集部です。ゲームに関する楽しいニュースや記事をお届けします...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

マックス★ガールズ

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

ゲーム アニメ PC イベント アクション その他 Nintendo Switch 声優 スマートフォン Xbox One その他 リズム 連載 お知らせ 育成 Vtuber アドベンチャー Fate シューティング 格闘

Pick Upピックアップ