ゲーム★マニアックス

放送時間

毎週土曜 夜
11:30~12:00

一部を除き隔週更新

【プレイレポート】Yostar期待の新作『アークナイツ』を先行プレイ! その奥深い世界観とゲーム性に迫る!!

『アークナイツ』は本格的な戦略タワーディフェンス型ゲーム!


まずはゲームシステム紹介していこう。

こちらが『アークナイツ』の基本的なゲーム中の画面となる。戦闘の流れは、画面端の赤いマスから青いマスに向けて進攻してくる敵に対してオペレーターと呼ばれるキャラクター達を配置し、迎撃するというものだ。規定数の敵を撃破するとマップクリアとなる。

こちらがオペレーターデータ画面。様々なパラメータが存在するが、まず確認すべき点はそのオペレーターの攻撃範囲とタイプになるだろう。オペレーターは近距離攻撃、遠距離狙撃、術、回復などそれぞれ得意とする分野と攻撃範囲が異なる。オペレーター固有のスキルも存在し、初期スキル以外にも成長に伴い追加で習得が可能だ。

こちらは遠距離攻撃オペレーター「レンジャー」の攻撃範囲。マップへの配置時にオペレーターの向きを上下左右の中から選択し、どこを攻撃するのかを決める。ここで失敗するとすぐそばを敵が通り過ぎていくのを黙ってみているだけにもなりかねないので、注意が必要だ。

オペレーター配置時も敵はスローモーションになるがリアルタイムで動いているので、焦りを感じることもしばしば。ミスを避けるためには画面右上にあるポーズボタンを押し、オペレーターや攻撃範囲をゆっくり吟味してから配置したほうが良いだろう。配置を失敗した場合、一旦回収してからの再配置となるが、再配置までにはかなりの時間がかかる。

こちらは近接オペレーターで敵の進路をふさぎ、回復オペレーターを配置した陣形。近接オペレーターは個々で敵を止められる数が異なる。殲滅力が不足する場合は他の近接オペレーターを追加してより多くの敵を足止めできるようにするか、遠距離攻撃が可能なオペレーターを追加して火力を高めるなど、所有するオペレーターにより様々な対応手段を選択できる。

各オペレーターには配置に使用するコストが設定されている。画面下に並ぶキャラクターの頭上にある一桁から二桁の数字がそれだ。使用できるコストは右下にある「C」の文字の右側に大きく表示されている。コストの回復仕様は、ステージそれぞれなので、一概に言えない。コストの回復速度をさらに早めるスキルを持つオペレーターも存在するので、有効に活用しよう。

こちらがホーム画面。中央右に大きく82とあるが、これが行動ポイント「理性」の値となる。行動に理性を消費するのが『アークナイツ』の世界だ。

オペレーターを入手するにはいくつかの手段があるが、もっとも強力かつ手軽なのが合成玉というアイテムを使用して行うスカウトだ。オペレーターのレアリティは筆者が確認できた範囲では☆6が最高だった。


ユニークなシステムとして、必要なタイプを指定して「求人」を出すこともできる。予算とアイテムが必要なうえに、スカウトできるレアリティも限られるようだがかなり面白いシステムなのではないだろうか。

またログインボーナスやマップクリア報酬でオペレーターを入手することもできる。ただし画面中の情報は全て開発中のバージョンであるため、本実装の際は様々な変更点が出ると予想される。あくまで参考程度と考えてほしい。

次のページ : 暗き世界で少女たちは敵、病、そして人々から向けられる恐怖と闘う

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  12枚

Writer info

早川清一朗

ゲーム&シナリオ&esportsライター。人生に必要なのはお酒とバトルテックとこの胸のと...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

マックス★ガールズ

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

イベント ゲーム アニメ 声優 アクション PC その他 スマートフォン Nintendo Switch その他 モンスターハンター アドベンチャー ドラゴンクエスト 育成 Steam シミュレーション シューティング 連載 お知らせ 恋愛

Pick Upピックアップ