ゲーム★マニアックス

放送時間

毎週土曜 夜
11:30~12:00

一部を除き隔週更新

データと評判で見る『サクラ大戦』シリーズ。『サクラ大戦』はこんなにもすごかった

 セガゲームスから12月12日に発売されるPS4用ソフト『新サクラ大戦』。発売に向けて魅力をお届けする連載企画の第2回を掲載します。


 『新サクラ大戦』は、太正二十九年の帝都・東京を舞台に、悪と戦う“帝国華撃団”の活躍を描くドラマチック3Dアクションアドベンチャー。新主人公・神山誠十郎が、帝都や世界の平和を守るため、戦う様子が描かれます。

 今回は、さまざまなメディアミックス展開の先駆けとも言うべき本作の周辺情報にもスポットを当てて紹介していきます。

 『サクラ大戦』シリーズの人気を紐解くにはゲーム本編だけでなく、過去にどのようなメディアミックス展開が成されてきたかといった周辺情報も欠かせません。

 そもそも『新サクラ大戦』のプロジェクト自体がユーザーの熱い要望に後押しされたという経緯もあり、長期にわたっていかに愛されてきたシリーズなのかがうかがえます。2016年に日本で開催されたセガフェスの第1回総選挙では作品部門と復活期待部門で第1位を獲得。さらにセガフェス2018において「新サクラ大戦始動」が発表され、大きな話題となりました。


 シリーズ人気としては1996年にCESA大賞を受賞した一作目の発売以降、日本のゲーム雑誌の人気ランキングでもつねに上位にランクイン。また、マルチプラットフォーム(複数機種対応)という形態が一般的でなかった当時、他の家庭用ゲーム専門誌でも移植希望タイトルとして、『真・女神転生』シリーズや『スーパーロボット大戦』シリーズなどとともに上位を独占していました。

広がり続ける『サクラ大戦』の世界

 アニメ化というのは、作品人気の指標の1つ。OVA『桜華絢爛』(1997年)を皮切りに、『轟華絢爛』(1999年)など累計5作品のOVAと劇場長編作品『サクラ大戦 活動写真』(2001年)が制作されました。2000年には全25話のTVアニメが放映されています。

▲OVA『サクラ大戦 桜華絢爛』
▲TVアニメ『サクラ大戦TV』
▲OVA『サクラ大戦 エコール・ド・巴里』
▲OVA『サクラ大戦 ニューヨーク・紐育』

 また、メディアミックス展開も人気に拍車をかけた大きな要因です。コミカライズやドラマCD、小説などで展開したことも話題に。

▲コミック『サクラ大戦 漫画版』
▲『蒸気工廠USA』

 その中でも長年にわたって愛され続けてきたのが「サクラ大戦歌謡ショウ」です。2.5次元という愛称が定着した今でこそゲームの舞台化は珍しくなくなりましたが、ゲームから派生した舞台としては先駆的な存在です。


 経験豊富な声優陣による歌や踊りをはじめ、舞台ならではのコミカルなミュージカル劇が多くのファンを魅了。ゲームと同じキャスティングなど広井王子さんのこだわりが随所に込められ、再現度の高いコスチュームなども話題を呼びました。

 グッズ展開としては、SEGA系列のアミューズメント施設内に実店舗として「太正浪漫堂」を展開。フロア内には「Sakura cafe帝都東京櫻喫茶」も併設され、これまたコラボカフェの先駆け的存在として人気を集めました。






 店舗自体は約10年ほど続き、現在ではオンラインショップとしてシリーズ作品のさまざまなグッズを取り扱っています。以下が現在の人気商品です。

▲『三式光武Tシャツ』
▲『帝国華撃団パーカー』

(C)SEGA (C)1997 SEGA/BANDAI VISUAL/MARINE ENTERTAINMENT (C)SEGA/TBS・MBS (C)2003 SEGA / RED (C)2007 SEGA / RED

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  16枚

Writer info

電撃オンライン

Recommend関連記事

この記事について報告する

マックス★ガールズ

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

ゲーム アニメ イベント PC 声優 アクション スマートフォン その他 アドベンチャー その他 お知らせ Nintendo Switch 連載 Steam インタビュー 育成 シミュレーション Xbox One Vtuber ファイナルファンタジー

Pick Upピックアップ