ゲーム★マニアックス

放送時間

毎週土曜 夜
11:30~12:00

一部を除き隔週更新

【仁王2】β体験版プレイレポート!新武器や新要素などもりだくさん!

あやかし一夜城をクリアして特典をゲット!


β体験版でプレイできるあやかし一夜城をクリアすると本編で使える特典が手に入る。期間中にクリアできるよう、ここでざっくりと攻略を紹介していこう。

まずは道なりに進んで基本的なアクションを覚えつつ敵を倒して行く。次の社まで進むにはふたつのルートがあるのだが、オススメは強敵の猿鬼と戦わずにすむ下のルートだ。

▲下のルートは小型の妖怪が道を塞いでいる。特技で怯ませることができるので、適度に特技を使いながら倒していこう。□→□→□→R2+○と速い攻撃からキャンセルして特技を出すと効果的


一方、橋を進むルートでは、巨大な猿鬼が待ち構えている。非常に強敵で、普通に戦うだけではあっという間にやられてしまう。そこで活躍するのが特技だ。相手の大技を見極め、タイミングよく特技をヒットさせれば、気力を大幅に奪うことができるぞ。

▲敵妖怪が大技を使う場合、ゴオオンという効果音とともに赤い気を発する

▲予備動作のあとは大振りな大技を仕掛けてくるので、特技で反撃。相手の攻撃前に特技をヒットさせるのがコツだ


なお、特技は妖力を消費する。妖力は画面左上の紫のゲージで表示されるので確認しておこう。ちなみに妖力は敵を攻撃すると増加するようだ。

さらに敵妖怪の中には弱点を持っているものもいる。橋の上にいる敵妖怪は頭部の角が弱点。特技で怯ませたあと、薙刀鎌の上段構え攻撃のように振りかぶる攻撃で頭部を攻撃すれば、角を狙いやすい。角を破壊すればさらに気力を奪うことができる。

▲角を破壊すればさらに気力を奪うことができるだけでなくしばらく無防備になるので、さらに攻撃を仕掛けて気力切れを狙おう


なお、大型の敵妖怪は攻撃をヒットさせても怯みにくい。しかし気力が一定以下になるか、特技をヒットさせれば怯ませ続けることができる。

また、敵妖怪は気力を自然回復することができない。敵妖怪を気力切れさせれば、連続攻撃を仕掛けるチャンスでもあるので、特技や弱点破壊を狙って気力を奪っていくことが大切だ。

▲敵妖怪は気力切れを起こすと、常世と呼ばれる気を発して気力を回復する。なお、常世の範囲内で残心を使えば常世を消すことができる

▲橋を越えたら堰を降ろしてふたつめの社へ向かおう

3つのルートを進め!


ふたつめの社からは、坂道を登るルート、敵妖怪のいるルート、堰のはしごを下りて進むルートに分岐する。ひとつずつ紹介していこう。

坂道の先は行き止まり

ふたつめの社から左側にある坂道は行き止まり。段差を降りたところに「はぐれ木霊」が隠れているので回収しておこう。「はぐれ木霊」は集めると社のメニューでさまざまな加護が得られるようになる。随所に隠れている「はぐれ木霊」を探し出すのも、『仁王2』の楽しみ方のひとつだ。

▲はぐれ木霊はいるんだけど、近くに行けない! どうやって助ければいいんだろうと考えさせられる場面もチラホラ……

小海坊主が出現する下ルート


堰のはしごを下りて進むルートは、基本的にアイテムが落ちているだけ。無理に行かなくてもいいが、倒すとレアな武防具を落とす河童が出現することがあるので行ってみるのも手。

また、ここに出現するブヨブヨした生き物は小海坊主という敵。通常の攻撃はなかなかダメージが通らないが、頭部の弱点を狙えば大ダメージを与えることができる。

▲海坊主は近づくと体を伸ばして攻撃してくる。タイミングよく左右に回避して攻撃をやり過ごそう

▲体当たりを回避すると、弱点が剥き出しになる。ここを上段構え強攻撃で狙い撃ちすれば大ダメージを与えられる

強敵! 猿鬼を倒せ!


社から右側の坂道を進むルートは強敵、猿鬼が待ち構えている。前半は戦闘を回避できたが、今回は回避することは難しい。しっかりと特技で反撃しつつ倒していきたい。

大技を使う予備動作が見えたら、すぐにR2+○で特技を発動させることを意識しながら戦おう。

▲猿鬼は出現と同時に常世を発生させる。常世の範囲内では気力が回復しないので非常に危険。残心を使って常世払いをすることからはじめよう

▲猿鬼は大技のボディプレスで攻撃してくる。ボディプレスの発生は非常に遅いので、予備動作の赤い光が見えたらすぐに特技で反撃。特技が出せそうもない場合は回避を連発してその場から離れよう

小六と協力して先へ進もう


道なりに進むとオープニングムービーに登場した小六がいる。話しかけると仲間になるので、力を合わせて先に進もう。

なお、小六がいる場所からは分岐になっている。左のルートは、わいらという巨大な妖怪が待ち構えているのだが、倒すのは困難。安全に進むならば右のルートを進もう。

▲小六が仲間になると俄然戦いが有利になっていく。共闘してガンガン先へと進もう

『仁王2』は戦闘だけではなく、探索も非常に面白い。行けそうなのに行けないもどかしさや、「こことここって繋がってたんだ!」という新発見など、新たな仕掛けを見つけるのも楽しみのひとつ。後半は、はしごや片側からしか開けられない扉など、仕掛けが盛りだくさんなので、怪しいところはとにかく念入りに調べてみよう。

▲敵は見えるのに上れる足場がない。どうやったらあそこへ行けるのだろうと考えながら攻略していくのも楽しい

次のページ : いよいよボス戦に!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  46枚

Writer info

sdora

好きが高じて若干19歳でゲーム系の出版社に所属。現在はフリーランスでライター兼編集...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

マックス★ガールズ

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

ゲーム アニメ PC イベント アクション 声優 Nintendo Switch スマートフォン その他 アドベンチャー その他 お知らせ シミュレーション 育成 Steam インタビュー モンスターストライク 連載 リズム モンスターハンター

Pick Upピックアップ