ゲーム★マニアックス

放送時間

毎週土曜 夜
11:30~12:00

一部を除き隔週更新

禁忌モンスターが解禁された“モンハン15周年展”。武器画像やモンスターサイズ比較図など会場の様子をレポ

 10月31日~11月12日に東京のベルサール秋葉原で開催される、“DNP Produce MONSTER HUNTER × NAKED 「モンスターハンター15周年展」‐THE QUEST‐(モンスターハンター15周年展)”の内覧会が、本日10月31日に行われた。

 本イベントは、大日本印刷とカプコン、ネイキッドが行うカプコンの人気ゲームシリーズ『モンスターハンター』の15周年イベント。『モンスターハンター』シリーズに登場する代表的なフィールドが、美術造作や映像、プロジェクションマッピングなどのさまざまな手法で再現される。

 会場には体感エリアと、展示・物販エリアが存在するため、それぞれのコーナーについて掲載する。なお、体感エリアの雪山フィールドについては撮影禁止となっていたため、ぜひ足を運んで確認してほしい。

 また、内覧会後にはシリーズを手掛けるカプコン・藤岡要ディレクターへの質疑応答が行われたので、あわせて掲載する。

B1F 体感エリア



 体感エリアでは、『モンスターハンター:ワールド』で登場した“導蟲”に導かれるように進行。手にしたライトを向けると、痕跡やモンスターの跡が浮かび上がるため、いろいろな場所を確認したくなる。


 各フィールドでは、シリーズを代表するさまざまなモンスターが映し出される。この映像はすべてイベント用に撮り下ろしたもの。

 また、森フィールドのモニターの回復ミツムシにさわると、破裂するという演出が用意されていた。あたりにただよう香りを含め、フィールドらしさを楽しめる空間となっていた。





 “砂漠”、“火山”、“海”フィールドでは360度のプロジェクションマッピングを実現。周囲をすべて使った演出は勢いがあるだけでなく、遊び心も感じられた。また、大型モンスターの写されていないモニターでも環境生物が動いていて、何度も見たくなる作りとなっていた。



 雪山フィールドでは、『モンスターハンターワールド:アイスボーン』のメインモンスター・イヴェルカーナが登場。こちらのフィールドは撮影できなかったが、映像にあわせて風、吹雪、香り、動きな度が発生する4D体験が可能であった。

1F 展示・物販

 展示エリアは、“武器の歩み”、“ハンター装備展示”、“ハンター飯を振り返って”、“モンスターサイズ比較図”、“禁忌モンスター”に分かれている。

武器の歩み


 “武器の歩み”ではシリーズに登場する武器を紹介。シリーズごとの武器画像をできる限り掲載するという、これまでにないコーナーだ。自分の使っていない武器は見たことがない人もいると思うので、チェックしてみては?

ハンター装備展示




ハンター飯を振り返って



 『モンスターハンター』において、武器種、モンスターと並んで外せないのが“食事”。こちらでは、シリーズに登場する肉焼きやキッチンなど料理について特集。スペースには『モンスターハンター:ワールド』のメニューが再現・展示されていて、思わず食事したくなってしまった。

モンスターサイズ比較図



 『モンスターハンター:ワールド』、『モンスターハンターワールド:アイスボーン』に登場したモンスターが並ぶイラスト。さまざまなところに、小ネタが仕込まれていて、飽きないビジュアルとなっていた。

 また奥では過去に展示されたサイズ比較図や映像も見てとれた。

禁忌モンスター




 これまでゲーム内でのみ情報が公開されてきた“禁忌モンスター”を扱う、こちらのコーナー。各モンスターのコンセプトについて見られる他、“黒龍の邪眼”のモデルも展示されている。

物販





 15周年展限定商品や公式図録など、多数のグッズが並ぶ販売コーナー。受注販売商品や高額な商品も展示されていた。

 なお、税込5,000円以上購入すると“15周年展オリジナルショッパー”がプレゼントされる。

ファンと成長してきた『モンスターハンター』! 藤岡ディレクターへのインタビュー

――実際にイベント当日を迎えての心境は?

 15周年には必ず何かしたいと思っていましたが、イベントは企画あってのもの。ご協力いただいたDNP(大日本印刷)さんのおかげで、これでのものは違う、15周年を感じられるいいものになったと思っています。

――お気に入りのものは?

 地下のウォークスルー後にある、映像モニターでモンスターを一望できるのは我ながら壮観で、15周年を感じられました。あと、武器を並べているイラストは本物を初めて見たのですが、すごいなと(笑)。

――今回は五感を感じられることがテーマになっているのでしょうか?

 360度のパノラマビューや匂いなど、体感しながらどうやって楽しめるのかは、ネイキッドさんがアイデアをくれました。「15周年をどうやって感じられるのか?」ということに対してイメージを最初からいただいていたので、いいものになったと思います。

――雪山エリアで感動したのですが、いかがでしたか?

 体感型のものはギリギリまで映像で見ていたのですが、昨日実際の現場で確認しました。揺れたり、吹雪が出たりと、感情移入しやすい演出で、15周年を代表するモンスターとして、また今後の期待できるモンスターとして演出いただけたことに感動しました。

――15周年という長い期間、なぜ愛されてきたと感じていますか?

 『モンスターハンター』はファンの方と一緒に成長できたコンテンツ。若い方、新しい方に入っていただけるだけでなく、ずっと続けて楽しんでいただける方がいることにも助けられています。それがうまく混じりあって、まさにファンに支えられているコンテンツです。それに対して、我々もサプライズをちゃんと用意する……対話できているのが理由ではないでしょうか。

――過去IPの活性化を御社としてかがげられていますが、Nintendo Switch向けに『モンハン日記 ぽかぽかアイルー村』や『モンスターハンター ストーリーズ』などを出す予定は?

 タイミングを考えて出さないとファンも手に取りにくくなります。今のゲーム業界の状態や環境を意識しつつ、見計らってやりたいと思っています。潰すつもりなどはまったくないのですが、現状の計画にはありません。

――15周年展についてのメッセージをお願いします。

 体感型のウォークスルーがあり、モンスターの映像があり、15周年を一望できる空間、大きく楽しめることはなかなかできないので、ぜひ足を運んでいただきたいです。シリーズを始めるきっかけはユーザーによって違います。会場ではそこも感じてもらえればうれしいです。また、ここで黒龍、“禁忌モンスター”の情報を解禁しました。今後はいままで出せなかったような情報も出していきたいと思います。

――その黒龍についてですが、15周年展で解禁しようと考えられていたのでしょうか?

 コメントにも書かせていただいたのですが、オンライン上でユーザー同士が盛り上がる形にしたいと、ゲーム外では取り扱わないようにしていました。ただ、黒龍系のモンスターが増えてきたこともあり、ゲーム外にて触れるタイミングは増えていました。

 また、昨今はゲーム配信などもあり、露出されて話題になることが主流になっています。そのようなこともあり、これまで出し切れなかったことは、このタイミングから解禁しようと考えました。

アート展“黒龍ART GALLERY”

 秋葉原駅昭和通り口改札側にあるDUB GALLERY AKIHABARAでは、アート展“黒龍ART GALLERY”が行われている。


 こちらでは、6人のアーティストによる、ミラボレアスアートの展示・グッズ販売の他、コラボメニューを楽しめる。

 開催期間は11月12日までで、入場料は大人300円、小学生以下は無料。ただし、“モンスターハンター15周年展”の半券を提示すると1回のみ無料で入場できるので、活用してほしい。

 なお、紹介ページには入場や日曜・祝日時の注意が記載されているので、あわせて確認のこと。

  • ▲『黒龍ビーフカレー』 1,300円(税抜)
  • ▲左から『黒龍ブラックレモネード』、『祖龍ホワイトビネガー』、『紅龍チャコールグランベリー』で、各600円(税抜)。

“DNP Produce MONSTER HUNTER × NAKED “モンスターハンター15周年展”‐THE QUEST‐”開催概要

会期
10月31日~11月12日
場所
ベルサール秋葉原1F・B1F
チケット価格(前売券)
大人(中学生以上):3,000円+税
子ども(小学生):1,500円+税 他
主催
大日本印刷
協力・監修
カプコン
演出・制作
ネイキッド

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. Sound Design by Soundelux Design Music Group

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  87枚

Writer info

電撃オンライン

Recommend関連記事

この記事について報告する

マックス★ガールズ

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

ゲーム アニメ イベント PC 声優 アクション スマートフォン その他 アドベンチャー その他 お知らせ Nintendo Switch 連載 Steam インタビュー 育成 シミュレーション Xbox One Vtuber ファイナルファンタジー

Pick Upピックアップ