ゲーム★マニアックス

放送時間

毎週土曜 夜
11:30~12:00

一部を除き隔週更新

リマスター版『ロマサガ3』追加要素は? 新ダンジョンの出現場所も判明

 スクウェア・エニックスのPS4/PS Vita/Nintendo Switch/Xbox One/PC(Windows10/Steam)/iOS/Android用ソフト『ロマンシング サガ3(ロマサガ3)』リマスター版の新情報が公開されました。


 1995年の発売から今なお愛され続ける『ロマンシング サガ3』が初のリマスター化。グラフィックが一新され、8つのプラットフォームに最適化されています。8人の個性あふれる主人公たちで、ストーリーを創るのはプレイヤー自身です。

 誰を選ぶか、どんな行動をとるか、プレイヤーの選択次第で可能性が無限に広がる究極の“フリーシナリオ”RPG。追加要素である新ダンジョンでは、オリジナル版で語られなかったエピソードも明らかになります。

あらすじ

・・・・死食・・・・

 300年に一度 死の星が太陽を隠すおおい隠すその時、すべての新しい生命が失われる

 人も獣も草花も モンスターでさえも その運命を逃れることは出来ない

 だが、ある時

 1人の赤ん坊が生き残った

 死に魅入られ 死の定めを負ったその子は長じて魔王となり 世界を支配した

 魔王はアビスへのゲートを開き アビスの魔貴族達をも支配した

 しかし、ある日

 魔王は突然いずこかへ消えた

 魔王が消えた後 世界は四魔貴族に支配された

 300年後 またも死食は世界を襲い 一人の赤ん坊を残した

 その子は死の魅惑にたえ 死の定めを退け 長じて聖王となった

 聖王は多くの仲間に支えられ 四魔貴族をアビスへと追い返し アビスゲートを閉ざした

 そして今から十数年前

 聖王の時代から300年後 やはり死食は世界を襲った

 世界中の人々も

 アビスも魔物どもも

 新たな宿命の子の出現を 不安と期待を持って見守った

 魔王か聖王かそれとも……

8人の主人公がおりなす無数の物語

シノン開拓民 サラ=カーソン


 シノンの開拓民でエレンの妹。活発ではつらつとした姉エレンとは真逆の性格で、内気で引っ込み思案な少女。ただ、おとなしいが芯は強く、思うように行動できない自分に対するいらだちと、いつまでも子ども扱いする姉エレンへの不満を抱えている。そんななか、あるできごとをきっかけに、姉のもとから離れて旅立つ決意をする。

シノン開拓民 エレン=カーソン


 シノンの開拓民でサラの姉。村の男たちにも負けないほどの怪力で、活発ではつらつとした性格。恋愛には興味が持てないでいるが、その美貌から村中の人気者。幼なじみのユリアンからモニカを護る“プリンセスガード”への入隊を請われるが、サラのことが気掛かりで決めかねている。その決定はどんな結果を招くのか……。

ロアーヌ候の妹 モニカ=アウスバッハ


 ロアーヌ侯爵ミカエルの妹。誰よりも兄を慕う心優しい温和な性格だが、いざという時には意思の強さが光る。ミカエルの遠征中、大臣たちの謀略計画を察知。この事実を伝えるため、危険を承知でひとりロアーヌ城を抜け出し、兄のもとへ報せるべく急ぐ。

ロアーヌ貴族 カタリナ=ラウラン


 ロアーヌ侯ミカエルの家臣。モニカの侍女で護衛士でもある。ロアーヌの名家出身で責任感が強く、常に冷静沈着な剣士。ミカエル候から授かった聖剣「マスカレイド」を何者かに奪われる。これを取り戻すために城を出る彼女の運命は?

シノン開拓民 ユリアン=ノール


 シノンの開拓民でエレン、サラの姉妹とは幼なじみ。死食による悲劇で妹を失っている。シノンで生活を送るうちエレンに恋心を抱き、生きる希望を取り戻していく。ロアーヌ候ミカエルの妹、モニカ姫の親衛隊“プリンセスガード”への入隊をミカエルやモニカ本人からも頼まれる。今の生活を捨てられるのか……。

シノン開拓民 トーマス=ベント


 シノンの開拓民で、名門ベント家の血筋を受け継ぐ青年。商才、経営手腕に長けており、同年代の若者たちから慕われている。トーマスは、祖父から二つの命を受け旅立つことになる。ひとつは、まずはピドナへ向かいその地で見聞を広めること。もうひとつは、消息不明となっているクラウディウス家の令嬢を探し出すことだ。

ロアーヌ侯爵 ミカエル=アウスバッハ=フォン=ロアーヌ


 ロアーヌ侯爵でモニカの兄。たぐいまれな政治手腕・指揮能力で民からも慕われている。先代から受け継いだ国の勢力、領地の拡大を目指すが、城内では跡を継ぐことに反発する者も多く何度も命を狙われる。王国の復権という野望は、果たせるのか……。

流浪の王族 ハリード


 各地を旅する傭兵。トルネードの異名を持つほどの優れた剣の遣い手でもある。もとは王族の出身で、神王教団に滅ぼされたゲッシア朝ナジュ王国の生き残り。国を滅ぼされた後、流浪の剣士となった。王国復興の夢をみ、生き別れとなった最愛の姫を探す旅を続けている。

すべてが一新された、懐かしくも新しいグラフィック

オープニング

 プレイヤー自身がストーリーを創っていく『ロマンシング サガ3』のオープニングシーン。壮大なストーリーの幕がいま再び切って落とされます。

  • ▲オリジナル版
  • ▲リマスター版

聖王廟

 鮮やかな色使い、細部にわたって描きつくされたグラフィックが『ロマンシング サガ3』の世界を表現しています。

  • ▲オリジナル版
  • ▲リマスター版

ビューネイ戦

 強敵には不気味ともいえる独特なモーションが加わり、よりリアルでダイナミックなバトルが体感できます。

  • ▲オリジナル版
  • ▲リマスター版

バトルシステム

慣れ親しんだコマンドバトル

 本作のバトルシステムは基本的にシリーズ共通の方式で、戦闘はターンごとにキャラクターの行動をコマンドで選んで進めます。戦闘中に技を覚える“閃き”システムと、“陣形”によって特定の位置にいるキャラクターのパラメータが変化するシステムは本作にも受け継がれています。

  • ▲オリジナル版
  • ▲リマスター版

 過去の作品との違いは、パーティメンバー数が最大6人になり、1人を戦闘時の控えにできるようになりました。6人目の控えに主人公を選ぶとコマンダー(指揮官)となり、他のメンバーが自動で戦うコマンダーモードに移行できます。

 コマンダーモードだけの強力な陣形技や合成術が使えたり、戦闘中でも陣形を変更できたりするなど、オート戦闘以外にもさまざまなメリットが用意されています。

 コマンダーモードのメリットは他にもあります。毎ターンの自動回復、このモードでのみ使用できる“陣形技”と“合成術”です。戦闘中に閃く特定の位置に、決まった武器や術を持ったキャラクターを配置しなければならないなど発動の条件は厳しいですが、そのぶん威力が高くなっています。

  • ▲技・術の演出はオリジナル版からすべてブラッシュアップされているところも見どころです。

世界観を生かした特殊なミニゲーム

 本作には、本編中に遊ぶことができる特殊なミニゲームが存在します。リマスター版でも2つのミニゲームが変わらず楽しめます。

マスコンバット

 主人公をミカエル、もしくはハリードでスタートした際にプレイできます。1,000人単位の兵を指揮して、同じく1,000人単位の敵と戦います。戦闘開始のときに陣形を決めると、あとは時に応じて作戦を選び、敵陣を突破するか、最終的に残った兵の数が多ければ勝ちとなります。

  • ▲オリジナル版
  • ▲リマスター版

トレード

 トーマスが主人公、もしくはパーティにいる時にプレイできるミニゲーム。プレイヤー自ら会社を設立し、貿易などを行うことで収益を上げていきます。トレードそのものに最終目的はありませんが、資金をためることによって別のイベントが発生したり、あるキャラを仲間にするための条件がクリアできたりします。

  • ▲オリジナル版
  • ▲リマスター版

新たなダンジョン“暗闇の迷宮”

 ユリアンの過去やハリードの過去……。オリジナル版では語られなかった新たなエピソードが明らかになります。

  • ▲ピドナから南へ行ったところに新たなダンジョンが出現。

 特定のキャラクターを連れてダンジョン内へ行くと、オリジナル版では語られることのなかったユリアンの少年時代のエピソードやハリードの過去の他、ある重要なキャラクターの過去を見ることができます。

 ダンジョンの設定とそれぞれの追加エピソードは、『サガ』シリーズ総合ディレクターの河津秋敏さんが作成・監修しています。

  • ▲ダンジョン内では、それぞれのキャラクターの想いの欠片を集めながら進んでいきます。
  • ▲ユリアンが忘れていた記憶とは……?
  • ▲敵は非常に強いですが、ゲーム内で一定の期間しか取れなかったアイテムをドロップする敵が現れます。

追加ダンジョンで登場する新モンスター

  • ▲トウテツ
  • ▲ヤマ
  • ▲ザッハーク

その他の新要素

強くてニューゲーム

 自分のセーブデータから、キャラクターの強さや所持アイテムを引き継いでゲームを最初から遊べます。初めてプレイした時よりもストーリーを楽に進めることができるので、取りそこねたアイテムの収集や仲間にできなかったキャラクターをパーティに入れることができます。

操作の快適性

 UIやメッセージフォントはオリジナル版から一新。読みやすく、スマートフォンでも操作しやすいように改良されました。

 また、プレイ済のストーリーのあらすじは“冒険記”からも確認可能です。オートセーブ対応の他、セーブデータの数もオリジナル版から追加されています。

 さらに、PS4/PS Vitaはクロスセーブに対応。Xbox One/Windows10はクロスセーブ・クロスバイ対応となっています。

※ゲーム画面はすべて開発中のPS4版のものです。 © 1995, 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Planned & Developed by ArtePiazza ILLUSTRATION: TOMOMI KOBAYASHI

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  52枚

Writer info

電撃オンライン

未入力

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

マックス★ガールズ

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

ゲーム PC アクション イベント その他 声優 アニメ その他 お知らせ スマートフォン ファイナルファンタジー Nintendo Switch アドベンチャー 格闘 Vtuber 育成 シミュレーション 連載 インタビュー Xbox One

Pick Upピックアップ