ゲーム★マニアックス

放送時間

毎週土曜 夜
11:30~12:00

一部を除き隔週更新

【ボードゲームレビュー】『トランスアメリカ&ジャパン』線路をつなげるだけ! 誰でも遊べる簡単ルール!

『トランスアメリカ』は数々のアワードを受賞!

まずは『トランスアメリカ&ジャパン』の基本情報をまとめておく。

まず2002年にドイツで『トランスアメリカ』が発売された。鉄道を題材にしたボードゲームで、発売されるやその年のドイツ年間ゲーム大賞ノミネート、ドイツゲーム賞2位と、ボードゲームファンから大きな支持を得た。日本ではメビウスゲームズが日本語マニュアル付きの輸入版を販売していたが、ここ何年かは入手が困難で、購入しようと思ったら中古を探すしかなかった。

そんな『トランスアメリカ』をグループSNE/cosaicがパッケージやコンポーネントデザインを一新して、正式な日本語版として発売。しかも、この日本語版で初となる日本マップも収録した『トランスアメリカ&ジャパン』とその中身もパワーアップしたものとなった。




ここでちょっぴり個人的な話をしておく。

筆者は『チケット・トゥ・ライド』シリーズが大好きだ。入手可能なものはおおむね手に入れているし、いまや中古価格で1万円以上する『チケット・トゥ・ライド:メルクリン』ももちろん持っている(まだ安く手に入る時期に買った)。

そんな流れでいつのまにか鉄道を題材にしたゲームは気になってしまい、『ロシアンレールロード』『グレートウェスタントレイル』『路面電車』と、鉄道ゲームを積極的に買うようになった。そうしたゲームをいくつか遊んでみて、筆者は確信した。

「鉄道ものにハズレなし!」

『チケット~』シリーズ以外はそんなたくさん遊んだわけでもないが、いまのところはハズレがない。なので、ボードゲームの新作コーナーで本作を見かけたときは「あ、買わなきゃ」とサッと手にしてレジに直行したのだった。

手番でやることは「線路コマを置く」、それだけ!

まずは箱を開けてみよう。コンポーネントを並べるとこんな感じだ。



▲ゲームボードは片面がアメリカマップで……

▲もう一方が日本マップになている


6色のコマや、目的地が書かれたカード、線路コマ、ゲームボードなどが入っている。マニュアルは4ページで実質ルールが書かれているのは2ページ程度。冒頭にも書いた通り、ゲームそのものはそんなに難しくない。というか簡単だ。小学低学年でもすぐ覚えられる。

「黒い棒の"線路コマ"を、ゲームボード上の線に合わせて置く」

置ける場所に一定のルールはあるが、基本的に手番にできるのはこれだけ。なので恐ろしくスピーディーにゲームが進む。


▲手番でできるのは、線路コマを2個置くアクションをするだけ。つないだ線路コマが自分のスタートコマとつながっていれば、どこにどう置いてもいい

▲盤面に白2本線が書かれたところに線路コマを置く場合は、1回の手番時に1本しか置けない。


ラウンド開始時、プレイヤーは5色の目的地カードから色別に1枚ずつ、合計5枚受け取る。色別になっているのは、おおまかな目的地エリアとなっている。アメリカマップであれば、西海岸が緑、東海岸がグレー、北部が青、中央部が黄色、南部が赤だ。



▲目的地カードの色は、ゲームボード上の都市の色に対応している


各自、目的地カードとにらめっこしつつ(非公開情報)、スタートコマをゲームボード上に配置する。ルール上は線路の交点であればどこでもいいのだが、基本は配られた目的地カードのうちどれかに置く、となるだろう。

▲目的地カードを確認しつつ、プレイヤーごとにスタートコマ(円柱)を置く場所を決定、そこから各自線路コマを伸ばしていく


ラウンドは手番時に前述のとおり線路コマを置くだけ。最初に置いた自分の都市につながっていれば、どう置いてもいい。これを順番に繰り返して、配られた5つの目的地を線路でつなげることができたらそのプレイヤーがラウンドの勝者となる(あくまでラウンドの勝者であって、ゲームの勝者ではない)。

ある程度のカード運はあるが、基本的にはマップ全体に行き渡るように線路をつなげていくし、ラウンドごとに目的地はすべて配り直しになるので、運もある程度は均等に割り振られているはずだ。

▲配られた5枚がどんな位置かをチェック(赤丸印のところ)。どこからどうつなげていくか……!?


5カ所全部つなげられた人が4点を獲得し、他プレイヤーは足らない線路数によって3、2、1、0点を加点。ここで目的地カードはすべて戻し再びシャッフル、スタートコマ・路線コマもすべてゲームボード上から回収して、また最初からラウンドをスタートさせる(ラウンドをまたいで線路コマを流用することはしない)。

こうして何ラウンドか繰り返し、誰かが13点以上獲得すればゲーム終了、最高得点者がゲームの勝者となる。


▲ゲームボード上部に勝利点トラックがある。汽車コマは得点を表すために使用する

次のページ : 線路をつなげるだけでなぜ楽しいのか

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  14枚

Writer info

松井ムネタツ

家庭用もアーケードもPCもスマホもeスポーツもアナログも、ゲームと名の付くものなら...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

マックス★ガールズ

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

ゲーム アニメ イベント PC アクション その他 Nintendo Switch 声優 その他 スマートフォン 育成 連載 お知らせ アドベンチャー Fate Xbox One グランブルーファンタジー 格闘 インタビュー シミュレーション

Pick Upピックアップ