ゲーム★マニアックス

放送時間

毎週土曜 夜
11:30~12:00

一部を除き隔週更新

『龍が如く』シリーズ最新作『龍が如く7 光と闇の行方』メディア向け発表会開催! 発売は2020年1月16日!

新作トレイラーも公開

▲名越稔洋総合監督

登壇した『龍が如く』シリーズ総合監督の名越稔洋氏(以下、名越氏)が「シリーズの中でも分岐点となる作品の発表と言うことで、私自身緊張感もあるんですけど、まずは映像の方をご覧ください」と語ると、会場の大型プロジェクターに新作のトレイラーが流れ始めた。


新たな主人公「春日一番」はソープランド生まれのソープランド育ちという特殊な生い立ちの持ち主。荒川組組長の荒川真澄を実の父親のように慕っていたが、ある日兄貴分の身代わりとなって出頭し、18年の懲役生活を経て出所してきたが、別人のように変貌していた真澄により銃を向けられるというショッキングな展開から『龍が如く7』はスタートする。

名越氏は春日一番は桐生一馬とは異なるタイプの主人公だと語り、『ドラクエ』が好きで作中でも口にしているが、これについては堀井雄二さんにお願いしてスクエア・エニックスさんから許可をいただいているそうだ。

▲春日一番役の声優、中谷一博さん


次に登壇したのは春日一番役の声優、中谷一博さん。収録について尋ねられた中谷さんは「とにかく大変だった」と笑顔で回答。さらには以下のように思いを語った。

「主人公ということで台詞と登場シーンが多く、言葉のひとつひとつの重みも違いました。僕自身も偉大な作品に関わらせていただくプレッシャーもあって、長い期間収録に携わらせていただいたんですけど、今映像を拝見させていただいて、感無量と言うか報われた気がします。また春日一番を演じたくなりました」

これを聞いた名越氏は「臨時で台詞を追加するたびにスタジオにきてもらっていたのですが、これは桐生一馬もそうでした。最初から桐生一馬という人格があってそれに沿ってレールの上を走るようにやっていたわけではなく、紆余曲折あって、整理してやりなおしたというのがあったので、今回も同じようなプロセスだったという意味ではえらく大変だったと思います」と苦労をねぎらっていた。

次のページ : 『龍が如く7』の登場キャラクターたち

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  13枚

Writer info

早川清一朗

ゲーム&シナリオ&esportsライター。人生に必要なのはお酒とバトルテックとこの胸のと...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

マックス★ガールズ

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

ゲーム イベント Nintendo Switch 声優 アクション アニメ その他 PC スマートフォン 連載 Fate その他 育成 スポーツ お知らせ 実況パワフルプロ野球 取材 東京ゲームショウ パズル ドラゴンクエスト

Pick Upピックアップ