ゲーム★マニアックス

放送時間

毎週土曜 夜
11:30~12:00

一部を除き隔週更新

【ボードゲームレビュー】『ハンザの女王』 カード2枚のうち、どちらかを選ぶだけなのに悩ましすぎる!

あれもこれもとたくさんある最終得点計算


こうして3ラウンドが終わったらゲームも終了。まずラウンド終了時の得点計算をする。ここで終わり……ではなく、最後に「最終得点計算」をする。

まず、裏でプレイしたカードもすべて表にしてカードの数値を合計、もっとも多い順から点が入る。

さらに貿易船カードの枚数が多い順に入る点、要人(人物)カードの種類によって入る点(8種類すべて持っていれば72点ゲット!)、同じ種類の要人を2枚以上持っていればもらえる点……と、これらの点が最後にドカーンと入ってくる。

最終得点は言わばボーナスのようなものだが、「要人をそんなにたくさん揃えていたの?」なんて展開になって、一気に逆転する可能性も秘めている。

▲サマリーカードの裏表。ラウンド終了時やゼーム終了時の得点が書かれている


何度かプレイしてみて思ったのは、得点計算がやや複雑なため、何がどう得点になっていくのか初プレイ時は忘れがち。サマリーカード(得点早見表)があるので、ラウンド間などにみんなで指さし確認すれば、忘れることも減るだろう。

最初のほうで書いたとおり、本作のプレイ中はたった2枚の手札からどっちを出すか、出すなら表か裏か、これだけを繰り返すゲームだ。それだけなのだが、いかに得点を伸ばしていくかを考え出すと悩みが止らない。ちょっと複雑めな印象もあるが、ライトなカードゲームしかプレイしたことな人にこそ、中量級ゲームの入門として遊んでほしい1本だ。



【ハンザの女王 THE QUEEN OF HANSA】
■作者:畠山大
■アートワーク:クレメンス・フランツ
■プレイ時間:約45分
■プレイ人数:2~4人
■価格:3000円(税別)
■発売元:ホビージャパン

©2019 HobbyJAPAN Co., Ltd. All Rights Reserved.

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  14枚

Writer info

松井ムネタツ

家庭用もアーケードもPCもスマホもeスポーツもアナログも、ゲームと名の付くものなら...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

マックス★ガールズ

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

ゲーム PC アクション イベント その他 声優 アニメ その他 お知らせ スマートフォン ファイナルファンタジー Nintendo Switch アドベンチャー 格闘 Vtuber 育成 シミュレーション 連載 インタビュー Xbox One

Pick Upピックアップ