ゲーム★マニアックス

放送時間

毎週土曜 夜
11:30~12:00

一部を除き隔週更新

【レビュー】『仮面ライダーW』ファン必読の一冊!『風都探偵』

2009年から2010年まで放映された『仮面ライダーW』に続編が存在していることを知っているだろうか?
放送終了後も、劇場用映画やVシネマなどで後日譚が語られてきた同作だが、放送終了から8年が経過した昨年、正当続編となる漫画『風都探偵』が刊行されたのだ。
ここでは、そんな『風都探偵』の魅力を紹介しよう!

『仮面ライダーW』とは?

https://www.imdb.com/title/tt1483620/mediaviewer/rm402467840?ref_=ttmi_mi_all_sf_4

2009年という2000年代も終わりを迎え、新たな時代へと向かおうとしていたこの時期に、放送開始となったのが『仮面ライダーW』。
二人で一人の「仮面ライダー」という前代未聞の「仮面ライダー」の登場に人々は驚いた。

そのストーリーは、架空の街・風都が舞台。
気持ちの良い風の吹くこの街で、失踪したボスの跡を継ぎ、「鳴海探偵事務所」を営んでいる左翔太郎(桐山漣)は、相棒で謎に包まれた青年・フィリップ(菅田将暉)と共に、街で蔓延る「ガイアメモリ」による怪事件を「仮面ライダーW」へと変身し、解決へと導くのだった・・・というもの。

主人公の仮面ライダーは一人なのだが、主体となる左翔太郎とフィリップの意識がシンクロし、2人で1人の仮面ライダーとなるのだ。
また2本のガイアメモリをベルトに装填し、様々なタイプに変身できるというのも斬新で、左と右で異なるメモリを装填できるため、フォームチェンジが無数に存在するのだ。
この革新的なフォームチェンジはのちの「仮面ライダー」シリーズに大きな影響を与え、可能性を広げる結果をもたらしたのである。

主人公はハードボイルドに憧れる探偵ということもあり、劇中の雰囲気はハードボイルドな空気が充満しているのだ。
この少々時代錯誤な雰囲気がまた本作を面白くしている要因で、大人が観ても楽しめる仕様になっている。
これらの設定が推理物としての魅力も醸し出しており、非常に面白い!

また、「平成仮面ライダー」という枠組みではあるものの、「昭和仮面ライダー」へのオマージュも組み込まれた作品であり、敵は街を牛耳る「とある組織」であるという部分や街を守るヒーローは「仮面ライダー」であるといった描写が成されており、日本中の「仮面ライダー」ファンの胸を熱くしたのもまた事実である。

次のページ : 『風都探偵』あらすじ

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  3枚

Writer info

かげろうお銀

その昔、ファミコンを手に取った時から、ゲーム好きになりました。 現在は、PS4、Nin...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

マックス★ガールズ

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

ゲーム アニメ イベント アクション PC 声優 スマートフォン 連載 アドベンチャー Nintendo Switch その他 その他 育成 Steam Xbox One Fate 格闘 ファイナルファンタジー インタビュー ポケットモンスター

Pick Upピックアップ