ゲーム★マニアックス

放送時間

毎週土曜 夜
11:30~12:00

一部を除き隔週更新
人気

去りゆく『ドラゴンズドグマ オンライン』に向けて ~左手に残る『DDON』の記憶~

ぼっちでも楽しめた!ポーンとともに駆け抜けたレスタニアの大地

自分がDDONを始めた理由は、ぶっちゃけ仕事きっかけ。シリーズの原点である『ドラゴンズドグマ』は楽しくプレイしていたので、「『DDON』の連載しない?」との編集者からのオファーに二つ返事でオーケーでしたのが最初だった。


記事作成のためプレイに着手したのは、シーズン2が終わりを迎えようとしている2017年の初夏と、結構遅め。

サービス開始当初はいろんな“かみ合わせの悪さ”を嘆くユーザーの声もあったようだけど、自分が始めたときにはリファインが済んで、快適にプレイができるようになっていた。

「今時珍しい、骨太な(和製)ハイ・ファンタジーもの」
「カプコンお得意の小気味良く戦えるアクション性」
「壮大なBGMとバトルの気持ちよさをもり立てた効果音」

などなど、自分の中でのDDONの評価点はたくさんある。中でも一番ありがたかったのが“ソロでも十分楽しめるオンラインゲーム”なことだった。

無論、ほかのプレイヤーとパーティーを組んだほうが効率的ではあるのだけれど、正直「人とのコミュニケーション」がつきまとうオンラインRPGが苦手な自分としては、自己判断で戦闘をヘルプしてくれるポーン(戦徒)というシステムは非常にありがたい存在。

決して賢くはないけれど、何度敵に倒されても立ち上がる姿には、愛着が湧かざるを得なかった(復活させるのは自分だけど)。健気に頑張るポーンとともに冒険してきた時間は大切な思い出だ(いや、まだサービスは終わってないけど)。

とはいえ、エクストリーム/ウォーミッションなどほかのプレイヤーとの共闘が前提のイベントでは、凄腕覚者の立ち回りの賢さに感激もしたので、少しはオンラインゲームアレルギーが解消されたかもしれない。つまるところ、“ぼっちプレイヤー”の自分にもちょうどいい温度なオンラインゲームであったな、と。

次のページ : 『DDON』の思い出は左スティックの押し込みとともに

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  6枚

Writer info

馬波レイ

ゲームとプロレスと富野アニメがあれば大体オッケー。

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

マックス★ガールズ

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

ゲーム イベント アニメ アクション PC 声優 スマートフォン Nintendo Switch その他 恋愛 Fate コール アドベンチャー スポーツ 育成 その他 格闘 シューティング 連載 シミュレーション

Pick Upピックアップ