ゲーム★マニアックス

放送時間

毎週土曜 夜
11:30~12:00

一部を除き隔週更新

【VTuber紹介】勢いだけで生きている!脊髄反射のマシンガントーク! 葉山舞鈴を見ろ!!

完全なる油断。死角から殴りかかる葉山。


一部のVTuberオタク界隈で語り継がれている伝承がある。

「声がカワイイVTuberは安心しろ。声が普通のVTuberは用心しろ」

というものである。コレは声がカワイければ十分それだけで採用する(にじさんじは面接でVTuberを選んでいるぞ!)に足りるので、中身もさほど危険なことは少ない。

しかし! 声が普通な場合は、声以外の部分に確かな"ナニか"があることが多い。例を挙げるならば、月ノ美兎(ごめんなさい)、鈴鹿詩子(ほんとにすみません)、郡道美玲(は、謝らなくてええか? いや一応謝っとこ、すんませ)あたりは声が好き!とかよりも、どちらかといえばその中身や行動に惹かれているファンが多いように思う。

その点、葉山舞鈴は声がわりかしカワイイのである! なので完全に油断しきっていた!
配信ハッシュタグが「#生け捕り町おこし」に決まったあたりで気づくべきだった。同期をいきなり「バクニュー・センシティブ」よばわりした時点で引き返すべきだった! みんなはここで引き返すんだ、逃げろ!!



葉山はね、脳みそと口が直結なんだ。とてもはやいんだ。


さて、葉山舞鈴のいったいどこがそんなにやべぇのか。

それは「考えたことを発言するのに、まったくブレーキがない」というところ。

普通の人間なら「あー、これは言ったらやべぇかもな」と思ったら、一瞬踏みとどまってマイルドな表現にしたりするだろう。一部の人間は「ヤベ!」と思っても「まぁ、ええやろ!」と踏み込む人もいるが、葉山はそれとも違うのだ、まず「ヤベ!」が遅い。

ヤベッと思ったときにはちょっと出ちゃってる。何て言おうとしたのかまるわかりなレベルにきて、やっと葉山は気づくのだ。それぐらい脳で考えてから言葉になるまでが早い。故にとんでもねえ名言が生まれるのが、葉山節である。

そんな葉山節を感じられる動画を1本紹介しよう。

▲少し再生すると音がクソデカくなるので注意


初めてのゲーム配信なので、自分の声とゲーム音声のボリュームバランスが悪かったため、リスナーと相談しながら音量調整するシーン。

最初こそ「30はデカいですか? 20はどうですか?」と真摯な対応をしていた葉山だが、リスナーがボリューム15を求めた瞬間に「15がいいんですか? 若いのが好きなんですね……若いの…このロリコン野郎!」と突然頭をカナヅチで殴るようなトークに多くのリスナーがヤられた。

その他この配信だけでも「このゲームはステージを進めるごとに新しいワザを覚えていくよ!」というのが説明したかった葉山だが「ステージを進めるごとにステージから技が飛んでくる感じです」と、あまりにもパワフルな言い方になったり、「酔ったら葉山が回ってる方向と同じ方向を向いて回ってみてください」と画面を見て3D酔いしたリスナーに対して、あまりにも斬新な解決方法を進言している。


でも勘違いしないでほしい。葉山のスゴいところは「配信をすれば名言が生まれる」ところではない。配信中「ずっとこんな感じ」というところである。たまにネジが外れる人はいるかもしれないがネジが外れっぱなしな人はそうはいない。全身で葉山の“勢い”を感じろ!!

次のページ : 最後に個人的オススメ葉山動画

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  3枚

Writer info

あるかい

Vtuberの動画を1日平均10時間見たり福神漬け作ったりしてるフリーライター。

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

マックス★ガールズ

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

ゲーム イベント PC アニメ 声優 アクション スマートフォン その他 Nintendo Switch お知らせ その他 育成 連載 Vtuber アドベンチャー ドラゴンクエスト 東京ゲームショウ ファイナルファンタジー ポケットモンスター Steam

Pick Upピックアップ