ゲーム★マニアックス

放送時間

毎週土曜 夜
11:30~12:00

一部を除き隔週更新

『グランブルーファンタジー ヴァーサス』クローズドβプレイリポート:『グラブル』格ゲーは、初心者大歓迎の気配!

『グラブル』の美麗なキャラクターたちが、格闘ゲームで戦う魅力

格闘ゲームは、1キャラクターあたりの動作が非常に多いジャンルである。本作に登場する『グランブルーファンタジー』のキャラクターたちは、とてつもない量のモーションとそれを支える美麗なエフェクトで描かれている。オリジナル版で魅力たっぷりに描かれたキャラクターたちに、さらに新しく&細かい動作が与えられていると考えれば、ファンにとってこれほど魅力的なジャンルはないだろう。


▲格闘ゲームならではの技や演出も盛りだくさん。『グラブル』の世界をより拡張してくれる熱いバトルを楽しもう
 

現時点では、まだ本作の全登場キャラクターは発表されていないが、「自分の好きなキャラクター」がいるかどうかが気になるという人もいるだろう。

筆者もそんなプレイヤーの一人で、クローズドβテストに登場しているキャラクターたちは魅力的だけど、自分の”推し”ではなかった。大好きな格闘ゲームとはいえ、最初はちょっと盛り上がらない部分があったのも事実だが、遊んでみてその感想は吹き飛んだ。

登場しているキャラクターたちが、とてつもない熱量で制作されたことがすぐにわかったからだ。

もし、推しキャラクターがいないから盛り上がらないという人がいたら、次に機会があれば食わず嫌いをせず、ぜひ遊んでみてほしい。自分の知らない、キャラクターの新たな魅力にも気づけるかもしれないし、もしそうして製品版が多くの人の手に渡るなら、推しキャラクターも続編や、バージョンアップなどで加わるかもしれないのだ。


▲キャラクターの動きを見ているだけでも楽しめてしまう作り込み

格闘ゲーマーならすぐにしっくりくる操作

本作を遊び始めてすぐ気づくのは、その手触りの良さだ。格闘ゲームに慣れている人であれば、すぐに熱い対戦を楽しむことができる。

必殺技コマンドは、2D格闘ゲームでおなじみのものが多く、攻撃に使うボタンは弱、中、強、特殊技の4種類。

投げはL1ボタンか□と×の同時押し、中段攻撃のオーバーヘッドアタックはL2ボタンか△と○の同時で繰り出せる。ひとまずこのあたりの仕組みさえ理解すれば、どのキャラクターも快適にプレイすることができた。


▲格闘ゲームビギナーにもなじみやすいようなかんたんな操作が多い
 

守りのシステムにはちょっと癖があり、方向キーやレバー後方入力でガードできるのは他の2D格闘ゲームと同じだが、本作にはボタンガードも採用されている。

さらに、ボタンガードと方向キーの組み合わせで避けや回り込みが行えるので、簡単に組み立てられる強力な攻めを、いかに防御システムを駆使していなすかというのが、クローズドβテストのひとつのやり込み要素となっていた。

シンプルな基本戦術に、固有能力のアビリティを絡めて戦う面白さ

本作の攻めは、しゃがみ弱攻撃などの下段攻撃と、その対の選択肢となる投げや中段のオーバーヘッドアタックを使い分けていくのが、全キャラクター共通の基本戦術となる。

クローズドβテストに登場したキャラクターはすべて、この基本に沿って戦えば、ある程度の強さを発揮できるようになっていた。しゃがみ弱→しゃがみ弱→しゃがみ弱といった形で、連続ヒットする下段連係を組み立てられるので、対戦ではこの攻めが流行していた。

この下段連係は、キャラクターによっては若干の目押しが必要なため、格闘ゲームに慣れたプレイヤーであれば、地味ながらちょっとテクニカルな要素で心地よかったという人も多いだろう。


▲しゃがみ弱→しゃがみ弱は目押しで連続ヒットするうえ、動こうとする相手にヒットするためクローズドβテストの基本戦術となった
 

本作では、格闘ゲームにおける必殺技を”アビリティ”と呼称する。アビリティはキャラクターによって多様に見た目や性能が分かれており、先に紹介したわかりやすい攻めや、立ち回りのアクセントとなってくれる。

本作のアビリティには、原作である『グランブルーファンタジー』にも存在するアビリティの“使用間隔”をクールタイムと呼称しており、アビリティ使用後のクールタイムが完了するまで再使用できない。

このシステムを文面だけでとらえると、必殺技が連発できないゲームは爽快感がないのではと思う方がいるかもしれないが、プレイするとその疑念はすぐに吹き飛ぶ。アビリティはR1ボタン(+方向キー)で簡易的に発動できるのだが、本作でテクニカル入力と呼ばれるコマンド入力で発動したアビリティはクールタイムがかなり短く設定されており、βテストでは連発できるといってもいいくらい気にせずにアビリティを使用できた。

本作における強版の必殺技はアビリティ+(プラス)と呼ばれており、他の格闘ゲームのスラングで言うところの”EX”や”強化”版という位置づけで、こちらはクールタイムが長めとなっていた。


▲体力ゲージの下にあるアイコンが、アビリティを示し、暗くなっているものはクールタイムが完了してないことを示す
 

試合開始直後から強力な技を打てる爽快感は、他のゲームではなかなか得られない。筆者がクローズドβまわりで最も惹かれたシステムは、このクールタイムである。

ちょっとマニアックな話をすると、本作のアビリティのクールタイムは、相手にガードさせた時点で始まるものが多い。つまり、空ぶりではクールタイムの開始がほんの少し遅れるため、同じ技を連発しにくくなる。

そのかわり、ガードさえさせればクールタイムがそこから始まるので連発することができる。飛び道具ではこの仕様が絶妙に機能しており、飛び道具をガードせず回避すればクールタイム開始が遅れるため、次の飛び道具を恐れる必要がない時間が生まれる(飛び道具は、ガードした時点か、画面外に消えた時点でクールタイムが再開されているものが多い)。

いわゆる”待ち”に緩急をもたらす仕組みとして、非常に優れたシステムなのだ。


▲アビリティのクールタイムは、ストレスのない絶妙な待機時間で設定されている

『グランブルーファンタジー ヴァーサス』の手触り

古き良き2D格闘ゲームの経験が活きるゲームだったため驚いた。本作の制作を手掛けているアークシステムワークスの作品は、コアな格闘ゲーマーでも初見ではなかなか完走できない連続技が多い。そのぶん練習しがいはあるのだが、初心者という立ち位置で作品を見たとき、ちょっとハードルが高く感じる人もいるだろう。

しかし本作の場合は、格闘ゲームの基礎的な操作ができれば、だいたいの実戦で使う連続技は完走できる。キャラクターの動きもわかりやすく、空中ダッシュやジャンプキャンセルといった展開の早い攻めがないため、負けたとしても「何が起きているか」がわかりやすい。

じっくりと相手の動きを見て、隙あらば自キャラクタ-の得意とするところを押し付けに行く。シンプルだがこれがとても楽しいのだ。


▲今回のクローズドβテスト参戦キャラクターの中では、一見テクニカルに見えるフェリだが、他のキャラクターとそこまでプレイの難度は変わらない
 

格闘ゲームは初めて遊ぶという『グランブルーファンタジー』のファンが楽しそうにプレイしていたのもとても印象的だった。アビリティのコマンドを方向キー1方向とアビリティボタンで繰り出す簡易入力で、すぐに大技を楽しめるのも親切。

この手の、やや難度の高い必殺技コマンドを簡単にするシステムは多くの場合ビギナーモード的に用意されているのだが、本作の場合は従来の必殺技コマンドで操作するモードの中に同居させることに成功している。

上級者でも、かんたん入力でアビリティを出してもいいし、初心者が慣れてきたらテクニカル入力(コマンド入力)でアビリティを繰り出してもいいのだ。かんたん入力には、クールタイムが若干長いなどのデメリットも存在するが、短いコマンドで繰り出せるというメリットは時にそれを上回る。うまく使いわけられるようになれば、今までの格闘ゲームにはないプレイフィールが生まれそうだ。

今回はクローズドβテストということで、発売日まではまだしばらく時間がありそうだが、手触りは現時点でも素晴らしく良好だ。個人的な要望を言うと、今回はしゃがみ弱を目押しでつないで攻めを組み立てるキャラクターが多かったので、今後の登場キャラクターにはまた違ったタイプの攻めをもたせてほしい。

今回のクローズドβテストのアンケート結果などを受けて、製品版の発売までまだまだ進化していくことが予想される。格闘ゲームの新しい波となりそうな『GBVS』から今後も目が離せない。


文●ライター:ニシゾノ、浅葉たいが

『グランブルーファンタジー ヴァーサス』公式サイト

© Cygames, Inc. Developed by ARC SYSTEM WORKS

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  9枚

Writer info

ゲーム★マニアックス編集部

ゲーム★マニアックス編集部です。ゲームに関する楽しいニュースや記事をお届けします...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Vプリカプレゼント

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

アクション アニメ PC その他 ゲーム 育成 格闘 声優 スマートフォン その他 ゴジライン インタビュー アドベンチャー ファイナルファンタジー イベント ニンテンドー3DS 恋愛 リズム モンスターハンター 連載

Pick Upピックアップ