ゲーム★マニアックス

放送時間

毎週土曜 夜
11:30~12:00

一部を除き隔週更新

【ゲームレビュー】『PC Building Simulator』 バーチャルな自作PCを組み立てられる!

自分のPCショップを経営していこう

ゲームモードはいくつかあるが、メインとなるのは“キャリアモード”。主人公は叔父から自作PCショップを受け継いだばかりで、顧客のオーダーにどんどん応えてショップを大きくしていくことが目的だ。

仕事の依頼はメールで届き、達成できそうならば“受託”を選択。すると依頼を受けたことになり、顧客からパソコンが送られてくる、という寸法だ。


▲自作PCショップと言ってはいるが、店舗型ではなく、自宅のガレージで作業をするようなタイプ。パーツの販売ではなく、パソコンの修理や構築が主なお仕事である
 


▲作業場にあるパソコンでメールをチェック可能。こんな感じで、顧客からさまざまな依頼が送られている
 

依頼の内容は、コンピューターウィルスの駆除やパーツのアップグレード、故障したパーツの交換など多岐にわたる。パーツ交換など実費がかかる依頼内容では顧客の予算も指定されているため、予算内でやりくりしなければならないワケだ。

では、実際の作業を詳しく見ていこう。最初の依頼は、コンピューターウィルスの駆除だ。送られてきたパソコンをデスクに置いたら作業スタート。まずは電源ゲーブルやキーボード、マウスなどのケーブル類をしっかり接続。またソフトが入ったUSBメモリーもつなげておこう。


▲パソコンの背面にケーブル類を接続していく。プレイヤーは実際にケーブルと接続口をクリックして作業しなければならない
 

パソコンの電源を入れるとOSが起動するので、USBメモリからウィルススキャンソフトをインストールし、実行。顧客の話通りにウィルスがたくさん見つかったので、駆除を選択する。これで今回の依頼は完了だ。

作業が終わったパソコンは廊下に置くと梱包され、出荷待ちの状態になる。あとはパソコンでメールを開き、“受け取る”を選択すると、報酬を受け取れるワケだ。また廊下に置いたパソコンは自動で配送される。


▲ウィルススキャンソフトのインストールや実行、ウィルス駆除も、実際にプレイヤーが操作して行う必要があるため、大変リアル
 


▲ウィルス駆除が無事に成功すると、報酬をもらえる。こうしてお金を稼いでいくワケだ
 

もうひとつの例を見てみよう。今度はグラフィックカードが燃えたので交換してほしい、という依頼だ。メールに細かい要望が書かれていることもあるため、しっかりチェックしておきたい。今回は“Shean GeForce GTX 970 GAMER”以上のものをご要望だ。

さて、主人公のお店は余分なパーツなどはないため、パーツの交換や増設を求められた場合は、オンラインショップでパーツを購入する必要がある。このとき、配送方法を選択できることに注意。簡単にいうと、早く届くものは送料が高くなり、遅くなる場合は安い送料で済む。

日数に余裕がある場合は送料を安く済ませたいところだが、到着を待っている間にも次々と新しい依頼が来るため、届いたときにはどのパソコンに使うパーツなのか忘れてしまった、なんて混乱することが多々ある。個人的には翌日に届く30$の配送がバランスもよくて気に入っている。


▲新たな依頼はグラフィックカードの交換。メールの“目的”にパーツの詳細が記載されていることも


▲別途パーツが必要な場合は、ネットショップで注文する必要がある。注文を確定する前に送料と到着日時を確認するのは、現実と同様に大切。いくつ買っても送料は変わらないため、まとめ買いも節約のテク
 

注文したパーツが到着したら、さっそく交換だ。パソコンをデスクに置いたら、“削除”を選んでケースのサイドパネルを選択。パネルを止めているネジを長押しして外し、パネルを取り除こう。同様にグラフィックカードも外し終えたら、新しいカードを接続。今度は逆の手順でカードをネジで固定し、サイドパネルをはめて固定しよう。


▲パーツの交換など物理的な作業が発生する場合は、パーツの装着はもちろん、ケースパネルの開け閉めや、ケーブルの接続までもを、実際の作業と同じように行う必要がある
 

物理的な作業が終わったら、起動チェック。マウスやキーボードを接続し、無事に起動できたら依頼は完了だ。先ほどと同様に廊下へ運び出し、メールで報酬を受け取ろう。

このように、パーツ交換が発生する依頼は、ネジから自分で操作して外す必要があるほど、細部まで作り込まれている。HDDやCPUクーラーの場合はケーブルもしっかり接続する必要があるため、少々面倒なほどだ。だが、このめんどくさい作業も自作PCの醍醐味のひとつで、そこをしっかり味わえる作品に仕上がっている。

加えて、ケーブルを挿す場所を間違えたり、CPUクーラーが硬くてはめ込めない、といった現実で起こりうるやっかいなトラブルは発生しないため、パソコンを組み立てる楽しい部分だけ味わえるのは、大きな魅力と言えるのではないだろうか。


▲パソコンを掃除する依頼も。エアスプレーでホコリを吹き飛ばし、ピカピカにしよう
 


▲メインメモリの増設は、メモリを固定しているメモリクリップを開いてから取り外す必要がある。CPUクーラーが干渉して外せない場合は、先にクーラーを取り外す、なんてケースも
 

さて、このように依頼をこなして画面右上のゲージがいっぱいになるとレベルアップ。ショップの品揃えが増えたり、お店の設備強化が解禁され、できることがどんどん増えていくワケだ。

さらに、レベル3からは顧客の評価といった要素も登場。依頼に応えるのはもちろん、顧客が好きなメーカーのパーツを使ったり、依頼内容にはないウィルス駆除などを行ってあげると、評判はどんどん上昇していく。一部の依頼は、この評判が一定以上でなければ受けられないものがあるため、しっかり意識して上げていきたいパラメーターだ。何より感謝されると嬉しいものだし。


▲レベルアップすると、オンラインショップの品揃えが増えていく
 


▲レベル3以降は顧客の評価も気にする必要がある。メールの文章をしっかり読み、できる限り依頼に応えてあげよう
 

ここで本作のもうひとつの魅力を紹介しよう。先ほど文中でサラッと出た“GeForce GTX 970”が気になった人もいると思う。そう、本作では実在するPCパーツが多数登場するのだ。IntelやAMD、NVIDIAなどの主要半導体メーカー、ASUSやGIGABYTE、MSIといったパーツメーカーの商品を、仮想ではあるが使用できるのだ。そのためリアリティは非常に高く、自作PCを構築している気分を1段階も2段階も引き上げてくれる。

ちなみにパーツだけではなく、ベンチマークソフトとして有名な3DMarkも登場。ゲーム内で組んだパソコンにインストールし、ベンチマークを計測することもできる。


▲ゲーム内で組んだパソコンで、ベンチマークソフトを動かすことが可能。しかも、かの有名な3DMarkだ


▲“起動チェッカー”というソフトを使うと、ソフトの最小環境と推奨環境、そのPCで起動できるかどうかを調べられる。こちらも実在のソフトがズラリ

もっと自由に自作PCを楽しむ!

“キャリアモード”以外についても触れておこう。“PCの構築について”というモードでは、自作PCの組み立てかたを実践形式で学べる、いわば自作PCのチュートリアルモード。“キャリアモード”ではパーツ交換の依頼が来たとき、どのような順でどのパーツを外すのか、どのケーブルをつなげるのか、といったことは表示されないため、いきなり戦場に放り込まれるようなものだ。

自作PCに詳しい人ならそのまま遊べるが、そもそも自作PCの組み立てかたや、各パーツの役割などについて明るくない人は、まずこちらのモードで基本的な情報を学んでおくのがいいだろう。


▲自作PCの組み立てかたや各パーツの役割など、自作PCの基本を学べる“PCの構築について”モード
 

“フリービルド”モードは、本作に登場するパーツを使って、自由にパソコンを組み立てられる、という内容。現実では手が出せない超高級パーツばかりで構成されたウルトラハイエンドPCを組んでみたり、これから購入するパソコンの予習として構成を練り込んでみたりと、色々な遊びかたが可能だ。

自作PCを題材にした唯一無二のゲーム内容で、さらにパソコンを組み立てる楽しさもしっかり再現されている本作。とくに“キャリアモード”は依頼という形で行うべき目標が提示されており、使えるパーツが徐々に増えていく、日数にも気を配る必要があるなど、PCいじりをゲームとして楽しめるように昇華されている。

自作PCが趣味の人はもちろん、興味がある人も自作に触れる第一歩としてオススメだ。


▲パーツを自由に組み合わせて自作シミュレーションを楽しめる、“フリービルド”モード。最新のRTX 2080シリーズもバッチリ登場!


文●板東篤

PC Building Simulator

ジャンル:シミュレーションゲーム
プレットフォーム:PCゲーム
通常価格:2050円(税込)
開発元:The Irregular Corporation
配信元:DMM GAMES

DMM GAMES『PC Building Simulator』ダウンロードサイト

Copyright © 2018 The Irregular Corporation

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  23枚

Writer info

ゲーム★マニアックス編集部

ゲーム★マニアックス編集部です。ゲームに関する楽しいニュースや記事をお届けします...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Vプリカプレゼント

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

アクション アニメ PC その他 ゲーム 育成 格闘 声優 スマートフォン その他 ゴジライン インタビュー アドベンチャー ファイナルファンタジー イベント ニンテンドー3DS 恋愛 リズム モンスターハンター 連載

Pick Upピックアップ