ゲーム★マニアックス

放送時間

毎週土曜 夜
11:30~12:00

一部を除き隔週更新

これから始める『ドラゴンズドグマ オンライン』(39):シーズン3.4の新要素をチェック②

足を踏み入れる度に出現する敵が変化する“黒呪の迷宮”。その高難度版とも言えるのが、今回解説する“黒呪の迷宮 深淵”だ。その入り口は、黒呪の迷宮 入り江の拠点から左に進むとある。

ちなみに、基本的な仕組みはこれまでの黒呪の迷宮と変わらないので、プレイしたことがない人は本連載の過去記事に目を通してほしい。


▲これまで見たことがない様子のダンジョンも


・これから始める『ドラゴンズドグマ オンライン』(31):黒呪の迷宮に挑戦しよう! その1
・これから始める『ドラゴンズドグマ オンライン』(32):黒呪の迷宮に挑戦しよう! その2
 

さて、黒呪の迷宮 深淵が今までの黒呪の迷宮と異なるのは、主に以下のポイント。

・ダンジョンが4層ある
・覚者とポーンの最大Lv.が55
・宝箱の数が少ない、あるいはわかりにくい場所にある
・ボスを倒すと開放される宝箱から黒呪の耳飾りが出現

カンのいい人は気づいているだろうが、単に難しいだけではなく“死にやすい”のが深淵の特徴。装具やアイテムが現地調達の黒呪の迷宮だけに、宝箱が少なければ装具による能力アップがしにくく、状態異常や体力回復はままならなくなりがちだ。

黒呪の迷宮なので当然だが、復活力がない状態で倒れて「拠点に戻る」を選択すると、装備していた以外のアイテムがすべて失われてしまう。それだけに、復活力の残り回数は非常に大事。階層をクリアするごとに拠点に戻って復活力を最大限まで回復させるなど、慎重すぎるくらいでも十分だ。

とくに次の階層に進んだ直後は、敵とのLv.差もあるので、一撃死することもしばしば。ソロの場合は、敵を倒すのはポーン任せにして、自分は逃げ回るという手段もアリ。


▲どんなにうまく立ち回っていても死ぬことはある。そうなる前提で行動しよ
 

新登場のアクセサリー・黒呪の耳飾りの効果は「ファイターの炎属性ダメージ+7%」といったように、特定のジョブの属性を強化するというもの。ジョブと数値はランダムなうえ、ちぐはぐな組み合わせでは効果を発揮しにくくはある。

しかし裏を返せば、「プリーストの聖属性」のように、ものすごい効果を発揮する組み合わせも存在するということ。自分がほしい組み合わせの耳飾りが出現したら、忘れずにレスタニアへと持ち帰ろう。

 

最後に、階層ごとのボスの攻略ポイントを簡単にまとめておく。

■第1階層:饗宴の主 Lv.11

弱点が雷属性のアルタードズール。魔法を連発するなど手数は増えているが、適正なLv.と装備なら手こずることなく倒せるはず。

■第2階層:死滅都市の悪魔 Lv.26

聖属性が弱点のイビルアイ。地面から生えてくる触手が立て続けに魔法を放ってくるので、優先して倒そう。遠距離攻撃が可能なジョブならば、本体への攻撃は階段の上からだと安全度は高まる。怒り後とダウン後には、石化光線を放ってくるので、必ず避けること。

■第3階層:忌まわしき首領 Lv.50

シャドウ化した黒騎士で、当然弱点は聖。瞬間移動を多用するものの、攻撃そのものはおとなしめ。足を止めたところを狙って攻撃を叩き込もう。体力が減ると、分身を2体呼び出すが、本体を倒せばクリアとなるので無視していい。

■第4階層:堕ちたる者 Lv.55

レオの姿をしたモノ。大振りの一撃さえ食らわなければ、拍子抜けするほどあっさりと倒せる。なお、ほかのボスが出現するとのウワサも……!?

 

といったところで、今回はここまで!


ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)公式ビギナーサイト

ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)公式メンバーサイト

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  9枚

Writer info

ゲーム★マニアックス編集部

ゲーム★マニアックス編集部です。ゲームに関する楽しいニュースや記事をお届けします...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

マックス★ガールズ

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

ゲーム アニメ イベント PC Nintendo Switch その他 アクション シミュレーション 声優 その他 スマートフォン お知らせ 連載 育成 ファイナルファンタジー 取材 東京ゲームショウ Xbox One アドベンチャー 格闘

Pick Upピックアップ