ゲーム★マニアックス

放送時間

毎週土曜 夜
11:30~12:00

一部を除き隔週更新

【ゲームレビュー】『The Painscreek Killings』迷宮入り殺人事件の真相を解き明かせ!

 

まずはあらすじから紹介する。舞台はペインスクリークという田舎町。数年前にあたる1995年、前市長の妻でありキャリアウーマンでもある、ビビアン・ロバーツが殺害される事件が発生した。だが犯人は捕まらず、この不気味な事件によって人々は徐々に町を出て、今は誰も住んでいないゴーストタウンと化した。

そんなペインスクリークの土地が、近々競売にかけられるようだ。ハワードタイムズとしては、それまでにもう一度この事件を取り上げ、真相を究明したい。そこで、新米ジャーナリストであるジャネットに白羽の矢が立った、という流れ……となっている。

プレイヤーはジャネットとなって事件を捜査し、真相判明の記事を作成することが目的となる。


▲舞台となるペインスクリーク。石造りの建物が建ち並ぶ美しい町並みだが、その実態は誰も住んでいないゴーストタウンである
 


▲主人公は新米ジャーナリストのジャネット。物語は終始一人称視点で進むため、自分の姿を確認できる機会はほぼない

ち密に作り込まれたペインスクリークを"隅々まで"探索せよ!

ここからは、ゲームシステムを紹介しながら、ゲームの内容に触れていこう。本作は一人称視点のアドベンチャーゲームで、発見したアイテムや書類、本などを手にとって調べ、それを入手できる。こうして得た手がかりを元に、事件の真相を突き止めていくわけだ。

本作最大の特徴は、ゲーム中にヒントがまったく表示されないこと。

昨今のゲームでは次に進むべき目的地の方向を矢印で教えてくれたり、調べられる対象が光ったりと、あらゆる手段でゲームの進行を手助けしてくれる。しかし本作ではそのようなことが一切なく、純粋にプレイヤー自身の注意力、観察力、推理力だけで、真相に一歩一歩近づいていく。リアルに事件を解決していく感覚を味わうことができるのである。


▲ヒントがないとは言ったものの、ゲーム序盤では多少表示され、操作解説なども行われるので、不親切というわけではない
 


▲日記や記事といった文章情報は丁寧にローカライズされており、元画像の上に日本語を重ねる形で表示される。重要な情報は自動的にジャーナルに保存される


ヒントがないので、次に調べるべきポイントの取っかかりすらつかめないこともあり、本作の難度は高い。しかし、単に歯ごたえがあるゲーム難度というだけでなく、主人公とプレイヤーの一体感を増すことにも一役買っている。

通常のゲームでは、主人公とプレイヤーの理解度は必ずしも一致しない。例えば、ある重要アイテムをゲットしたとき、プレイヤー自身はどう使えばいいのかわからずとも、主人公が「なるほど、これをあそこでこう使えば……!」なんて語ってくれて、ゲームを進められることがある。ゲームの2週目をプレイしたときなんかは、逆にプレイヤーが真相を知っているのに主人公は気がつかず、ヤキモキしてしまう、なんてこともあるだろう。

しかし、本作では主人公は何も語らず、勝手に行動することもないため、主人公との一体感が非常に高い。そのため、よりゲームの世界に没頭できる。この部分はとくに評価したいポイントのひとつだ。


▲ゲームシステムとしてのヒントが存在しないだけで、謎解きのヒント自体はいたるところにある。要はプレイヤーがそれに気づけるかどうか
 

スパイス程度のホラー要素だから、超怖い!

さて、こうして事件を調査していくと、新たな事実が徐々に浮かび上がってくる。ビビアン周囲の人間関係や、この事件以前にペインスクリークで発生した別の事件との関連。さらに、本事件との関連性は不明だが、別件の死亡事故もあったようで……。じつは単純な事件ではなく、複数の出来事が幾重にも絡まり合い、複雑な人間関係が明るみに出て……という、王道の展開が楽しめる。

事実が少しずつ判明していくから、つい先の展開が気になり、プレイを続けてしまう。個人的にはミステリーに明るくないため、本格ミステリーファンが納得する展開かどうかは判断できないが、少なくともいちゲームファンには十分に楽しめるクオリティだった。

個人的に驚いたのは、ホラー要素が盛り込まれていること。基本的には誰もいない町を勝手に探索することのくり返しで、超常現象とは無縁とばかりにゲームは進んでいく。しかし、ホラーを前面に押し出したゲームでなくとも、廃病院は怖いし、誰もいない教会も猛烈に不気味である。BGMもなんだかおどろおどろしく、終始不安をかき立てられる演出が行われている。

そんな中、ごく希に、本当にごく希に、超常現象らしき出来事と出会うことがある。これがもう、予測していなかったぶん本当に怖くて、思わず息を飲み込んでしまったほど。ホラーテイストが前面に押し出されたゲームではないが、夜中に遊ぶ場合は本当に十分注意してほしい。

というわけで、ホラー要素があって没入感バツグン、かなり楽しめるアドベンチャーゲームとなっている。ボリュームも値段以上に感じられ、満足度はかなり高い作品だろう。秋の夜長に……というには少々時期を過ぎてしまったが、ミステリー好きはぜひとも手を伸ばしてほしい作品だ。


文●板東篤

The Painscreek Killings

ジャンル:アドベンチャーゲーム
プレットフォーム:PCゲーム
開発元:EQ Studios
配信元:DMM GAMES

DMM GAMES 『The Painscreek Killings』ダウンロードサイト

© EQ Studios All rights reserved.

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  16枚

Writer info

ゲーム★マニアックス編集部

ゲーム★マニアックス編集部です。ゲームに関する楽しいニュースや記事をお届けします...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

マックス★ガールズ

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

ゲーム イベント アニメ 声優 PC スマートフォン Nintendo Switch その他 その他 アクション お知らせ 格闘 連載 ドラゴンクエスト Vtuber Steam アドベンチャー 育成 Fate 東京ゲームショウ

Pick Upピックアップ