ページトップへ戻る

全文書き起こし ゲーム★マニアックス『Volume』後半 2017.2.18

著者:ゲーム★マニアックス編集部

ゲーム★マニアックス全文書き起こし!今回は2017年2月18日初回放送分を書き起こしちゃいます! 人気コーナー!インディーズ・ジョーズ「Volume」紹介の後半からエンディングまで。文字でもゲーム★マニアックスをお楽しみください!!


「Volume」の動画はこちら


江口:あとは口笛を吹くっていうのが出来るんで、これがこの範囲内に居ると相手が反応してくれると。それを上手く使うっていう手もあるしね。これがオトナール。

渚:オトナール。何だろう?

江口:オトナール。これもう行けないじゃないですか、このまんまだと。

渚:行けなーい。ずっと居る。どうしよう?

江口:これオトナールを使うんです。これね、ピッて押すと、音のする所に反応するでしょう。

渚:音が鳴る!ははは(笑)

江口:そうそう、オトナール。で、ここに隠れーる。

渚:隠れーる(笑)

江口:オトナール、隠れーる、みたいな(笑)そういうリミックも使う。基本的にはその音を鳴らすっていう事と、口笛を吹いて相手を呼び込むのもそうだし、隠れるっていうのが基本かな。昔懐かしい感じもするんですけど~、ギミックもちゃんと、ステージのレイアウトもちゃんと上手く出来ていて秀逸な部分もあったりするんで。これね、絶対クリア出来ない!っていうのもあったりするんすけど。

渚:100個位あるんですよね?

江口:100個はあって。

渚:100個あって。もうじゃあ100個目とかヤバくないですか?

江口:結構、海外のゲーム良くあるりがちなのは、その手前がね、結構スッゲー難しくて。

渚:詰みポイントみたいなのがあって(笑)

江口:このまんま行くと100個目ってスゲーなって思ったら、意外と簡単に終わるんです。

渚:うふふふ(笑)気持ち良く終われるぜって事で(笑)

江口:これ洋ゲーあるあるです。

渚:あはは(笑)

江口:はははは(笑)

IMALU:最後に私からIMALUメモ、紹介したいと思います。ゲーム勉強中の私がですね、学んだ事を発表します!今回のIMALUメモはこちら。ジャン!今のアプリゲームはすごい!!

初音:確かに。

IMALU:やっぱり。まだ私アプリゲームって、余り自分の中で浸透してなくて。ホント去年とかは、凄くもう皆やってたと思いますけど、ポケモンGOとかで~アプリゲーム良く開いてたりとかしてたんですけど。奥行き?

初音:3D感が。

IMALU:凄い3Dの。洋服といい、キャラクターのフォルムといい、3Dの街の奥行きといい、クオリティがやっぱね。凄いなっていうのが改めて感じましたね。

江口:だから結構ね、もう開発にも億単位のお金が掛かってるんですよ、アプリゲーム。

武石:そんなに掛かるんだー。

江口:やっぱりそれ位。コンシューマー。近しい位の開発費が掛かってるから。やっぱりお金も凄い掛かってるんですよね。

IMALU:だからそれ位、皆今アプリゲームやってるって事ですか?

江口:そうそうそうそう。

IMALU:さあ、それでは次回も最新ゲームタイトルのマニアックで、マックスな情報を楽しみにー!バイバイ!!

マックスガールズ:バイバーイ!!


今回はここまでです。

次回、「2月4日放送分」をお楽しみに。

(前回、インディーズ・ジョーズ「Volume」前半はコチラ


「Volume」の動画はこちら

全編動画はこちら

 関連記事

閉じる