ページトップへ戻る

『ドラえもん』ひみつ道具“どこでもドア”をVRで再現。先行試遊会の参加者受付中

記事提供元:

“ドラえもんVR「どこでもドア」”では、『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』の舞台の南極へ行き来するなど、映画の世界観を味わうことができます。

 2017年3月4日に公開する『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』の公開を記念して特別企画“ドラえもんVR「どこでもドア」”の実施が決定しました。

『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』

 『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』は、『映画ドラえもん』シリーズの37作目です。

 特別企画では、VRゴーグルと専用の体感マシンによって、のび太の部屋の中を再現した360度の仮想空間に入り込み、部屋を自由に歩き回ったり、“どこでもドア”を使って映画の舞台の南極へ行き来するなど、『映画ドラえもん』の世界観を味わうことができます。

 吹き抜ける風、断崖絶壁の氷が間近で崩れる驚きなど、現実に南極にいるかのような臨場感に加え、ドラえもんに会える喜びや感動を1度に味わうことができます。

 また、振動、風、音が作り出す究極の臨場感を開発したのは東京・お台場“VR ZONE Project i Can”で話題のバンダイナムコエンターテインメント・VRエンタメ制作集団“Project i Can”です。

 なお。“Project i Can”がプロデュースする新たな体験“ドラえもんVR「どこでもドア」”の先行試遊会の参加者の募集が行わています。詳しくは、“ドラえもんVR「どこでもドア」”の公式サイトを確認してください。

“ドラえもんVR「どこでもドア」”先行試遊会概要
【日程】2月15日~19日
【会場】東京ソラマチ3F特設会場

企画・開発意図 田宮幸春さん(バンダイナムコエンターテインメント:Project i Can)コメント

 子どものころ、誰もが夢中になったドラえもんの世界。そこには“できたらいいな”にあふれた未来へのあこがれがありました。

 そして大人になった今“あんな未来はまだまだ実現できないのかな”なんてちょっと残念に思っていませんか?

 Project i Canが、その夢ほんの少しだけ実現します!

 VRと体感マシンを組み合わせれば“どこでもドア”はもう体験できるのです!

 扉をひらけば、真夏の日差しまぶしいのび太君の部屋から氷の大地が広がる南極へ。2つの空間が扉1枚でつながっている不思議さに、きっと何度もアッチに行ったりコッチに来たりしてしまうと思います。

 あのころ感じた“未来へのトキメキ”久しぶりに思い出してみませんか?

 ドラえもんと一緒に皆様のご来場をお待ちしております。

『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』作品概要
【公開時期】2017年3月4日
【原作】藤子・F・不二雄
【監督・脚本・演出】高橋敦史(『青の祓魔師 ―劇場版―』)
【CAST】
・ドラえもん:水田わさび
・のび太:大原めぐみ
・しずか:かかずゆみ
・ジャイアン:木村昴
・スネ夫:関智一
※敬称略

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2017
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

この記事にコメントを残しませんか?

  • View 9
  • Comment 0

 関連記事

閉じる