ページトップへ戻る

“機動戦士ガンダムVR作戦”11月22日より実施。VRで新型モビルスーツの視察を体験できる

記事提供元:

オリジナルのVR体験を楽しめる“機動戦士ガンダムVR作戦”が“ガンダムフロント東京”内の有料ゾーンで11月22日~2017年3月末まで実施予定です。

 “TOKYO ガンダムプロジェクト 2016”実行委員会は、オリジナルVR体験を楽しめる“機動戦士ガンダムVR作戦”をエンターテインメント施設“ガンダムフロント東京”内の有料ゾーンで、11月22日~2017年3月末まで実施予定です。

“機動戦士ガンダムVR作戦”

 料金は1回500円(税込)で、13歳以上の人が体験できます。

 本アトラクションは、VRゴーグルと“TELEPOD”という、球形のVR専用体感ポッドに乗り込み、コンテンツの演出に合わせて全身に振動を感じながら楽しむことができる、360度型体感アトラクションです。

●STORY

 時は宇宙世紀。

 連邦軍が秘密裏に計画中のVR作戦に伴い、開発中である“新型モビルスーツの視察”という設定で、特殊な視察用PODに乗り込み、宇宙コロニーから大気圏突入を経て、視察現場に赴く。

 チケット購入方法などの詳細は、“ガンダムフロント東京”公式サイトでご確認ください。

●“TOKYO ガンダムプロジェクト”

 本プロジェクトは2009年、行政・都民・企業が一体化して緑あふれる都市再生と魅力あふれるまちづくりをテーマにメッセージを発信していくことを目的に実施された“GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト”です。

 世界初の全高18mの実物大ガンダム立像が登場し、ガンダムが“緑あふれる都市東京の再生のシンボル”として、東京の未来と次世代を担う子どもたちに向け、GREEN TOKYOの強力なメッセージが発信。

 そこから3年の時を経て、2012年春、再び実物大ガンダム立像が東京の地に舞い降り、新たに始動した“TOKYO ガンダムプロジェクト”では、ガンダム立像が東京の未来のために立ち上がり、東京都のさまざまな取り組みを応援するとともに、臨海副都心エリアの活性化を推進しています。

▼“機動戦士ガンダムVR作戦”概要
■日時:11月22日~2017年3月末(予定)10:00~18:30受付終了
※混雑状況によっては、受付終了時間が早まることがあります。
■チケット料金:500円(税込)
※別途有料ゾーンの入場料金がかかります。
■当日券販売場所:“ガンダムフロント東京”有料ゾーン内エクスペリエンスフィールド
※前売券の販売はありません。
■利用制限:13歳未満の人はご利用できません。

『HGUC 1/144 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(ユニコーンモード)ゴールドコーティングVer.』発売決定

 11月19日より東京・秋葉原UDXアキバ・スクエアにて開催されるガンプラ最大の祭典“ガンプラEXPO ワールドツアージャパン 2016 WINTER”で発売されるイベント限定品、『HGUC 1/144 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(ユニコーンモード)ゴールドコーティングVer.』が、ガンダムフロント東京で同時発売されます。

 本商品は、ガンダムフロント東京内DOME-Gで上映中の『GUNDAM DIVE- One of Seventy Two -』で活躍する“ユニコーンガンダム3号機 フェネクスのユニコーンモード”が初の立体化となったもので、重厚なゴールドVer.で楽しめます。

(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・MBS
Copyright(C) 2013 sunrise Inc, All rights reserved.

この記事にコメントを残しませんか?

  • View 5
  • Comment 0
VR