ページトップへ戻る

Switch版『バイオ5』『6』が2019年秋に配信。オリジナル版発売当時に別途販売されたDLCを収録

記事提供元:

“カプコン 大人の名作シリーズ”に『バイオハザード5』と『バイオハザード6』が登場。発売当時には別売りだった追加コンテンツなどが収録されています。


 カプコンは、Nintendo Switch用ダウンロードソフト『バイオハザード5』『バイオハザード6』を2019年秋に配信します。価格は未定です。


 プレイシーンを選ばないNintendo Switchで手軽に名作を楽しめる“カプコン 大人の名作シリーズ”に『バイオハザード5』と『バイオハザード6』が加わります。

 CO-OP(協力)プレイが導入され、サバイバルホラーの新たな楽しみ方を提案した『バイオハザード5』と、シリーズで最大スケールのバイオテロを人気キャラクターの競演で描いた大作『バイオハザード6』。

 どちらの作品も本格サバイバルホラーが楽しめるのはもちろん、画面分割による2P同時プレイや発売当時には別売りだったさまざまな追加コンテンツが収録されています。


『バイオハザード5』

 2009年3月に発売された『バイオハザード5』は、シリーズ初のHDタイトルであり、初めて本格的なCO-OPプレイを取り入れた作品です。

 第1作の洋館事件から10年後、灼熱のアフリカ大陸を舞台に数々の危機を乗り越えてきた主人公のクリス・レッドフィールドとアルバート・ウェスカーの決着が描かれます。

 『バイオハザード5』は進化を遂げたグラフィックによる“恐怖”に加えて、新たなゲーム性へのチャレンジ、ドラマチックなストーリーがあいまって、累計販売数が750万本(3月31日現在)を超えるヒット作となりました。

 Nintendo Switch版には、別途販売されたさまざまなダウンロードコンテンツやPC版専用だった追加コンテンツも収録。抜群のプレイボリュームとなっています。

 加えて、もっともやさしい難易度をさらに遊びやすくする再調整をはじめ、プレイアビリティを高める細やかなチューニングが施されています。

  • ▲アフリカ、キジュジュ自治区に降りたったクリスとシェバ。
  • ▲アンブレラ総帥のスペンサー卿とウェスカー。何を語るのでしょうか?
  • ▲オンライン環境がなくても画面分割でCO-OPプレイを楽しめます。
  • ▲別売りコンテンツだった“ロスト・イン・ナイトメア”。ジル・バレンタインが主人公の追加シナリオです。

※本商品はダウンロード版のみの販売となります。パッケージ版の発売予定はありません。

『バイオハザード6』

 2012年10月に発売された『バイオハザード6』は、730万本(3月31日現在)もの販売実績を誇る人気作品。独立した4つの物語で世界規模のバイオテロを描いた極上のホラーエンターテインメントとなっています。

 シリーズ屈指の壮大なストーリーとレオン、クリスと言ったシリーズを代表する2人の主人公の初競演が話題を呼びました。

 ゲームシステムでは、見知らぬプレイヤーとゲームプレイそのものが交差する“クロスオーバー”が採用されており、最大4人で見知らぬプレイヤー同志での協力プレイを楽しめます。

 Nintendo Switch版は、熟成を重ねた完全版をベースにもっともやさしい難易度をさらに遊びやすくする再調整をはじめ、プレイアビリティを高める細やかなチューニングが施されています。

 また、『バイオハザード5』同様、追加コンテンツとして別売されたエクストラゲームなどが収録されています。

  • ▲大統領殺害の嫌疑をかけられたレオン。窮地にあっても真実を目指します。
  • ▲対バイオテロ部隊BSAAの指揮官であるクリス。彼はとある事件をきっかけに心に深い傷を負ってしまいます。
  • ▲画面分割によるCO-OPプレイ。もちろんオンラインでの協力プレイも可能です。
  • ▲別売りコンテンツだった“サバイバーズ”をはじめ、豊富な追加コンテンツが収録されています。

※本商品はダウンロード版のみの販売となります。パッケージ版の発売予定はありません。

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

 関連記事

閉じる