ページトップへ戻る

『ジェットセットラジオ』長沼英樹氏が楽曲提供。対戦ACT『リーサルリーグ ブレイズ』がPS4/Switchで発売

記事提供元:

対戦アクションゲーム『Lethal League』の続編『Lethal League Blaze』のダウンロード版が7月、オリジナル特典付きパッケージ版が9月に発売されます。


 オーイズミ・アミュージオは、PS4/Nintendo Switch用対戦アクションゲーム『Lethal League Blaze(リーサルリーグ ブレイズ)』のダウンロード版を7月、特典付きパッケージ版を9月に発売します。価格はダウンロード版が2,000円(税込)、パッケージ版が3,500円+税です。

 本作は、Team Reptileによって開発され2014年に発売された、高速のボールをぶつけ合う対戦アクションゲーム『Lethal League』の続編。クールでスタイリッシュなBGMとともにユニークなキャラクターを操り、最大4人での対戦が可能です。

 ボールはラリーが続くと打つごとにどんどん速度が上がり、やがては捉えることが難しい超速で飛んでくるようになります。打撃、バント、パリー、スローイングや特殊能力を駆使して、縦横無尽に飛び回るボールを対戦相手にぶつけて勝利しましょう。

駆け引きを楽しめ

 ボールが飛んで来たら、狙いを定めてボタンを押すだけ! 簡単でシンプルな操作で、スピーディーかつ派手なアクションを次々に繰り出すことができます。打ち返されたボールは、使用するボタンによってさまざまな打球や演出に変化します。

 単純明快ながら奥深い操作の組み合わせと特殊能力を駆使し、いろいろな攻撃をぶつけましょう。

ゲームの特徴

ゲームモード

 最大4人でプレイできる、オフライン・オンライン対応プレイは、大乱闘、1 on 1、チームバトルが楽しめます。自分1人ならチャレンジモードやストーリーモード、トレーニングで腕を磨くことができます。

 敵の陣地にボールを叩き込む、バレーボール形式のデスマッチ“リーサルバレー”、反対側にある敵のゴールにボールを入れる“ストライカー”などのモードも収録されています。

オンラインマルチプレイに対応

 友だちを招待してプライベートマッチをしたり、クイックマッチで気軽にいろいろな人と対戦したりすることもできます。

対戦を盛り上げる極上のサウンドトラック

 長沼英樹氏やフランク・クレパック氏、Pixelord氏、Bignic氏、そして前作からお馴染みのクラウス・ヴィーン氏などが手掛けた個性豊かなサウンドトラックを収録。とりわけ『ジェットセットラジオ』の長沼英樹氏の楽曲提供ということも、本作をさらに盛り上げる要素となっています。収録されているのはヒップホップやエレクトロなど、オシャレでノリノリなジャンルの音楽です。

前作『Lethal League』と比較

 本作はグラフィックが3Dで描かれており演出も大幅パワーアップしています。他にも、イベントベースのストーリーモードやリーサルバレーといった新モードなどが特色。もちろん個性的なキャラクターも増員されており、発売後もさらに追加予定となっています。

オリジナル特典付きパッケージ版も発売決定

 7月に先行して配信されるダウンロード版の後に、オリジナル特典を同梱したパッケージ版も9月に発売されます。なお、同梱する特典は後日発表予定となっています。

©2019 Team Reptile B.V. ALL RIGHTS RESERVED. Licensed to and published in Japan by Oizumi Amuzio Inc.

 関連記事

閉じる