ページトップへ戻る

『ゼノンザード』事前登録者数が20万人突破。オフィシャルサポーターにお笑いコンビ“霜降り明星”が就任

記事提供元:

『ゼノンザード』の事前登録者数20万人突破を記念して、登録者数に応じた豪華特典をもらえるキャンペーンが実施決定。特典内容は後日公開予定となっています。


 バンダイ カード事業部は、2019年夏にサービス開始予定のiOS/Android用アプリ『ゼノンザード』の事前登録者数が20万人を突破したことを発表しました。

 『ゼノンザード』は、バンダイが新たに立ち上げるAIを活用したデジタルカードエンターテインメントブランド“AI CARDDASS”の第1弾タイトルとなるiOS/Android用カードゲームアプリです。

 “トレーディングカードゲーム”に特化したAIが搭載され、AIとの対戦では深層学習(ディープラーニング)などの機械学習によりAIが日々進化していくことで、今までにない白熱したバトルを繰り広げられます。また、プレイヤーとの対戦を通じてプレイング内容や思考、癖などによってAIが個性を持って成長します。

 今までのカードゲームのようにパターン化されたCPUや人との対戦だけではなく、プレイを通じての“AI育成”という要素や“人間とAIの対戦”、“人間とAIの共闘”という新たなおもしろさが加わります。

 さらに、AIがプレイヤーのデッキを構築するためにアドバイスをしたり、対戦結果を振り返って、プレイの分析をする機能なども搭載予定です。

 なお、現在実施中のクローズドβテストには、抽選で選ばれた約20,000人のプレイヤーが参加しています。プレイヤーとオフィシャルAIとの対戦が連日行われている中、オフィシャルAI側の勝率は平均84%を超えています。

事前登録者数20万人突破

 事前登録者数20万人突破を記念して、正式サービス開始時に事前登録者数に応じた豪華特典をもらえるキャンペーンが実施されます。特典内容は後日公開予定です。

 事前登録は公式LINEアカウントを友だち登録(LINEで事前登録&応募した人全員にリアルデッキセットを配布)、公式Twitterをフォロー、公式サイトで登録のいずれかで行えます。

オフィシャルサポーターにお笑いコンビ“霜降り明星”が就任

 “M-1 グランプリ 2018”、“R-1 グランプリ 2019”で史上初の2冠を達成したお笑い芸人コンビ“霜降り明星”が『ゼノンザード』“オフィシャルサポーター”に就任しました。

 カードゲームプレイヤーとしても有名な粗品さんと子ども時代からカードゲームに親しんだせいやさんが、今後さまざまな企画・イベントを通して『ゼノンザード』の魅力を発信していきます。

※本情報は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合があります。 (C)BANDAI・STRAIGHT EDGE

 関連記事

閉じる