ページトップへ戻る

7月の大型アップデートの発表も! PS4版『BORDER BREAK』大規模公式大会“エースボーダー頂上決戦”をレポート

著者:ゲーム★マニアックス編集部

セガ・インタラクティブは2019年4月28日、ベルサール高田馬場にてPlayStation4で展開中の『BORDER BREAK』大規模公式大会・エースボーダー頂上決戦を開催した。


同名の大会はアーケード版でも数度に渡って開催されてきたが、PS4版では今回が初。会場にはたいへん多くの来場者が訪れ、ランクマッチで好成績を収めたプレイヤー“エースボーダー”たちが4チームにわかれて激突した様子を見守った。

ここでは、大いに盛り上がった大会の模様、そして今後の展開を含む新情報を中心にお伝えする。


▲開会式には、この日の出演者がそろって登場。(右から)公式生放送『ボーダーブレイクのボ!』出演の声優・望月 英さん、石原 舞さん、小原莉子さん。そして、青木盛治氏(シリーズプロデューサー)、百渓 曜氏(シリーズディレクター)が、さの氏(宣伝アシスタント)が大きな声援を集めていた
 

本戦の前にはエキシビションマッチとして、声優陣+抽選で選ばれた来場者がスカッドバトルで対戦。勝利したチームに応じたゲーム内ボーナスが提供される……はずだったが、なんやかんやあって3種類すべてのボーナスが提供されることとなった。


▲背後のスクリーンにある3種類のボーナスが5月6日より適用される

4チームによる激戦を制したのはチームブルー!

レッド、ブルー、イエロー、グリーンの4チームによって競われた本戦・エースボーダー頂上決戦は、ツイッターによる事前予想で本命視されていたチームブルーと、三番手予想のチームイエローが勝ち抜き、決勝戦で激突した。


▲ズラリ勢揃いしたエースボーダーたち
 

決勝戦1戦目は、序盤は中間プラント巡って両チームが押し引きする展開に。両者の戦線維持は硬く、どちらも突破を許さずにゲージだけがジリジリと減っていった。後半はゲージで不利なイエローがコア攻撃を狙って攻めに転じるも、なかなか先のプラントまで抜けさせてくれない。残り100カウントあたりでイエローがついにコア攻撃を成功するも、ゲージ差はひっくり返すにまではいたらず。チームブルーが一本先取となった。


▲試合前にはリーダー同士による激しい舌戦も繰り広げられ来場者を沸かせた
 

イエローにとっては後がない2戦目。まずはブルーが中央プラントを占領し、撃破数でもイエローを上回っていく。中盤戦は、両チームとも一進一退の工房が続き、ゲージは拮抗したまま。大破があればゲージ差がひっくり返る、スリリングな展開となった。

ブルーチームのゲージがやや上回って突入した終盤では、イエローが敵陣奥深く切り込むが、ブルーは落ち着いて対処。ゲージ差をキープしたままタイムアップとなり、ブルーが連勝。初代エースボーダーに輝いた。


▲優勝したチームブルーのメンバーには、勝利者メダルと、通り名「初代エースボーダー」が贈られた

新武器や大型アップデートの最新情報を公開!

大会終了後には、開発陣より今後の展開を含む新情報コーナーが設けられた。中でも2019年7月に実施される大型アップデートの情報には、来場者が大きな歓声を上げるほど盛り上がっていた。

近日実施のアップデート

・新武器武器4系統の追加(5月6日)


・新ボーダーの追加(4月29日)


▲イラストレーターの風間雷太さん、本条雷太さんが描いた新ボーダーが登場。両者とも、各兵装の効果を伸ばすチップを持っているとのこと

 

2019年7月実施予定の大型バージョンアップ

・フレームロット排出アイテムを整理


▲フレームロット(ガチャ)の中身を、武器・パーツとも世代ごとに分離。より狙ったアイテムが出現しやすくなる
 

・製造システム(仮称)の実装


▲追加される新資産で、初期解放の武器とパーツを製造できるようになる。新資産はイベント参加やバトルを行うことで入手できる
 

・通信エラーのペナルティ変更


▲ランクマッチででエラーになってもランクポイントが減りにくくなる
 

・プレミアムサービスの調整


▲ウィークリーロットがパーツと武器に分けられ、実質2倍増に。前出の新資産の入手頻度もアップ
 

・ランクマッチでのランクリセットの圧縮率を変更


▲次のシーズンを開始する際のランク圧縮率がゆるくなる。これらのほかにも、新武器や新パーツ、新マップなどが用意される
 


イベント・グッズ等

・プラスチックモデル 輝星


▲コトブキヤから発売される輝星・空式、輝星・破式のプラモデルが今夏から受注開始。写真は会場に展示されていた彩色見本


・専用コントローラの追加注文決定


▲専用コントローラーが追加注文が決定。近日注文が開始となり夏までには配送される予定とのこと


・アーケード版公式ボダオフFINAL開催決定


▲アーケード版の公式オフ会がFINALとして開催。全国5箇所のゲームセンターで行われ、8月の東京はアーケード10周年、PS4版1周年を祝う内容を予定


・PS4版公式ボダオフ開催決定
 


▲PA4版の公式オフ会も開催。秋口以降、関東以外の各地を巡る予定とのこと
 

・2019年ロードマップ


▲メジャーアップデートは7月、12月の2回を予定。そのほかゲーム内イベントや生配信は常時行われていく

ファンサービスやアフターパーティーの開催も

会場ではファン同士の交流スペースや、メインキャラクターデザイナーの上岡大介氏によるお絵かきサービスなど、リアルイベントならではの試みを実施。また、大会終了後には、クラブを貸し切ってのアフターパーティーを開催。イベントから引き続き参加したボーダーたちが音楽とおしゃべりを楽しんだ。


▲抽選で選ばれた15名に、メインキャラクターデザイナーの上岡大介(もみー)氏がリクエストに応じて描いた直筆イラスト色紙をプレゼント
 


▲サウンドチームによるバンド・メタセコイアがゲーム中BGMを生演奏
 


▲声優の白石“ゼラ”稔さん、七緒“フィオナ”はるひさんらがDJプレイを披露。フロアを大いに盛り上げた
 

 
©SEGA

 関連記事

閉じる