ページトップへ戻る

『SAO アリシゼーション』と“秋葉原電気街まつり”がコラボ。キリトやユージオの描き下ろしイラストが登場

記事提供元:

『ソードアート・オンライン アリシゼーション』と“秋葉原電気街まつり”のコラボで、新規描き下ろしイラストを使用したグッズのプレゼントキャンペーンが実施されます。


 アニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション』と“秋葉原電気街まつり”のコラボ“平成最後の秋葉原電気街まつり”が、3月21日~4月30日に開催されます。

『SAO アリシゼーション』

 『ソードアート・オンライン アリシゼーション』は、第15回電撃小説大賞“大賞”を受賞した川原礫先生が執筆、イラストをabec先生が手掛ける電撃文庫『ソードアート・オンライン』シリーズの新作TVアニメです。全4クール構成となっており、原作小説9巻から18巻におよぶ長大なストーリー《アリシゼーション》編を、全4クールで最後まで描くことが決定しています。

 3月21日~4月30日にかけて、“平成最後の秋葉原電気街まつり”と『ソードアート・オンライン アリシゼーション』のコラボが開催されます。

 キリト、アスナ、ユージオ、アリスの新規描き下ろしイラストを使用したアイテムがもらえる豪華プレゼントキャンペーンなどの施策が実施されます。詳細は、特設サイトで確認できます。

“平成最後の秋葉原電気街まつり”について

タイアップで秋葉原を盛り上げる

 冬に引き続き、TVアニメ『ソードアートオンライン アリシゼーション』とのコンテンツタイアップが実施。作中キャラクターの電気街まつりオリジナル描き下ろしイラストを使用して盛り上げます。

“平成最後の秋葉原電気街まつり”にあわせたデザイン

 “平成最後の秋葉原電気街まつり”と題して、ガイドMAP内に秋葉原平成年表が記載されます。また、90年代秋葉原の風景写真が年表に入っています。

AKIBeAr(アキベア)の着ぐるみ展開

 “2018 WINTER 秋葉原電気街まつり”のコラボに引き続き、“AKIBer(アキベア)”の着ぐるみが稼働します。“電気街まつり”開始日3月21日(予定)に撮影・名刺お渡し会が行われます。

4つのプレゼントキャンペーン

 期間中。2,000円以上購入でプレゼント応募ハガキが配布され、応募コースを選び、抽選で100名に“10,000円分お買物券”か、3名に“キャスト直筆サイン入りソードアート・オンライン アリシゼーション オリジナルアクリルパネル”が当たる抽選キャンペーンが実施されます。

 また、その場でもらえるアイテムとして、2,000円以上の購入で、“AKIBeAr(アキベア)”と『ソードアート・オンライン アリシゼーション』とのコラボ“オリジナル下敷き”が贈られます。

 さらに、対象店舗(店頭)で『ソードアート・オンライン アリシゼーション』の場面写真が使用されたオリジナルポストカードがもらえる企画が展開します。対象店舗などに関する情報は、特設サイトでご確認ください。

ポイント1

 抽選で100名に“10,000円分お買物券”か、3名にキャスト直筆サイン入り“ソードアート・オンライン アリシゼーション コラボアクリルパネル”が贈られます。

『SAO アリシゼーション』

※期間中対象店舗(店頭)で2,000円以上購入の人に応募ハガキが贈られます。
※応募ハガキに必要事項を記入の上、店頭応募、郵送で応募できます。
※応募の際、お買物券のコースとコラボアクリルパネルのコースのどちらかを選んでください。
※各店舗応募ハガキがなくなり次第終了となります。

ポイント2

 期間中、対象店舗(店頭)で2,000円以上購入すると“ソードアート・オンライン アリシゼーション×アキベアコラボ下敷き(A4サイズ)”が先着でもらえます。

『SAO アリシゼーション』

※各店舗なくなり次第終了となります。

ポイント3

 期間中、ポストカード対象店舗・店頭で500円以上購入すると、先着で“コラボポストカード”(全20種類)が1枚もらえます。なお、絵柄は選べません。

『SAO アリシゼーション』
『SAO アリシゼーション』
『SAO アリシゼーション』

【開催期間】
第1弾(10種):3月21日~4月5日
第2弾(10種):4月6日~30日
※各店舗なくなり次第終了となります。

ポイント4

 3月21日~4月30日の期間内に、秋葉原電気街振興会公式Twitterをフォローし、3月21日にツイートされた企画ツイートをリツイートすると“秋葉原電気街まつり中央通りフラッグ”が抽選で当たります(10名)。

 なお、“秋葉原電気街まつり中央通りフラッグ”のうち1枚はキャスト直筆サイン入りとなっています。

『SAO アリシゼーション』

(C)2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

 関連記事

閉じる