ページトップへ戻る

Switch版『スーパーリアル麻雀PV』が発売。セガサターンバージョンを踏襲しつつガイド機能を搭載

記事提供元:

『スーパーリアル麻雀PV』は、1994年に1994年にゲームセンター向けとして登場。WindowsPCやセガサターン、PCエンジンなどの家庭用ゲーム機向けに移植やアレンジが行われました。


 マイティークラフトは、Nintendo Switch用ダウンロードソフト『スーパーリアル麻雀PV』を発売しました。価格は1,980円(税込)です。

『スーパーリアル麻雀PV』

 『スーパーリアル麻雀PV』は、1994年にゲームセンター向けとして登場し、WindowsPCやセガサターン、PCエンジン、3DOなどの多くの家庭用ゲーム機向けに移植やアレンジして販売されました。

 Switch版は、『スーパーリアル麻雀PV(Part5)』のセガサターンバージョンをリメイクした内容となっています。

『スーパーリアル麻雀PV』

 本作は、セガサターンバージョンを踏襲しつつ、リーチやポン、ツモができるときは安心のガイド機能を新規に搭載し、初心者から上級者まで楽しめるように細部の調整が行われています。

 また、操作性を損なわないように、Switch標準のJoy-Conだけではなく、プロコントローラーにも対応してます。

 さらに、コンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)の審査“CERO D”のレーティングを取得しつつ、できるだけオリジナルのグラフィックやシナリオを損なわないようにリメイクされています。

『スーパーリアル麻雀PV』
『スーパーリアル麻雀PV』
『スーパーリアル麻雀PV』
『スーパーリアル麻雀PV』

 なお、本作はダウンロード販売のみですが、一度ダウンロードした後には通信環境のない場所でも最後までプレイできます。その他、本作だけではなく、Nintendo Switch向けに『P6』と『P7』の復刻リメイク販売も予定されています。また、各種コラボレーションも展開していく予定とのことです。

(C)2019 Mighty Craft Co.

 関連記事

閉じる