ページトップへ戻る

【サイゲフェス2018】シンデレラ達は次のステージへ! アイドルマスター シンデレラガールズ 7th Anniversary Memorial STAGE!!

著者:ゲーム★マニアックス編集部

2018年12月15(土)と16日(日)の2日間、千葉・幕張メッセ1~6ホールにて開催された、Cygames Fes2018。本記事では、16日に2ホール・オールコンテンツエリアのメインステージで行われた「『アイドルマスター シンデレラガールズ』 7th Anniversary Memorial STAGE!!」の模様をレポート。


会場のプロデューサーを魅了したトーク&ライブ!!

2011年11月28日にmobage上のゲームとしてサービスが開始された『アイドルマスター シンデレラガールズ(以下『シンデレラガールズ』)』の、7周年を記念して行った今回のイベント。Twitterによる事前抽選に当選したプロデューサー達が集まり、トークやライブに盛り上がっていった。

出演者は、会沢紗弥さん(関裕美役)、藍原ことみさん(一ノ瀬志希役)、飯田友子さん(速水奏役)、神谷早矢佳さん(南条光役)、鈴木みのりさん(藤原肇役)、三宅麻理恵さん(安部菜々役)、森下来奈さん(鷹富士茄子役)、山本希望さん(城ヶ崎莉嘉役)、佳村はるかさん(城ヶ崎美嘉役)。

開演時間になると今までの『シンデレラガールズ』の軌跡を描くPVが流れ、先日の6thライブでテーマ曲ともなった「Starry-Go-Round」でキャスト全員が登場。会場は一瞬にしてヒートアップする。

MCでの自己紹介が終わると、ステージは一旦トークパートへ移り、最初のコーナーは「ダイスDEシンデレラトーク」。飯田友子さんを進行役にサイコロトークが行われ、佳村はるかさんを中心に作中の三船美優(CV:原田彩楓)のソロ曲「Last Kiss」の良さについて語り合ったり、相沢紗弥さんの佐久間まゆ愛が溢れ出たりと、キャスト達が作品を愛している姿に会場のプロデューサー達も盛り上がる。

サイコロトークを終えると、次のコーナー「7th Anniversary メモリアルクイズ」へ。山本希望さんを進行役に、「スマイル戦隊キスミン」チーム(三宅麻理恵さん、相沢紗弥さん、飯田友子さん、神谷早矢佳さん)と「Last Kiss」チーム(佳村はるかさん、鈴木みのりさん、森下来奈さん、藍原ことみさん)に分かれ、今までの『シンデレラガールズ』にまつわるクイズで対決する。

ジェスチャークイズで山本希望さんが渾身の小日向美穂を披露したり、「最終問題は10ポイント」等のお約束もありつつ、「Last Kiss」チームが見事勝利し、賞品のディズニーランドのチケットを獲得していた。

会場も温まったところで、いよいよライブパートへ。

クリスマスに待ち合わせに急ぐ女の子の気持ちを歌うラブソング「SNOW WINGS」(全員)から始まり、続いて城ヶ崎美嘉・莉嘉姉妹のデュオ曲「Twin☆くるっ★テール」(城ヶ崎美嘉(佳村はるか)、城ヶ崎莉嘉(山本希望))とハイテンポなポップスで会場を盛り上げる。

するとアイドル達のクールなラップが衝撃的だった、第7回シンデレラガールズ総選挙曲「Trust Me」(安部菜々(三宅麻理恵)、南条光(神谷早矢佳)、鷹富士茄子(森下来奈))で会場の雰囲気を一気に変えると、作中のユニット「LiPPS」所属の3人が人気曲「Tulip」(速水奏(飯田友子)、一ノ瀬志希(藍原ことみ)、城ヶ崎美嘉(佳村はるか))をカッコよくセクシーに歌い上げ、会場中を魅了した。

続いて、ビッグバンド調の豪華絢爛なジャズポップ「イリュージョニスタ!」(城ヶ崎莉嘉(山本希望)、藤原肇(鈴木みのり)、関裕美(相沢紗弥))で派手に盛り上がると、アイドル達の今までの歩みと次へのステップを歌う「EVERMORE」(全員)で会場のテンションは最高潮へ。

最後は締めの挨拶を挟み、『シンデレラガールズ』全体のテーマの曲「お願い!シンデレラ」(全員)でプロデューサー達がひとつになったところでステージは幕を閉じた。

7周年を迎えた今も、まだまだ新しいことに挑戦している『シンデレラガールズ』とアイドル達。これからも輝きを放つ彼女達の活躍に注目していきたい。

その他会場の『シンデレラガールズ』

2ブース・オールコンテンツエリアのプレイエリアには、『アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ』に登場するセットを模したミニステージが。乗ることは禁止されていましたが、同作のAR撮影機能を使って担当アイドルを撮影するプロデューサーが多く訪れていました。


ⒸBANDAI NAMCO Entertainment Inc.

 関連記事

閉じる