ページトップへ戻る

『A列車で行こう』と相鉄線がコラボしたアプリ『相鉄線で行こう』が12月13日より無料配信

記事提供元:

アプリ『相鉄線で行こう』は、線路を敷いて鉄道を走らせ、都市を発展させていくシミュレーションゲーム。アートディンクと鉄道会社とのコラボは初めてとなります。


 相鉄グループの相模鉄道は、都市開発鉄道会社経営シミュレーションゲーム『A列車で行こう』とコラボレーションしたiOS/Android用アプリ『相鉄線で行こう』を12月13日より無料配信します。

『相鉄線で行こう』

 本作は、ゲームを通じて沿線外に住んでいる人への相鉄線の認知度向上と、12月13日に無料配信される『相鉄線アプリ』のリニューアルを記念して開発されたものです。なお、『A車で行こう』の権利元である、アートディンクと鉄道会社とのコラボレーションは初めてとなります。

 『相鉄線で行こう』は、1985年に発売された初代『A列車で行こう』をスマートフォン用にリメイクしたもので、線路を敷いて鉄道を走らせ、都市を発展させていくシミュレーションゲームです。

 全部で3つ用意されたステージで新たな線路を敷き、都心直通用車両“20000系”を運行。相模鉄道キャラクター“そうにゃん”のアドバイスを受けながら、沿線にある実在の施設などを発展させていくなど、相鉄ワールドを楽しめます。

『相鉄線で行こう』 『相鉄線で行こう』
『相鉄線で行こう』

ゲーム概要

内容

 相模鉄道の社長として、線路を敷き、駅や関連施設を造ることで、相鉄線沿線を開発していきます。

目的

 スタート地点からゴール地点まで、“20000系”を走らせてゴールさせます。

『相鉄線で行こう』

収録マップ

 本作には、全部で3つのステージが収録されています。なお、ステージにより難易度が変わります。

1:二俣川駅→横浜駅
2:横浜駅→湘南台駅
3:海老名駅→横浜駅

※画面写真はすべて開発中のものです。
(C)ARTDINK. All Rights Reserved.
協力:相模鉄道株式会社

 関連記事

閉じる