ページトップへ戻る

『ファントム オブ キル』新CM発表会! 大島優子さんが1年3か月ぶりの芸能界復帰登壇!

著者:ゲーム★マニアックス編集部

FgGは2018年11月8日、東京・恵比寿でスマートフォン向けゲームアプリ『ファントム オブ キル』の4周年記念新CM発表会を実施、新たにイメージキャラクターとしてCMに大島優子さんを起用した。1年3か月ぶりの芸能界復帰とあって、多くのマスコミが詰めかけた。イベントでの大島優子さんの様子と、発表された新CM、今泉プロデューサーより発表された『ファントム オブ キル』の新情報についてレポートする。


『ファントム オブ キル』4周年記念CM発表会


▲今泉潤プロデューサー(左)、大島優子氏(右)

『ファントム オブ キル』は2014年より2014年10月よりサービスを提供している"戦略性×ドラマ"をコンセプトにしたシミュレーションRPGだ。 発表会当日は、『ファントム オブ キル』のプロデューサーである今泉氏に加え、CMに起用された大島優子さんがゲストとして登場。詰めかけた報道陣による大量のフラッシュにより出迎えられた。

CMの撮影について尋ねられた大島さんは「この前撮ったばっかりだったので、こんな短期間でどう出来上がったのか楽しみです」と笑顔で答えた。

また今泉プロデューサーからは「4周年ということでお祭り感を出したかったので、国民的女優を起用したかった」と大島さんの起用理由が語られた。

CM画像公開

続いてCMの完成映像が上映された。ここではその画像を公開しよう。

CMを見終えた大島さんは「自分も完成映像を見るのは初めてなんですが、まるで私がゲームの中に入ったような感じがしました。監督からは『AKB48を卒業してからの4年の歳月を感じながら歩いて』と言われた」と、『ファントム オブ キル』4周年と自身が歩んだ4年をリンクし、その数字の重さを噛みしめていた。

このCMで使用した衣装については、「歩く姿がメインに使われているので、風になびくようになっている衣装でした」と撮影秘話を明かすと、ここでなんと、ゲームのキャラクター衣装を着たいと発言。一瞬会場がどよめいたが、今泉プロデューサーは「露出高いし絶対事務所NGが出ます!」と残念そうにうなだれていた。

大島優子さんの『ファントム オブ キル』体験

今まで『ファントム オブ キル』をプレイしたことがないという大島優子さん。そこで今泉プロデュサーから直接指導を受けながら、プレイを披露してくれることとなった。


▲『ファントム オブ キル』をプレイする大島優子さん

プレイを始めた大島さんは、キャラクターたちが動き回り、声を発するたびに「可愛い!」を連発。

わからないことは隣にいる今泉プロデューサーが即座に答えてくれるという最高の環境で一通りのプレイをこなした大島さんは、「私はマスがあるゲームはあまり得意ではないんですけど、実際にやってみたらすごく簡単で、映像もきれいですし良かったです」と笑顔で語った。


▲大島さんのプレイ画像はこのようにスクリーンに映し出されていた

4周年のお祝い

ゲーム体験が終了したところで、『ファントム オブ キル』4周年、大島さんのAKB卒業4周年を記念したバースデーケーキが運び込まれた。火のついたろうそくを吹き消す役は、もちろん大島さん。大島さんがろうそくを吹き消す瞬間を捕らえようと、会場中のカメラから一斉にフラッシュが瞬いた。

トークセッション

ここで大島優子さんに質問に回答してもらうトークセッションが開催。以下にその様子を紹介しよう。

Q 1年ぶりのイベントですがいかがでしたか?

楽しかったです(笑)。たくさん集まっていただいて嬉しかったですね。久しぶりにカメラを向けられてドキッとしましたけど、フラッシュを浴びて身が「キュッ!」となりました。

Q 今年も残りわずかですが、振り返っていかがですか?

人生チャレンジのためにアメリカで海外生活をしていたんですが、いろんな経験をさせていただきました。こうやって待っていて下さるファンの皆さんの前に戻ってこれたことをとても嬉しく思いますし、感謝しています。

Q 海外ではどのような経験を?

自分で車の免許を取って10日くらいかけてロードトリップをしました。

Q 先月30歳を迎えられたいうことで、プライベートと仕事の目標を教えてください。

プライベートでは毎日笑って暮らせたらなと思います。お仕事ではきっちり気合を入れてやってきたいなとは思っているんですけど、本格的に始めてはいないので、不安と期待でいっぱいです。

Q 誕生日は何をされましたか?

何もしてないですね(笑)。友達と祝ったということもありませんでしたし、「つら~」と思いました(笑)。

 

このあとフォトセッションがあり、イベントは終了。大島さんは大きな拍手の中、大きく一礼してから会場を退場していった。


『ファントム オブ キル』公式サイト

©Fuji&gumi Games.inc All Rights Reserved

©since 1998 DMM All Rights Reserved.

 関連記事

閉じる