ページトップへ戻る

【TGS2018レポート】日本代表が決定&国際試合も!! 白熱の『ウイイレ2019』国内最強チーム決定戦!

著者:ゲーム★マニアックス編集部

幕張メッセで9月20(木)から9月23(日)に開催された東京ゲームショウ2018。その4日目となる23日(日)の14:30から「e-Sports X」のレッドステージで行われた「ウイニングイレブン 2019 国内最強チーム決定戦」のベスト4および国際親善試合「ウイニングイレブン 2019 ASIAN EXHIBITION MATCH」の模様についてレポートする。


サウジ行きをかけた国内最強決定戦!!

最新バージョンである「ウイニングイレブン2019」を使用した初の公式トーナメントである「国内最強チーム決定戦」。3人CO-OPによるチーム戦で行われ、優勝チームはサウジアラビアで開催される「日本・サウジアラビア対抗戦」に、日本代表チームとして招待される。

ベスト4に残ったのは、「ユウQあーる」(キュー選手/あーる選手/ユウタム選手)、「We love サウジ!」(SHO選手/からあげ選手/パリカ選手)、「カストロミナンダバーチャット」(かつぴーや選手、Shlro選手、まさちゅう選手)、「そうだ,サウジへ行こう」(レバ選手、genkiモリタ選手/SOFIA選手)の4チーム。

準決勝第一試合は、「ユウQあーる」(FCバルセロナ)対「We love サウジ!」(リヴァプールFC)。前半に「ユウQアール」が相手DFのミスから高い位置でボールを奪い、メッシのシュートで先制するも、後半に「We love サウジ!」がコーナーキックからファン・ダイクのボレーシュートで同点とし、そのまま勝負はPK戦へ。PKでは3-0のストレートで「ユウQアール」が決勝進出を決めた。


▲PKで見事な連続セーブを見せた「ユウQあーる」が勝利
 

準決勝第二試合は、「カストロミナンダバーチャット」(リヴァプールFC)対「そうだ、サウジへ行こう」(FCバルセロナ)。

第18回アジア競技大会のeスポーツ枠で採用された「ウイイレ」で、日本代表として出場し金メダルを獲得したレバ選手とSOFIA選手を擁する注目チーム「そうだ、サウジへ行こう」を、CO-OPでのチームワークとリヴァプールらしいカウンター戦術が機能した「カストロミナンダバーチャット」が2-1で下して決勝に進出した。


▲金メダリストを協力プレイで破り、CO-OPプレイの面白さを感じさせた「カストロミナンダバーチャット」(写真左からかつぴーや選手、Shlro選手、まさちゅう選手)
 

こうして決勝のカードは「ユウQアール」対「カストロミナンダバーチャット」に。

膠着した試合が続いていたが後半15分、ゴール前でもつれた際にこぼれ球を「ユウQあーる」のあーる選手がデンベレで押し込んで先制。すぐさまフォーメーションを5バックに切り替えて逃げ切りの構えを見せる「ユウQあーる」に対し、「カストロミナンダバーチャット」は4トップの超攻撃的な布陣で追いかける。

するとこれが功を奏し、「カストロミナンダバーチャット」が人数をかけた攻撃の中、かつぴーや選手がナビ・ケイタで相手DFを振り切ってゴールを決め試合は振り出しに。

そのまま試合はPK戦に持ち込まれ、「カストロミナンダバーチャット」が準決勝で神がかり的なPKを見せた「ユウQアール」を3-4で下し優勝を決めた。


▲最初から決めていたのか、1点入った段階で割り切った戦術に切り替えた両チーム
 


▲優勝した「カストロミナンダバーチャット」には、サウジ大会への招待の他、PS4 Proやゲーミングデバイスなどの賞品も

アジアの強豪との国際エキシビジョンマッチも

続いて、今後盛り上がりを見せるeスポーツの親善試合として、第18回アジア競技大会で3位となったベトナム代表、eスポーツ強国である韓国代表を招待し、「ウイニングイレブン 2019 ASIAN EXHIBITION MATCH」が行われた。

日本代表として、先程「そうだ、サウジへ行こう」としてもプレイした、「レバ」こと相原翼選手、「SOFIA」こと杉村直紀選手が出場。試合は総当たり戦で行われ、初戦はベトナム代表(FCバルセロナ)対韓国(リヴァプールFC)に。

ベトナム代表が先制するも韓国代表が追いつき、1-1でPK戦へ。3-1で韓国代表が勝利した。

次の日本代表(FCバルセロナ)対ベトナム代表は、前半・後半ともに良い形を作れた日本代表が1点ずつ得点し、2-0で日本代表の勝利。

こうして1勝ずつの優勝決定戦となった日韓戦は、4-0の大差で日本代表が勝利し、アジア競技大会金メダリストの実力を見せつける結果となった。

スポーツ事業も手がけるKONAMIが本格的にeスポーツに参戦し、その中心タイトルとして期待が集まる『ウイニングイレブン』。世界で闘う若い選手たちの活躍にも注目だ。


▲日の丸を背負って闘う相原選手(写真左)、杉村選手(写真右)
 


▲アジア競技大会でも3位だった強豪・ベトナム代表
 


▲試合前に流暢な日本語で「メダリストと闘うのは緊張しますががんばります」とコメントしていた韓国代表
 


▲試合後は健闘を称え合う、スポーツマンらしい光景

 


『ウイニングイレブン2019』公式サイト 

 

 関連記事

閉じる