ページトップへ戻る

【TGS2018レポート】『禍つヴァールハイト』特別VR仕様を試遊

著者:ゲーム★マニアックス編集部

配信が待ち遠しいKLabGamesの最新スマホゲーム『禍つヴァールハイト』が、東京ゲームショウ2018のKLabGamesブースにおいて限定VR体験が可能となっていた。さっそく試遊してきたのでレポートしよう。


『禍つヴァールハイト』とは

『禍つヴァールハイト』は、スマ―トフォンで複数のプレイヤーと協力してバトルを繰り広げていく本格派マルチオンラインRPG。重厚かつ壮大なストーリーが話題となっているKLabGamesの最新作だ。

物語の舞台は謎の光によって世界のほとんどが焼け落ちてしまった「ヴァールハイト」。この人が住めなくなってしまった大地に堕とされた主人公は光によって覚醒した者たちが集う「機動兵団」に入団し、人類滅亡の危機へと立ち向かうというのが大まかなストーリーだ。

本作はスマホ向けのゲームとして配信予定だが、TGS2018では特別仕様として『禍つヴァールハイト』VRで楽しむことができる。


▲ブースでは魅力的な部隊長たちがお出迎え

いざTGSオリジナル版の『禍つヴァールハイト』をプレイ

早速プレイルームに案内されると、4人1チームとなってボスと戦うことに。プレイルームはゲームの世界観をモチーフとした壁紙となっておりゴーグルを装着する前から臨場感が高まっていく。

ゴーグルを装着すると、もうそこは「ヴァールハイト」の世界。目の前には巨大なモンスターが立ちふさがっていおり、チーム一丸となってボスへの総攻撃をしていく。

なお、TGSオリジナル版ではゲームコントローラーを操作して、画面に表示された必殺技を発動させることができた。


こちらの画像はVR体験のゲーム内とは異なるものとなります。

さすがVR仕様と驚いたのは、前方はもちろん後方にまで「ヴァールハイト」の世界が広がっており、筆者は目の前のボスを攻撃しつつも、仲間の攻撃をチラチラみたり、後ろに敵がいないか振り向いてみたりと「ヴァールハイト」の世界と思う存分堪能してきた。

プレイ中は自分がどんな技を発動したのか確認するのよし、周りを見渡してVRを楽しむもよし、TGSだけのオリジナル仕様をぜひとも体験してほしい。


こちらの画像はVR体験のゲーム内とは異なるものとなります。

ボスを倒せばステージクリアとなって試遊は終了。楽しい時間はあっという間で、その場限りのチームもひとまず解散。正式アップデートの際にはまた再開できるのだろうか……。

なお、TGSオリジナル版の『禍つヴァールハイト』を試遊すると、オリジナルクリアファイルがもらえる。2種類の中から好きな方が選べるぞ。


『禍つヴァールハイト』公式サイト

©KLabGames

 

 関連記事

閉じる