ページトップへ戻る

アプリ『転スラ』が“TGS2018”に出展。リムル(スライム)と写真撮影できるフォトスポットが登場

記事提供元:

“TGS2018”内の『転生したらスライムだった件 ~魔国連邦創世記~』出展ブースでは、主人公リムルたちが暮らすジュラの大森林をイメージした装飾が施されます。


 キック・アスは、事前登録中のiOS/Android用アプリ『転生したらスライムだった件 ~魔国連邦創世記(ロードオブテンペスト)~』を“東京ゲームショウ2018(TGS2018)”に出展することを発表しました。

『転生したらスライムだった件 ~魔国連邦創世記(ロードオブテンペスト)~』

 本アプリは、今秋より放送されるTVアニメ『転生したらスライムだった件』の初のゲーム化作品です。主人公・リムルをはじめとした人気キャラクターが登場するRPGとなっています。

 “TGS2018”のキック・アス出展ブースは、主人公リムルたちが暮らす、ジュラの大森林をイメージした装飾となります。また、“TGS2018”限定ノベルティの配布やARカメラでリムル(スライム)と一緒に写真撮影できるフォトスポットも登場します。

ブースコンテンツ紹介

ジュラの大森林をイメージしたブース装飾

 出展ブースでは、主人公リムルたちが暮らすジュラの大森林をイメージした装飾が施されます。

SNS投稿でオリジナルノベルティをプレゼント

 ゲーム公式Twitterアカウントをフォローするか、Twitterで“#転スラゲーム”、“#スラテン”のハッシュタグを付けて投稿すると、TGS2018限定ノベルティがもらえます。

『転スラ』のリムル(スライム)と写真が撮れるARカメラ

 “TGS2018”開催期間中、本ブースでリムルと一緒に写真が撮れるARカメラが設置されます。

■“TGS2018”『転生したらスライムだった件 ~魔国連邦創世記~』出展概要
【会場】幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬 2-1)
【開催日程】
ビジネスデイ:9月20日、21日10:00~17:00
一般公開デイ:9月22日、23日10:00~17:00
【出展コーナー】スマートフォンゲームコーナー:5-C01

(C)川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会
(C) 2018 KICK-ASS, Ltd./(C) 2018 Gamegate, Inc.

 関連記事

閉じる