ページトップへ戻る

すべての格闘ゲーマーにこの熱い大会を見てほしい! 8月25日は『ミリオンアーサー アルカナブラッド』の全国大会・共闘性アルブラ杯!

著者:ゲーム★マニアックス編集部

2018年8月25日、東京・秋葉原e-sports SQUARE AKIHABARAにて、『ミリオンアーサー アルカナブラッド』(以下『アルブラ』)の公式全国大会「共闘性アルブラ杯」が開催される。


稼働から1年を待たずに二回目となる全国大会、今回は2on2形式となっている。仲間と力を合わせて、試合ごとに組み合わせを考察し、一発勝負のトーナメントで優勝を目指す選手たちの姿は、多くの『アルブラ』ファン、格闘ゲーマーの心を打つはずだ。

今回の記事では、本作の経験者や、格闘ゲーマー向けに、本大会の見どころをざっくりと紹介する。

ミリオンアーサー アルカナブラッド公式全国大会 共闘性アルブラ杯2018
全国決勝トーナメント
▼2018年8月25日(土) 16:00~▼


http://sep.jp.square-enix.com/info/20180825000722

もちろん、ゲームの特性を細やかに覚えなくても、格闘ゲームのシンプルなルールである「先に相手の体力を0にすれば勝ち」というルールさえ知っておけば見て損はない。興味のある方は、配信開始時間をお見逃しなく!

一回戦・注目試合をピックアップ!

今回の全国大会では、全国8箇所で開催された予選の1位、2位通過チームが激突する。『アルブラ』の公式生放送にて抽選で決定したトーナメントは、見どころたっぷりのものとなっている。

■一回戦第一試合:そうだ京都へ行こう-1 vs 秋原 UNI 部

第一試合では、「京都へ行こう-1」チームと「秋葉 UNI 部」チームが激突。両チームともに、全国に名を轟かせるリース使いが所属するチームとなっている。

リースの同キャラを当てる形になるのか、ビスクラ・居合アーサーと当てる形になるのか、両チームのオーダーの読み合いにまず注目したい。

ジン選手は緩急の絶妙な立ち回りとここぞというところの勝負強さを併せ持つプレイスタイルで、ツジイソス選手は対空迎撃と多彩なコンボ選択が持ち味。異なるプレイスタイルのリースに動きをお見逃しなく。

夢守選手、カスミ LOVE選手も、各キャラクターの最強を争う強豪プレイヤー。安定感のある居合アーサーは今大会の本命キャラクターとも言われているが、ビスクラは本作きっての攻めの強さを持つため、ぶつかり合いはオープニングにふさわしい派手な試合となるはずだ。


▲リースはリーチの長さを生かした安定感のある立ち回りを得意とするキャラクターだが、近距離でのガードを揺さぶる手段も豊富


■一回戦第二試合:リターンオブカラテ vs 「ぢ」ゃく酸性

独創性あふれるプレイでギャラリーを魅了するプレイヤーたちが、一回戦で相対することに。空手 健児選手の居合アーサーは、個性的なテンポの攻め武器に戦うスタイルで、一度ペースをつかめばそのまま勝負を決めてしまうことも多い。対するぢ選手も、センスとやりこみで培った苛烈な攻めを得意とするビスクラを見せてくれるはず。

ざびえる選手弱酸性農家選手は、ともにゼクスを扱うプレイヤー。ゼクスは、勢いに乗せると止めることが難しいキャラクターの一人なので、先鋒戦に繰り出すのか、それとも温存するのかという読み合いも見どころになりそうだ。

ざびえる選手の得意とする「人読み」が大会で冴えるのか、弱酸性農家選手の持ち味である鋭い攻めが通るのか、どんな組み合わせになっても見どころの多い試合となりそうだ。


▲居合アーサーは、立ち回り、攻撃力に長けたキャラクター。試合では、大ダメージコンボを見る機会も多いはず
 

■一回戦第五試合:「血聖大戦2018」ファイナリスト vs ビスクラとニムエ可愛い

第一回全国大会である「血聖大戦2018」のファイナリストであるキリヤ選手Kジロー選手の試合は、「大会慣れ」した熟練の技を見る良い機会となるはず。

しかし、対するビスクラとニムエ可愛いチームは、トリッキーな動きを得意とするキャラクターで構成されているため、いかに熟練のプレイヤーとはいえ、その対策と実施にはかなりの精神力が必要になる。

さらに、CBA選手、るーしゃ選手は、全国で指折りの強豪プレイヤーということもあり、勝敗は予測不能。


▲ニムエは遠距離、中距離からの攻撃手段に長けたキャラクター。試合のペースを相手に渡さないような立ち回りを得意とする
 

■一回戦第八試合:逆転性ミリオンアーサー vs 中伝

テクニカルキャラクターかつ独特な動きを持つニムエを極めて高いレベルで使いこなす長谷川夢選手と、強豪居合アーサー使いのおーさ選手による「逆転性ミリオンアーサー」チームと、今大会の優勝候である「中伝」チームの試合は、一回戦でぶつかりあうにはもったいないとも言われる好カードだ。

中伝チームは、本大会の前に行われた「アルカナカップ」の上位入賞者である宮本明選手オワッツ選手によるチームで、キャラクターも居合アーサー・盗賊アーサーと、強さ的にも申し分のない組み合わせとなっている。

しかし、いかに優勝候補とはいえ、九州を代表する強豪プレイヤーかつ、独特のプレイスタイルを持つ「逆転性ミリオンアーサー」チームを封殺することは難しいはず。チーム名のとおり、まさかの逆転劇が見られる可能性も!?


▲最強の盗賊アーサー使いとも言われる「オワッツ」選手を止めるプレイヤーは現れるのか
 

■ダークホースは当日予選通過チーム

本大会では「当日予選枠」が設けられており、当日に最後の枠をめぐる予選が開催される。

全国各地で行われた予選大会に出場したチームの中には、惜しくも優勝を逃した強豪チームがひしめいていたため、この予選でもハイレベルなチームが揃うことが予想される。

こうした当日予選のある大規模な大会では、「当日予選をくぐり抜けてきた勢い」は大きな力となるため、このトーナメントに大きな波乱を巻き起すことも予想される。

現状のキャラクター情勢

現バージョンの『アルブラ』では、ゼクス、居合アーサーが「強キャラ」として評価されることが多いが、重量級のスノウホワイトを除く他のキャラクターたちも、肉薄する強さを備えている。

大会の出場キャラクターを見回してみれば、前バージョンでは評価の振るわなかった「ニムエ」や「ビスクラ」などの姿も多く見られるように、本作のキャラクターたちは「ほぼみんな強い」という評価でも間違いではない。

サポート騎士:ベイリンへの対策

現バージョンでは、サポート騎士のベイリンを採用するプレイヤーが多い。本大会においてもそれは例外ではなく、多くの予選突破者たちが、ベイリンを起用している。

ただし、ベイリンの起用が進む一方で、上級者たちはこのサポートへのさまざまな対策を用意している。

ダッシュで引きつけてガードすることで相手の有利な時間を短縮したり、ダッシュからの緊急回避で一転読みからの反撃を試みたり。大会では、ベイリンが勝因となることもあれば、敗因となることもあるかもしれない。

強いサポートを活用するだけでなく、その対策を進めて挑むプレイヤーたちの「やり込み」にも注目だ。

* * * * * * *

以上、全国大会の見どころをざっくりと紹介したが、当日は予想だにしない熱い試合も目白押しのはず。「ゴジライン」の運営する『ミリオンアーサー アルカナブラッド』を100万倍楽しむサイトでは、各地の予選の試合模様を動画と共にレポートしているので、事前にもっと予習したいという方は記事を遡ってみよう。

本大会の熱い戦いを間近で見てみたいという方は、早めに会場を訪れてみるのもいい。大会では、本作のプロデューサーである琢磨尚文氏から「何かしらの発表」もあるとのこと。

重大発表かどうかは現時点では不明だが、こちらも楽しみにしておこう。


『ミリオンアーサー アルカナブラッド』公式サイト

NESiCAxLive2設置店舗

『ミリオンアーサー アルカナブラッド』を100万倍楽しむサイト(攻略あり)

© SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

 関連記事

閉じる