ページトップへ戻る

【DDON】シーズン3.4がある!? ハイセプターや黒呪の迷宮の反響は? シーズン3全体を振り返る開発スタッフインタビュー【後編】

著者:ゲーム★マニアックス編集部

カプコンが贈るオンラインオープンワールドアクション『ドラゴンズドグマ オンライン』(PS3/PS4/PC)。2018年8月16日より開幕となる新バージョン・シーズン3.3の魅力について、プロデューサーの松川美苗さん、ディレクターの木下研人さん、アシスタントプロデューサーの北村晃久さんにインタビューを実施。後半では、シーズン3の振り返りを中心にお伺いしたが、なんと衝撃の事実が判明して……!


インタビュー前編はコチラ!:【DDON】ネド王子は? 悪しき竜は? 新カスタムスキルは? シーズン3.3について開発スタッフへ直撃!【前編】


▲左から『ドラゴンズドグマ オンライン』プロデューサーの松川美苗さん、同ディレクターの木下研人さん、同アシスタントプロデューサーの北村晃久さん
 

衝撃の事実、シーズン3は3.3で終わりではなかった!

――シーズン大詰めということでシーズン3全体のことを振り返っていただきたいのですが。

松川美苗さん(以下、松川) あの……これはアナウンスしていないのですけど、じつはシーズン3は、3.3で終わりではないんです。

――えっ!?

松川 “絶望の大陸”の物語としてはクライマックスになるのですが、次に最終バージョンのシーズン3.4が控えています。これまでのシーズンが「1.3」「2.3」で最終だったので皆さんが、そう思われているかも知れないのですが……。

――まさにそのとおりの思い込みをしていました。

松川 アッカーシェランとネド王子の物語としては大詰めなのですが、シーズン3.4ではもうひと段階上の決着がつくという盛り上がりがあります。シーズン3.4は現在鋭意製作中です。


▲シーズン3.3でアッカーシェランの物語は完結。されど『ドラゴンズドグマ オンライン』としての物語はシーズン3.4へと継続する!
 

――わかりました。それでは改めてシーズン3.2の振り返りをお願いします。新ジョブのハイセプター、新コンセプトの黒呪の迷宮などが実装されましたが、ユーザーの反応はいかがでしたか?

木下研人さん(以下、木下) 目玉であるハイセプターと黒呪の迷宮、そして遊びやすさに基づいたリファインを手がけてきたのですが、まずハイセプターはこちらの想像を超えた好意的な反応をいただきました。

――たしかに一時期のゲーム内はハイセプターだらけでした。

木下 ほかのジョブに比べて使っているときの陶酔感が強いという振り返りをしています。操作性はそこまでシンプルではないけれど、使っていく中での気持ちよさのリターンが大きい。

次の手を考えながら「どんな技を出そう」がつながっていく気持ちよさと相まって、非常に好意的な反応がいただけたのかと思っています。

ジョブの調整上スロースターターとなりましたが、蓋を開けてみたらエンドコンテンツにもハイセプターが少なくない割合を締めていたので、長く使っていただけるジョブになったと思っています。


▲遠近どちらの攻撃も得意なハイセプター。すでに多数の覚者から人気を得ている
 

――キャンペーン効果も手伝ってLV.95のハイセプターを見かけるのは珍しくなくなりました。黒呪の迷宮は?

木下 もともとは本編のプレイゾーンに関係なくみんなで遊んでもらえることを目標にしていたのですが、報酬がコアユーザー向けなこともあって、現状で周回プレイをしてくれているのは熱量高く前線で遊んでくださっている方です。

多少狙いとは異なりましたが、常設で楽しめるコンテンスとして受け入れて頂いている印象です。シーズン開始直後は「ストーリーを進めず黒呪の迷宮潜りまくってるわ」という方もいて、僕としては「え!? ストーリーも遊んでください!」という複雑な心境だったりしました(笑)。


▲シーズン3.2から実装された黒呪の迷宮。ゲーム開始序盤から楽しめることもあり日々賑わっている
 

松川 新ジョブと黒呪の迷宮のためか、いつもよりメインクエストの進行がゆっくりだったんですよ。これまでのバージョンアップだとメインクエストが一気に消化されてから他コンテンツに向かうんですけど、新しく入ったものへの手触りが気になってくださったようですね。

北村晃久さん(以下、北村) 自分もそんな遊び方でしたよ。経験値3倍キャンペーンを使ってハイセプターのLV.を上げてメインクエストを進める。

松川 そういった意味では、こちらが提供した新しいコンテンツで遊びのサイクルが少し変わってくれたのかと思います。

木下 黒呪の迷宮も欲しいアイテムが出る出ないのギャンブルだけではなく、封印というシステムを入れたことで、より欲しい効果を狙っていけることで、より長く遊んでいただけるコンテンツを作れたのではないかと感じています。

――ちょっと意地悪な質問ですが、新ジョブ新コンテンツを導入したことでユーザーがバラけたりはしませんでしたか?

木下 シーズン3に入るにあたってサブストーリーやエピタフロードなど、コンテンツの広がりを用意して「やることがたくさんあります」というチャレンジをしたのですが、コンテンツの方向面や調整面で、熱量高く遊んでいただいている方から不満の声を頂いてしまう反省がありました。

また、復帰組の皆さんには「やっぱりLV.上げ面倒じゃん」といった、変化が見えにくい側面を生み出してしまっていたので、新規、あるいは復帰した皆さんがすぐに遊べるものを3.2では意識的に用意しました。

新ジョブ、黒呪の迷宮はもちろん、ジョブ修練の緩和であったり、冒険ガイドの実装で、入ってきた方がすぐに楽しさを感じてもらえるものを増やしたのが3.2の試みです。

これは、シーズン前半でのコンテンツにかなりのばらつきを生み出してしまった反省点を踏まえて3.2で大きく変えた部分となります。

――そこまで把握されているということは、今後はそういった遊びやすさについてもフォローをされるということですね。

木下 そうですね。作れるものには限りがありますが、今回はその手応えを感しることができたので、引き続きすぐに遊べるコンテンツや、遊びやすさを高めていきたいですね。

北村 冒険ガイドはいいですよね。冒険者サイトやTwitterを使ってのアドバイスではそのプレイヤーに合わせることは不可能ですが、冒険ガイドならそのプレイヤーのLV.帯にあわせて「これをやるといいよ」とオススメしてくれるので、運営側としてもすごくいい機能だと思います。リストで表示されるだけでも道標・導線ができるので。


▲「次になにしたらいい?」が即わかる冒険ガイドはユーザーフレンドリーな機能
 

松川 『DDON』は間もなく3周年を迎えますが、オンラインゲームとはいえ、同じゲームを3年遊ぶというのはすごいことだと思うんです。

――遊ぶ側も作る側も根気がいることだと思います。

松川 我々は仕事なのでやって当たり前ですけど、そういっていただけるとありがたいです。

遊んでいただく側の方々のほうが、生活環境が変わったり、違うゲームが気になったりするはず。そこに我々が「戻ってきてください」といっても届きづらい状況にはなっていると思うんです。

でもありがたいことに、シーズン3を遊んでくださったユーザーさんが「現在の『DDON』ってこうなっているよ」とTwitterなどで発信してくださるんです。

我々が想定していた以上にユーザーさんに盛り上げていただけたのがシーズン3.2だったのかと思います。本当にありがとうございます。

――シーズン3.4があるということは、物語も継続して用意されるということですよね。

松川 はい。ずっと『DDON』がテーマとして持っている“竜の物語”があるので、次はどんな悪しき竜を超えるなにかが出てくるのか……!?という感じです。

――わかりました。ところで、シーズン3.3にはサブストーリーは用意されているのでしょうか?

木下 すみません、シーズン3.3では入っていません。

RPG的な世界観の深掘りを喜んでいただける声を頂きつつも、一方でアクションが楽しみで本作を遊んでくださっているユーザーさんには、「あったら遊ぶけど、俺の遊ぶコンテンツではない」という反応もありました。

――『DDON』は実直なまでにハイ・ファンタジーの世界観で、今どきの日本のゲームとしては珍しい作風だと思います。片やコンテンツとしての手応えという意味では……。

松川 『DDON』のユーザーの皆さんは、各バージョンのメインクエストが終わると戦闘民族に変わってしまうので(笑)。

でもメインクエストのクリア率は各バージョンとも毎回ちゃんと高いんです。また、メインクエストだけを遊びに来る方たちが一定層いらっしゃるんです。戦闘系のコンテンツには興味がなく、シナリオの結末を見ると次のシーズンまでお休みされるっていう。

やはり3年続いているオンラインゲームだと、皆さん自分のスタンスで遊んでくださっているんだなって。生々しい話しをすると、冒険パスポートをシーズンごとに一ヶ月だけ購入する方がいるんです。

――その一月で集中してプレイを。

松川 「俺の3.2、これで終了」みたいな感じで、次のバージョンアップの一週間くらい前になると戻ってきてくださる。基本無料のゲームですし、作っている者としては、どんな形であれそういうふうに戻ってきてくださるのは嬉しいので、そうした期待を裏切らない展開を用意していきたいと思います。

ちょっと脱線しちゃうんですけど、シーズン3.2から、“24時間全コース開放”のサービスを始めたのですが、皆さんものすごい勢いで倉庫整理をされて。我々としてもそういう遊びを推奨したいわけではないですが、こちらが提供するキャンペーンやサービスに対して、思わぬ遊び方で返してくださる。

数千人ベースでDAU(※デイリー・アクティブ・ユーザー。1日にサービスを利用したユーザー数)がワッと増えるので嬉しいなと。

北村 自身もプレイヤーとして『DDON』が、とくにアクション面が好きでハイセプターを使っているのですが、一方で武器やアイテムなどのフレーバーテキスト(説明文)が薄いとは感じているんですね。

そういった中でサブストーリーのような人間関係がわかるようなコンテンツって、僕はすごい好きなんです。そこをもっと訴求していきたいですね。

松川 社内で違うチームの人から「ソネルやばいっす!」って、サブストーリーの話題を持ちかけられたことがあります。皆さんピンポイントで刺さるところが違うんだなって。

木下 出発点がアクションRPGである『ドラゴンズドグマ』なので、メインクエストを進めるだけではなく、世界観を深掘りする楽しさがあれば、もう少しゲームに付き合っていただける時間を増やしていただけるんじゃないかなと。それがバラエティ感につながればいいと思って、サブストーリーを作っていました。

さらに冒険を快適にするための施策を

――シーズン3.3でのゲームシステム面のリファインはどのように?

木下 リファインとしては、ブラッドオーブ(BO)の50000、ハイオーブ(HO)を5000と、それぞれの上限を引き上げています。ここはユーザーさんのご意見を聞きつつ、ゲームバランスを加味して調整しています。

北村 例えばプレゼントなどで10000BOを提供すると上限を超えてこぼしてしまう方がいたので、受け取りやすくなると思います。


▲BOとHOの所持上限が大幅アップ。足りなくなりがちなのでありがたい!
 

――素朴な疑問なのですが、なぜ上限が設けられているのでしょう?

木下 BOやHOを無限にためられるようにすると、次のバージョンの新スキルがリリースした直後に瞬殺されてしまい、提供するに等しくないバランスとなってしまうことが大きな理由です。

――新設されるエクストリームミッション(EXM)の掲示板については?

木下 従来のEXMの募集はアランやアイザックといった専用のNPCに話しかけて、それぞれの施設に検索をしないといけませんでしたが、掲示板を使うことで全サーバー、全NPCを横断しての閲覧や、エントリーができるようになります。

――クラフトでの素材を直接バザーで購入できるようになります。

木下 クラフトで必要な素材は見られましたが、その素材がバザーにあるのかは、いったんクラフトメニューを閉じてバザーに行かなければなりませんでした。

――クラフトとバザーを行ったり来たりは、もはや『DDON』あるあるです。

木下 はい。なので、クラフトメニューの中からダイレクトにバザーの商品を確認・購入ができるようになります。

松川 要望が高かったところでしたが、やっと実現できました。ユーザーの皆さんには大変おまたせしました。

――プレイヤーの性別も変えられるようになります。

木下 以前にポーンの性別を変更できるようにはしましたが、その後も多くはないけれど強い意見としてプレイヤーの性別変更も可能にしてほしいというご要望にお応えした形です。

3年もずっと続けて遊んできてくださっている皆さんですので、性別変更ができることで気分を変えて遊んでくださるのであれば、というのが実装の理由です。具体的には、美容院で黄金石を使うことで行なえます

――祝福のルーキーズリングの上限がジョブレベル(LV.)90まで引き上げられます。

松川 もう(レベル90は)ルーキーなのかって話しかもしれませんが(笑)。でも、最前線ではない方々の成長スピードと、後から初めてくださる方々のコンテンツの遊びやすさを、都度踏まえながら調整しています。

この先ずっと上げていくかというと未定なのですが、皆さんのプレイ動向を見させていただいたうえで今回のリファインのひとつとさせていただきました。プレイヤーのレベルキャップは100までとなります。

北村 最前線のエンドコンテンツまでストレスなくたどり着いていただくことは、重要かと思っています。


▲エンドコンテンツであるウォーミッションで入手できる最強装備がコチラ。性能が気になるところだ
 

――ショップで購入できるLV.90になるオーブは継続して販売を?

松川 はい、変わらず販売していきます。

――投擲武器のモーション調整が入ります。これはやはりエピタフロードでの試練が……。

木下 そこのみです(苦笑)。投擲アクションのもったり感や狙いにくさ、邪魔されることへのフラストレーションとなっていましたので。

北村 プレイヤーとしては、水濡れ・油濡れ用の武器を作っていますね。

――やはりそうなりますよね。そしてジョブ修練敵の名前の上に▽マークがつくようなりました。

松川 マップに加えてフィールドでも表示するようにしました。とりあえず▽を見たら殴ってください(笑)。


▲ジョブ修練敵は頭上にも▽マークがつくように。わかりやすい
 

北村 3.2からはポーンが声で修練敵の存在を教えてくれるようになりましたもんね。

木下 ポーンはただ戦うだけではなく、フィールドを歩いているときの手助けになるという意味合いから実装しましたが、ご好評いただけたようでうれしいです。

3.3でのポーンの機能強化はありませんが、今後も必要と思われる機能は計画・実装をしていきます。

――スペシャルボードクエストで経験値(EXP)のアップする上限がLV.89まで引き上げられます。

松川 こちらも皆さんのプレイ状況と遊び幅を見させていただきながら、逐次調整を行っています。

毎日ログインしてくださっている方は当然のように黄金石が必要ない1回分は必ずクリアをしてくれるのですが、「レベルアップまでちょっと分だけEXPがほしい」というときに購入してくださる方もけっこういらっしゃるんです。

北村 現在は一定範囲のLV.帯でのみ入手できる経験値がアップしますが、その下限を撤廃しようという話し合いももたれています。

松川 もともとは1ジョブがLV.60~70くらいで止まってしまっているプレイヤーのサポートとして用意した機能なので、プレイ時間を割いていただけるなら賞金首を討伐したほうが実入りは大きいです。

ただフリー・トゥ・プレイのゲームですので、せっかくログインをしていただいたのに、なにも得られずにその日のプレイが終わってしまうの内容に調整しました。

――プレイ年数が増えることで、やるべきこと、やらなくてはいけないことは増えていきます。

松川 プレイヤースキルやジョブ修練などさまざまな育成要素がある本作ですが、その中でも「遊びに行こう」というきっかけとして、ジョブレベルだけはお渡しできるようにしているということです。

――スマホ用の連動アプリ、冒険手帳のアップデートは?

松川 シーズン3.3でエリア情報とクラフト関係のアップデートを行います。今後も引き続きアップデートを行えるよう準備を整えていますので、ご活用いただければと思います。

――映像コンテンツやオフラインミーティングのようなゲーム外での仕掛けは継続されていくのでしょうか?

松川 はい。ラジオ形式のコンテンツ「どどらじフライデー」については、やろうと思った翌日には収録しているくらいフットワーク軽くできるので、継続して行っていきます。開発メンバー同士で食事を取りながらおもしろい話題を拾っていたりするんですよ。

この夏は3周年記念でガルドリン役の声優、江口拓也さんをお招きして収録させていただきました。Twitterで公開しますので、ぜひお聴きください。それに関連して8月16日のアップデート後からは、“ガルドリンを探せ!”という連動コンテンツが始まります。

また、北村が「北村APのDDONナウ!」というゲーム実況的な映像コンテンツもTwitterでお届けしています。

今後も、どうやったらユーザーさんにどうやったらゲームの情報が一番届くのかと探りながらやっていきたいと思います。

8月31日には3周年記念のリアルイベント「DDON3周年記念パーティー presents by PASELA RESORTS」も実施します。当日は19:50よりYouTubeLiveにて生放送の配信もありますので、ぜひそちらをご覧ください。

木下 4月のハイセプター体験会はぎっくり腰で欠席したので、皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。ユーザーの皆さんからは、我々もエネルギーをいただけるので。

北村 3周年記念の白竜杯ではタイムアタックを行う予定です。

木下 レギュレーションとして”特別な条件”を用意しており、その特別な条件下で工夫してタイムアタックをしていただきます。選んだジョブによってかかる補助効果が変わるので、その組み合わせを考えながら繰り返し遊べるようにしています。詳しくは8月16日にメンバーサイトにて詳細を発表しますので、報酬とあわせて楽しみにしていただきたいです。

――最後に改めて、シーズン3.3で注目してほしい部分のアピールをお願いします!

木下 約1年前から始まったシーズン3ですが、8月16日のシーズン3.3では“絶望の大陸”という題材が終幕を迎えます。ネド王子と共に解放軍として悪しき竜を目指して戦ってきたユーザーさんたちには、その場面をご自身の手で味わっていただきたいです。

バトル周りでは、より楽しく戦えるようにスキルのラインアップを揃えましたので、好みのスキルを使いつつ、悪しき竜との壮大な戦いを楽しんでいただけたらと思います。

北村 シーズン3.3では数々のリファインがなされて遊びやすさが追加されているので、継続的に楽しんでいただければと思います。

自分としては「DDONナウ!」のようなユーザーさんと一緒に楽しむ企画を提供してゲームを盛り上げていければと思います。もし一緒にプレイされる方は、ご協力よろしくお願いします。コラボに関してもいろいろと仕込んでいますので、楽しみにしていてください!

松川 間もなくシーズン3.3が始まり、そして3周年の10大イベントをプレイしていただき、本当にありがとうございます。

いろんな3が並んだアニバーサリーを覚者の皆さんと一緒に迎えられたことを嬉しく思いますし、盛大にお祝いをしたいと思っています。このインタビューでお話した以外にもユーザーの皆さんがゲーム内で楽しめる要素をたくさん用意していますので、ぜひシーズン3.3を楽しんでください。


 
 
©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

 関連記事

閉じる