ページトップへ戻る

『コードヴェイン』の発売時期が2019年に延期

記事提供元:

『コードヴェイン』の発売日が2019年に延期。理由は“高い遊びごたえのある作品としてユーザーに届けるには、今しばらくの期間が必要との結論に至ったため”とのことです。


 バンダイナムコエンターテインメントは、PS4/Xbox One/PC(Steam)用ソフト『CODE VEIN(コードヴェイン)』の発売日を2019年に延期しました。

『CODE VEIN(コードヴェイン)』
▲画像はPS4版のパッケージ

 『コードヴェイン』は、強敵と危険が待ち受けるダンジョンに、バディとともに挑むドラマティック探索アクションRPGです。プレイヤーは、主人公をキャラメイクできます。

 ストーリーは崩壊を迎えた世界を舞台に進行し、血を吸うことで超常的な力と人間性を保つ“吸血鬼(レヴナント)”と呼ばれる者たちのドラマが描かれていきます。バトル内では、敵から血を奪う吸血アクションや、その血を使った特殊能力“錬血”を駆使した立ち回りが特徴です。

 発売日延期の理由は、オリジナルRPGとして2018年9月の発売日にむけて鋭意制作をしていく中、よりよい品質、高い遊びごたえのある作品としてユーザーに届けるには、今しばらくの期間が必要との結論に至ったためとのことです。

■『CODE VEIN(コードヴェイン)』変更内容
【変更前発売日】
PS4/Xbox One版:9月27日
PC(Steam)版:9月28日
【変更後発売日】
PS4/Xbox One/PC(Steam)版:2019年予定

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc

 関連記事

閉じる