ページトップへ戻る

これから始める『ドラゴンズドグマ オンライン』(33):ポーンが覚える「特技」を理解しよう

著者:ゲーム★マニアックス編集部

基本プレイが無料で、ハードさえあれば今日からでも始められる、カプコンのオンラインオープンワールドアクション『ドラゴンズドグマ オンライン』(PS3/PS4/PC)。今回は、覚者(プレイヤー)を助けるポーンが覚える特技について解説。覚えればソロプレイがより快適に!


ポーンが覚える特技とは

覚者の忠実な従者としてソロプレイをサポートしてくれるポーン(AIキャラクター)。最新バージョンの3.2からは、ポーンだけが覚える“特技”が実装されている。

特技とはポーンだけの専用スキルで、発動するとパーティーメンバーのHPを回復してくれたり、自身が敵に与えるダメージ量を上げるなど、バトルをより有利に導くさまざまな効果を発揮するものだ。


▲特技を覚えているポーンは、バトルの状況に合わせて自動で使ってくれる。発動時は専用のセリフと共にポーンが緑色に光る
 

ポーンが特技を使えるようにするには、パーソナルクエスト【パートナーポーンとの暮らし】を達成し、覚者の自室を解放後、パーソナルクエスト【不思議な呼び鈴】をクリアすれば準備オーケー。初期状態では、ジョブごとにひとつの特技を習得しているので参考にしよう。

全部で9種類ある特技は、覚者がメインポーンと冒険を共にしている中で、ポーン自身が閃くことでストックされていく。ポーンのジョブによって閃きやすい特技は異なることも覚えておこう。

さらに、特技には【地→空→天】の3ランクがあり、特技ランクが高いものほど特技の効果が大きくなるが、ランクの高いものほど閃く確率は低い。


▲バトルの最中にポーンが特技を閃くとメッセージが表示される

ポーンの特技一覧

【剛化】一定時間、自身の物理攻撃力と魔法攻撃力が増加する。特技ランクが高いほど効果時間が増加。
【重化】一定時間、自身の吹き飛ばし力と疲労攻力とチャンス攻力が増加する。特技ランクが高いほど効果時間が増加。
【癒活】瞬時にパーティーメンバーの体力とスタミナが回復する。特技ランクが高いほど回復量が増加。
【守護】一定時間、パーティーメンバーの物理防御力と魔法防御力と状態異常耐性が増加する。特技ランクが高いほど効果時間が増加。
【柔化】一定時間、自身のスキルでより敵を状態異常にかけやすくなる。特技ランクが高いほど効果時間が増加。
【集視】瞬時に自身の周囲の敵の注目を集める。特技ランクが高いほど注目度が増加。
【無恐】一定時間、自身の物理防御力と魔法防御力と状態異常耐性を大幅に増加させ、敵の攻撃を回避しなくなる。特技ランクが高いほど効果時間が増加。
【集中】一定時間、自身の詠唱と溜めに必要な時間が短くなる。特技ランクが高いほど効果時間が増加。
【蘇生】覚者が行動不能状態となったときに、一定確率で覚者を復活させる。特技ランクが高いほど確率が増加。


ポーンが閃いた特技は、最大10個までストックしておくことが可能。10個がストックされた状態では、特技を破棄(後述)して空きができるまで閃かなくなるので注意。

特技のセットと閃きの果実

ポーンが閃いた特技は、ジョブごとに3つまでポーンにセットすることが可能だ。特技の変更は、覚者の自室に設置されている語らいのベルのメニュー“特技設定について”から行う。

生存率がアップする癒活、または蘇生で1枠を使い、残り2枠にはジョブに合わせた特技とするのがオススメ。当然、より高ランクの特技を閃いたら、それまでのモノに上書きしよう。


▲特技のセットは覚者の自室にて。ジョブごとに最大3つまでセットできる

特技のセット時には、すでに閃いた特技の破棄ができる。ランクが違っても同じ特技はセットできないので、別のジョブにセットするか、破棄するかして、つねにストックに空きを作るようにしよう。

しかも特技を破棄した場合、戦術育成という、ポーンの行動を育成するのに必要な”育成EXP”がそのポーンで入手できるのに加え、より高ランクの特技を閃きやすくなる。ポーンとの冒険が多い覚者は、もったいないと思わずにランクの低い特技はどんどん破棄しよう。

ポーンの特技は、バトル以外にも黒呪の迷宮で入手できる“閃きの果実”を使って閃くことができる。ただし、どの特技を閃くかはアイテムを使ってみないとわからない運任せなので、積極的な利用は微妙かもしれない。


▲“閃きの果実”は“黒呪のオーブ”から取り出せる。“黒呪のオーブ”は黒呪の迷宮にて銀竜の印と交換で入手できる

といったところで、今回はここまで!

 
©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

 関連記事

閉じる