ページトップへ戻る

『プリコネR』プレイ日記番外編:今夜食べたいプリ米講座

著者:ゲーム★マニアックス編集部

朝と夜はイギリスから輸入した白い粉を無脂肪乳に溶かして、それを一気飲みする生活を始めて早1年半が経過したゴジライン料理部の"あるかい"です。今回は2週間まえから言っている"プリ米"が届いたので、大地とCygamesに感謝しながら白米をかみ締めていきたいと思います。



▲エイプリルフール企画で販売されたプリ米。パッケージのペコちゃんがかわいすぎてYABAI
 

まずは白米だけで炊いて食べてみたところ、ややもっちり系で粘り強い良いお米。美味しいお米と言うとすぐに「あま~い」とか言う人がいますが、こちらのプリ米は甘さというよりもお米の味、風味が強いといった感じです。お米を炊いたときに香ってくる、あの何とも言えない香りが米粒に凝縮されていいます。

今回はそんなランドソル産のコシヒカリ"プリ米"を、美味しく食べるレポートをお届けします。

1-1 おにぎり

プリ米はもっちりした食感が特徴なので、つぎに作った料理は米自体にはあまり手を加えず食べる料理をチョイス。ということで、ペコリーヌも大好きなおにぎりを作ってみました。


▲米を楽しむなら塩むすびだろ!という声が聞こえてきますが、あるかいはコーヒーもダメなキッズ舌の持ち主なので今回はいくらと豚味噌を用意。写真は飯テロ時に大活躍のアプリ『Foodie』(※)で撮影。他人の精神を攻撃するためには手段を問わない集団ゴジライン

※写真アプリ『Foodie』 iOS / Android

最初は上に乗せた具と白米。次の1口はほぼ白米だけ。そして食べ進めると中に入れた具材がでてきて最後には海苔と合流……。気づけばペロリと食べてしまう悪魔のような美味しさ。

普段は食いもしないクセに写真映えのためだけに買ってきた黄色いたくあんも、口直しにいい仕事をしてるような気もします。ですがやはりすべてはプリ米の力。収穫してくれたペコリーヌやコッコロたん、キャルちゃんに感謝しながら涙して完食。

1-2 お刺身

次はシンプルな日本食ということで、お刺身を選びました。ほっかほかのご飯にお醤油をつけた刺身を、ワンバウンドしてご飯と一緒に……と考えただけでも美味しそう! なのですが、今回はお刺身も少し変わったモノをご用意しました。

馬刺しです。察しの良い読者ならお気づきだと思いますが……そうです! 現在アニメ放送中でアプリも鋭意製作中なCygames様の次回作『ウマ娘』へ向けてゴジラインでは最近、本場熊本の業者から直輸入して日々、馬刺しを食べているのです。

「え、ウマ娘好きなのに馬刺し食べるの……!?」

という声も聞こえてきますが、我々が食べなくても馬刺しは生産され続ける。ならば知らないおっさんに食べられるよりも前に、少しでも多く愛ある我々が食べてあげなくては;;というひとえに"愛情"からくる行動なのでご理解ください。

ちなみにお味のほうはもちろん◎。馬刺しだけでも美味しいのですが、ほっかほかの白米と食べることで飽きることなく永遠に食べられます。ありがとう、Cygames。

ちなみに左に見切れているあまりに美しいグラスは、サイストア様で販売されている"グランブルーファンタジー 江戸切子"。このグラスのおかげで、ただのお水すらも美味しく感じます。

ボス ???

このままでは、ただおっさんがご飯を食ってるだけで終わってしまうので、最後ぐらいは気合いをいれてご用意させていただきました。プリ米のお得意様のひとりである、ゴースト娘の"ミヤコ"も言っておりました。「この米はプリンにもあうの~」と。


▲プリンも自作する気合いの入りようですが、器を用意するのが面倒だったので湯のみで。製作には、おにぎり画像に見切れていたアイツを使わせてもらいました。プリ米に合うように卵ベースではなく、どちらかというとミルクベースに仕上げました。ミルクがゆとかあるしほら。そんな感じで食べられるハズ
 

プリン丼だけのパワースタイルでも良かったのですが、いつもどおり"あるかい家"の食卓にそっとプリンを添えました。一緒に食卓を囲む父親からは「なんでお前だけプリンあんの?」とツっこまれましたが「素人は黙ってみとれ」と言い放ち、プリンを白米にシュートしました。


▲鎮座するプリン。唖然とするあるかい父
 

ええいままよ!と思って口に運んだのですが、プリ米用にチューンナップしたおかげか、意外と食べられました。既製品のプリンではこうはいかないと思うので、くれぐれも注意していただきたいのですが、今回でいうならば「冷たい茶碗蒸しとご飯を一緒に食べる感じ」で結構イケました。シャケのムニエルとの相性もそこまで気になることなく完食。ただ味噌汁だけは死ぬほどあいませんでした。


▲途中、馬刺し用に買ってあった甘口醤油をかけてみたところ、普通の醤油よりも「プリンに醤油をかけるとウニになる」がかなり信憑性を帯びる味に。悪くない
 

またやりたいかっていうと絶対にやりませんが、ミヤコの気持ちを少しでも理解したい人は自作してみてもイイのではないでしょうか。

今回はプリン○ルにお高めの無脂肪乳と、ミルクジャムを大さじ1杯入れて作ってみたら、普通にプリンとしても美味しかったので大変オススメ。まだまだプリ米が残っているので、今後はもっちり食感を活かして炊き込みご飯とかも試していきたい! ……といったところで今回はゲーム画面すら映らないまま終わりにしたいと思います。それではまた次回!


文/あるかい

『プリンセスコネクト!Re:Dive』公式サイト

© Cygames, Inc.

 関連記事

閉じる