ページトップへ戻る

『プリコネR』プレイ日記:プリコネ太郎に衝撃の事実が発覚(第6回)

著者:ゲーム★マニアックス編集部

『プリンセスコネクト!Re:Dive』(以下『プリコネR』)では、2018年4月30日からイベント「リトルリリカルアドベンチャーズ!」と、本イベントのメインキャラ・キョウカのピックアップガチャがスタート。キョウカは待望の星3魔法使いの追加キャラクターで、ユニオンバーストが単体なのもあってアリーナやクランバトルの環境に一石を投じるのでは!?とゴジラインでも話題のキャラクターです。



▲じつは今まで1人もいなかった単体攻撃ユニオンバースト持ちの魔法使いキャラクター。見るからに今夜勝てそうなキャラ、どうしてもほしい!!!


新しいガチャが始まるとガチャ結果で乱舞するのは、ゴジライン恒例行事。今回も例に漏れず"カワイイ"確のキョウカを狙って、漢たちがガチャを回しまくりました。
ガチャを回しても回しても新キャラが出ないだけでもキツイのに、先に出した人が画像と共に「まだキョウカ出ておらず???」と煽ってくるゴジラインはまさに地獄。

今回私は開始早々に出てしまったので、LINEには「ゆ」の文字が流れる事態に。これは我々の中で使われているスラングで「癒着」の頭文字をとったもの。ガチャから新キャラが出なければ煽られ、速くでてしまってもメーカーとの「ゆ」を疑われる。そんな人間不信のおっさんたちの集まりですが、『プリコネR』のカワイイ女の子たちにつね日ごろ、癒されております。ありがとう、Cygames。

キョウカの性能などについては詳しい方々にお任せするとして、今回私が注目していただきたいのがキョウカのストーリー。この中でプリコネ太郎(主人公)に衝撃の事実が発覚します。


▲キョウカのストーリー第4話「宿題お手伝い」の1シーン


今までプリコネ太郎は、異世界転生した際に記憶障害になったために「コッコロたんのお世話ナシでは生きられないほどのダメ人間になってしまった」と思っていたのですが、どうやらそれは違いだったようです。じつは現実世界でも相当なダメ人間だったことが発覚しました。どう見ても小学生のキョウカに高校生のプリコネ太郎が「宿題手伝って」とナチュラルに言ってのける。さすがにこれには痺れもしないし憧れもしないですね……。


▲この選択肢である。もちろんノータイムで下を選びました


前回のイベント「ハツネのプレゼント大作戦」ではシオリを喜ばせるために気を使い、ハツネにお金を貸して上げるという大成長を遂げたプリコネ太郎。しかし、今回は小学生に宿題をやらせる大失態。まだまだコッコロたんなしで人間らしい生活を送るのは難しそうです。がんばれプリコネ太郎、それゆけプリコネ太郎。


▲キョウカのストーリーで鬼ごっこをしているシーン。深い意味はないですがこれがカウントダウンだったら良かったのになぁ……。本当に深い意味はないですが。それではまた次回!


文/あるかい

『プリンセスコネクト!Re:Dive』公式サイト

© Cygames, Inc.

 関連記事

閉じる