ページトップへ戻る

【eスポーツ】明治安田生命eJ.LEAGUE開幕! 初代王者は浦和レッズ推薦のかーる選手!

著者:ゲーム★マニアックス編集部

2018年5月4日。東京都本郷にあるJFAハウスのヴァーチャルスタジアムで、明治安田生命eJ.LEAGUE決勝ラウンドが行われ、浦和レッズ推薦のかーる選手が優勝。初代王者に輝いた。


激闘の準決勝

サッカーゲームのPS4版『FIFA18』を使用して争われたこの大会、決勝ラウンドに駒を進めたのは、J1クラブからの推薦を受けた5選手と、予選および敗者復活ラウンドを勝ち抜いてきた10選手の合わせて15名。各選手はJ1クラブのユニフォームを着用して大会に参加し、会場を盛り上げた。


©J..LEAGUE

激闘をくぐり抜け準決勝へと勝ち進んだのは、レッズのユニフォームを身にまとう"かーる"選手とサガン鳥栖のアヤックス・ボブ選手。それに 、横浜FMのあつや選手と川崎Fのナスリ選手の4名となった。

準決勝第一試合ではアヤックス・ボブ選手とあつや選手が対戦。

アヤックス・ボブ選手はFIFA公認のトップ50プレイヤーであり、かつてはアヤックスのユースでゴールキーパーとして活躍した経験もある、リアルのサッカープレイヤーだったとのこと。現在は アヤックスのユースアカデミーとのパートナーシップに基づいてサガン鳥栖に所属し、日本のeスポーツで活躍している。

激戦が予想された準決勝第一試合だったが、序盤からアヤックス・ボブ選手の一方的なペースで試合が進む。積極的なハイプレスでボールを奪い、ゴールを量産。試合終了間際にあつや選手が意地を見せて1点を返すも、最終スコアは5-1と圧倒的な大差をつけてアヤックス・ボブ選手が決勝へと駒を進めた。

準決勝第二試合は優勝候補のナスリ選手とかーる選手の対戦となった。準決勝までに10ゴールをあげたナスリ選手が有利かと思われたが、"かーる"選手が前半開始直後に先制点を奪取! 会場は拍手と歓声に包まれた。その後は"かーる"選手が巧みな守備でナスリ選手のアタックを封じ続けるが、前半終了間際、ナスリ選手がついにカール選手の鉄壁の守備網をくぐり抜け、同点ゴールをあげる。

後半も互いの攻撃を打ち消しあうじりじりとした展開が続くが、72分、"かーる"選手が見事に勝ち越しのゴールをあげ、残り時間を守り切り、決勝へのチケットを手に入れた。

決勝戦

 


左:アヤックス・ボブ選手 右:かーる選手 ©J..LEAGUE

圧倒的な攻撃力を誇るアヤックス・ボブ選手と、守備の名手"かーる"選手によって争われた決勝戦は、序盤から激しい展開となった。

前半開始直後にアヤックス・ボブ選手はPKを獲得。先制するかと思われたが、痛恨のミスキック。ここから試合の流れはじわじわとかーる選手に傾き、25分に波状攻撃をしかけ、待望の先制点をあげる。その後も前半終了間際に追加点をあげ、前半を2-0で折り返すこととなった。

後半、アヤックス・ボブ選手が怒涛の攻撃を仕掛けるが、カール選手は見事にしのぎ切り、そのままタイムアップ。かーる選手がeJ.LEAGUE初代王座に輝いた。

試合後「前にボブと試合をしたときは2-3で負けているので、自信はなかったけどチャンスはあると思っていた」と語ったかーる氏。勝因を聞かれ「守備的な布陣がうまく行った」と守り重視の姿勢が勝利を呼びこんだと分析した。また以前にアヤックスの選手に2度負けていたとも語り「外人には苦手意識がありましたが、今後は勝っていけると思います」と今後の大会へ向けての意欲を語った。

準優勝に終わったアヤックス・ボブ選手は「最初のPKを決めていれば展開は違ったはず」と落胆した様子で語った。今後も日本のeスポーツに参戦するとのことなので、活躍に期待したい。


▲表彰式にはJリーグの村井チェアマンが登壇(写真:早川清一朗)

優勝した"かーる"選手には、5月28日からオランダのアムステルダムで行われる『Global Series Playoff』の出場権が与えられた。『Global Series Playoff』は全世界から128名の選手が参加し、勝ち抜いた32名には8月に開催される『FIFA eWorld Cup 2018 Grand Final』に出場する権利が与えられる。


取材・文 / 早川清一朗

© J.LEAGUE

 関連記事

閉じる