ページトップへ戻る

『ブレイブルー クロスタッグバトル』最新プレイレポート。エピソードモードと『RWBY』のワイスに注目

記事提供元:

『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』の体験ROMをもとに、クロスオーバー満載のエピソードモードやアクションの感想、そしてワイス・シュニーのキャラクター解説をお届けします!


 アークシステムワークスより、2018年5月31日に発売されるPS4/Nintendo Switch/PC用2D格闘ゲーム『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE(ブレイブルー クロスタッグバトル、BBTAG)』。今回の記事では、本作の体験ROMをもとにしたレビューをお届けします。

『ブレイブルー クロスタッグバトル』

 本作の基本的なシステムは、こちらの記事に掲載しています。今回は、以前の体験プレイでは触れられなかった各種ゲームモードやバトルシステムなどをピックアップしていきますので、興味のある方はぜひチェックしてください!

『ブレイブルー クロスタッグバトル』とは?

 『BLAZBLUE(ブレイブルー)』シリーズ生誕10周年を記念した、アークシステムワークスの対戦格闘ゲーム。作品の枠を超えた人気キャラクターが競演して、夢のタッグバトルを楽しめる作品となっています。

 参戦タイトルは、『ブレイブルー』、『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ(P4U)』、『UNDER NIGHT IN-BIRTH(アンダーナイト インヴァース、UNI)』、『RWBY』の4作品。海外の人気3DCGアニメ『RWBY』の参戦により、日本のみならず海外のゲームファンからも注目を集めています。

『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲4作品のヒーロー&ヒロインたちが入り乱れる白熱のタッグバトル! 好きなキャラでタッグを組んで、世界中のライバルたちと対戦を楽しみましょう。
『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲基本操作はシンプルで簡単。ボタン連打の“スマートコンボ”や、ワンボタンのガード崩し技“クラッシュアクション”などで、初心者でも爽快なアクションを繰り出せます!

参戦キャラクター(※2018年4月21日時点に発表されているもの)

ブレイブルーラグナ、ジン、ノエル、レイチェル、テイガー、ν-No.13-(ニュー)、ハザマ、マコト、アズラエル、Es(エス)、[プラチナ]、[獣兵衛]、[ハクメン]
P4U鳴上悠、花村陽介、里中千枝、天城雪子、[巽完二]、[アイギス]、[白鐘直斗]
UNIハイド、リンネ、ワレンシュタイン、ゴルドー、[オリエ]、[カーマイン]、[バティスタ]
RWBYルビー、ワイス、[ブレイク]、[ヤン]

※[ ]内のキャラクターはダウンロードコンテンツで配信予定です。

盛りだくさんのゲームモード。本作だけのオリジナルストーリーも!

 ゲームは、すべてのモードの入口となるエントランスからスタート。ここでプレイヤーのアバターを操作して、さまざまなモードを選択できます。何かわからないことがあったらエントランス内にいるカジュンに話しかければOK。Q&A形式でシステムを解説してくれますよ!

『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲エントランス内にはカジュンやリンファの姿が! 2人は『ブレイブルー』シリーズのキャラで、カジュンは外伝コミックの“リミックスハート”で初登場しました。
『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲アイテムショップでは、キャラクターカラーやアバターキャラを購入可能。ゲーム内通貨であるP$(プラチナダラー)は、各モードやオンライン対戦をこなすと獲得できます。
『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲エントランス内でメニューを開けば、各種ゲームモードを選択できます。

オフラインで遊べるモード

エピソードモードストーリーを楽しめるモード
トレーニングモード自由な設定でキャラを動かせる練習モード
V.S.モード友だちやCPUと対戦できるモード
タクティクスモード本作のバトルシステムやキャラごとの戦術を学べるモード
サバイバルモード限られた体力の中でCPUと連戦する1人用モード
ギャラリーモードゲーム中のCGやムービー、イラストなどを鑑賞できるモード
リプレイシアター保存した対戦リプレイを再生・管理できるモード

オンラインで遊べるモード

ランクロビー自分の実力を示す“段位”や“タッグポイント”が変動するオンライン対戦が行えます。ガチ対戦が好きな人はこちらで!
カジュアルロビー大勢のプレイヤーが一堂に集まるロビー。勝敗やポイントを気にせず気軽に対戦できます。チャットやスタンプを使って、他のプレイヤーと交流することもできます。
ルームマッチ自分のエントランスに他のプレイヤーを招待します。友だち同士でオンライン対戦をしたい時に利用しましょう。

クロスオーバー満載の掛け合いがおもしろすぎる!

 そんなわけで、以前から気になっていたエピソードモードをプレイさせてもらいました! 物語は本作だけのオリジナルストーリーで、『ブレイブルー』編、『P4U』編、『UNI』編、『RWBY』編の4つのエピソードを選べるようになっています。

 物語をざっくり解説すると、各タイトルのキャラたちは、謎の人物によって異世界“ファントムフィールド”に召喚されてしまいます。元の世界に帰るためには、キーストーンと呼ばれる石を集める必要があり、その石は他の主人公たちが所持しているとのこと。そんな理由があり、ラグナたちは異世界でのサバイバルバトルに参加することになります。

 物語の展開はエピソードごとに異なり、『ブレイブルー』編では選択肢によるルート変化も確認。「もっとシリアスな展開かなのかな?」と思っていたけど、全体的に軽い感じのノリが多く、作品ごとのクロスオーバーを存分に楽しめました。

 獣兵衛に胸をトキめかせる完二とか、バティスタのヤンデレ(ν-No.13-のこと)考察とか、おもしろすぎるやろ……!(笑) もちろん、終盤あたりは熱い展開が満載なので、かっこいいラグナたちの姿にも期待していてください!

『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲突然異世界に召喚されたラグナとノエルのもとに謎の声が響き渡り、キーストーンを巡るタッグバトル大会の開催を宣言します。はたして、その目的とは?
『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲声の主は、この世界の“神”のような存在。世界のルールを自由に設定して、タッグバトル以外は戦闘が成立しないルールを定めたそうです。意外に軽い性格で、あんまり悪い奴には見えないけど……怪しい。

ブレイブルー編

 離れ離れになってしまったノエルの探索中に、キーストーンの情報を集めているゴルドーと遭遇するラグナ。無駄な戦闘を回避するため互いの事情を話す2人でしたが、そこにルビー&ブレイクのペアが奇襲を仕掛けてきます。その場を切り抜けるためにラグナはゴルドーと即席タッグを組んで戦うことになります。

『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲レイチェルはキーストーンについて何か知っているらしく、珍しく挙動不審な態度を見せています。
『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲キーストーンについて調べるゴルドーが登場。敵対しそうな雰囲気でしたが、ルビーたちの出現で共闘することに!
『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲ラグナの武器に興味津々のルビー。武器マニアの異名は伊達じゃない?

P4U編

 突如、異世界に召喚された悠と陽介。謎の声から“キーストーンを守り抜きながらゴールを目指せと”指示された2人は、困惑しながらもタッグバトルに参加することに。しかし、そこに凶悪な異能力であるカーマインが現れ……。

『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲見るからに凶暴そうなカーマインにビビりまくりの陽介。ペルソナ能力VS.顕現化(イグジス)の勝敗ははたして!?
『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲なんとかカーマインを退けた2人は、同じく異世界に召喚されていた千枝と合流。どうやら離れ離れになった雪子を探していたようです。
『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲元の世界では見たことのないマコト&テイガーに驚く悠たち。千枝はマコトに達人同士にしかわからない“何か”を感じたらしく、闘志を燃やして戦いに挑みます。

UNI編

 UNI編はハイド、リンネ、ワレンシュタインの3人の状態でスタート。例によってキーストーン集めを指示され困惑するハイドたちのもとに、キーストーンの調査をしていたレイチェル&直斗のタッグが現れます。どうやら直斗は、この世界の仕組みに疑問を持って調査しているようですが……。

『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲レイチェルの秘めた力に気づくワレンシュタイン。一触即発の雰囲気を感じます!
『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲戦いの様子を陰から見ていた直斗でしたが、レイチェルに見つかってしまいます。こんな強者たちの前でも、冷静な態度を崩さない直斗すごいぜ……。
『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲チャプター2では、キーストーンの調査中にルビーと遭遇。ルビーはここでも武器マニアっぷりを発揮して、ハイドの“断裂の免罪符(インスレーター)”に大興奮!

RWBY編

 異世界に召喚されたチームRWBYの面々。他の参加者からキーストーンを奪うため、ルビー&ワイス、ヤン&ブレイクの二手に分かれて探索を開始します。ルビーたちは、キーストーンの所持者であるノエル&マコトを見つけ、早くも争奪戦がスタート!

『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲チームRWBYは最初から全員集結! ヤンとブレイクも早く操作してみたいです。
『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲マコトに誘導され、うっかりキーストーンの情報を漏らしちゃうワイス。
『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲とある事情でワイスと別れてしまったルビー。タッグバトルができなくて困っていたところ、通りすがりのハザマに助けられます。

パートナーとの連携でコンボをつなげるのが楽しい!

 ストーリーが一段落したので、アクションもたっぷりと楽しませてもらいました! パートナースキルは、各キャラに3種類ずつ(R1、→+R1、←+R1)用意されているのですが、基本的にR1がコンボ、→+R1が立ち回り、←+R1がアクティブチェンジに使いやすい傾向があるようです。

『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲“アクティブチェンジ”はパートナーを呼び出した時に、そのまま操作キャラを交代するシステム。パートナースキル中に×ボタンで発動できます。

 最初は「コンボをつなぐだけならR1でいいのでは?」と思っていたけど、アクティブチェンジを発動すると、操作キャラのスキルゲージ増加率が上昇するようです。コンボにディスト―ションスキルを組み込みやすくなるので、うまい人ほどお世話になると思います。

 というか、単純にキャラクターが入れ替わりながらコンボを決めるのが本当にかっこいい! ゲームが発売したら練習して、決められるように頑張りたいです。

 とはいえ、まずは基本となるスマートコンボですね! スマートコンボは途中で、必殺技にキャンセルしたり、別のスマートコンボを繰り出したりできるので、やり方によっては単体でコンボを伸ばすこともできます。

 例えば、ルビーなら“△×3”のスマートコンボで相手が浮くので、3段目をジャンプキャンセルして、さらに“空中△×2”のスマートコンボが連続ヒットします。

 もちろん最後にパートナースキルを使えば、さらなる追撃も可能! 工夫次第で多彩なコンボを繰り出せるから、トレーニングモードのやめどきがわかりません(笑)。将来的には“スマートコンボ→パートナースキル→アクティブチェンジ→スマートコンボ→ディスト―ションスキル→ディスト―ションスキル・デュオ”くらいまで、実戦で決められるようになれたらいいなぁ……。

『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲連続で奥義を放つ“ディスト―ションスキル・デュオ”の気持ちよさは格別!

 また、本作はコンボのダメージが高めですが、被ダメージの約50%は体力ゲージが消滅するのではなく、赤くなります。体力ゲージの赤い部分は、パートナーと交代することで徐々に回復するので、ダメージを受けたら小まめに交代することを意識しましょう。

 もしパートナーがやられたとしても、本作には残り1人の時にキャラクターを大幅強化できる“レゾナンスブレイズ”があるので、十分に逆転可能です。さらにレゾナンスブレイズ中は特定の条件を満たせば、一撃必殺のアクション“アストラルヒート”を繰り出せるので、チャンスがあれば狙いたいですね!

 ちなみに、“アストラルヒート”はアークシステムワークスの対戦格闘ではおなじみの一撃必殺技。使用条件は、レゾナンスブレイズ中にスキルゲージ9本かつ、相手のキャラが残り1人になった時です。

『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲アストラルヒートの使用条件は厳しいですが、レゾナンスブレイズ中ならコンボに組み込めるため、決められる場面は増えたかと!

 そんな感じで、本作ならではのバトルシステムが数多くあり、終始新鮮な感覚でアクションを楽しめました。タッグの組み合わせやパートナースキルを考えると、戦術の幅が広すぎてワクワクが止まりませんね! 早く全国のプレイヤーたちと熱いバトルを楽しみたいです!

『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲パートナースキル使用時の掛け合いも注目要素の1つ。ラグナやルビーが鳴上を「悠!」って呼び出す中、1人だけ「鳴上さん!」と叫ぶハイドが大好きです。
『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲ルビーの投げスカがかわいすぎる。今回の記事と関係ないけど、なんとなく撮影しちゃいました!

新キャラ“ワイス・シュニー”の性能をチェック!

 チームRWBY(ルビー)から参戦するプレイアブルキャラクター“ワイス・シュニー”の性能をチェック! すでにトレーラーで紹介されているキャラですが、実際にプレイした感想や主要技を紹介したいと思います。

※ワイスの紹介パートは1:00~

 ワイスはレイピアを武器に使用するリーチの長いキャラクター。特に立ち□のリーチが長く、中距離のけん制や差し込みに役立ちます。スマートコンボ(△・△)で相手を浮かせられるので、空中コンボも簡単に決められます。

 注目の必殺技は、突進技の“グリフダッシュストライク”。ガードされても反撃を受けにくいので、攻めの起点として役立ちました。そのままパートナースキルを使えば、攻めの継続も可能です。

 “アイスシャード(タメ)”で魔法陣を設置しておけば、突進から多彩な派生技を繰り出せるのも魅力。飛び道具もあるので、遠距離戦もこなせますよ!

 魔法陣を使った連携はややテクニカルですが、リーチの長い技が多く、攻めやすい印象を受けました。ステージに障害物を設置する技などもあるので、研究すれば多彩な戦術が発見されそうです!

通常技/必殺技ピックアップ

立ち□

『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲リーチの長い突き。ガードされてもジャンプキャンセル可能。←+□で発生の早い小技も繰り出せる。

立ち△

『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲頭属性無敵があり、対空に使いやすいです。

しゃがみ○

『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲リーチの長い足払い。立ちAの先端からでもつながります。

アイスシャード

『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲相手を追尾する氷弾を発射。タメ押しで、その場に魔法陣が設置されます。

グリフダッシュストライク

『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲突進技。タメ押しでフェイント動作を行えます。魔法陣の近くで追加入力を行うと、多彩な派生技を繰り出せます。空中でも発動可能。

アイスピラー

『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲地面に氷塊を設置。氷塊はすり抜けられないので、相手の行動を妨害できます。

スノウグローブ

『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲無敵時間のあるリバーサルアクション。自身の周囲に攻撃判定が存在します。

グレイシャルトレント

『ブレイブルー クロスタッグバトル』
▲ディストーションスキル。画面端まで届く飛び道具です。

PS4/Nintendo Switch版のオープンβテストが開催

 PS4/Nintendo Switchを対象とした本作のオープンβテストが5月9日より実施されます。

『ブレイブルー クロスタッグバトル』

 オープンβテスト終了後には、使用キャラクターが制限されたオフラインモードのみの体験版として、ダウンロードしたソフトウェアを継続的に楽しめます。さらに、PS StoreでPS4版を予約購入した人は、オープンβテスト終了後も20キャラクターを使用できます。

『ブレイブルー クロスタッグバトル』
『ブレイブルー クロスタッグバトル』

オープンβテスト概要
実施期間
・PS StoreでPS4版を予約購入した人:5月9日16:00~14日24:00
・PS StoreでPS4版を予約購入していない人:5月12日16:00~14日24:00
・Nintendo Switch版:5月11日16:00~14日24:00
※Nintendo Switch版に関しては予約購入による期間の違いはありません。
※実施期間に関しては変更になる可能性があります。
参加方法:PS Store、ニンテンドーeショップより『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE 体験版』をダウンロードしてください。ソフトウェアの配信は実施日当日予定です。
使用可能キャラクター
【オープンβ期間中】:後日配信されるDLCを除く20キャラクター
【オープンβ終了後】
・PS StoreでPS4版を予約購入した人:後日配信されるDLCを除く20キャラクター
・PS StoreでPS4版を予約購入していない人:ラグナ=ザ=ブラッドエッジ、鳴上悠、ハイド、ルビー・ローズの4キャラクター
遊べるモード
・カジュアルロビー
・タクティクスモード(基本編・応用編のみ)
・VSモード(CPU戦)
・VSモード(2P対戦)※PS Storeで予約購入した人のみ。
※使用する体験版は開発中のβバージョンです。製品版とは仕様が異なることがあります。
※予期せぬ動作や不具合が発生する可能性があります。
※体験版のプレイデータは、製品版には引き継ぐことはできません。
※内容は予告なく変更する場合があります。
PS4版に関しての注意事項
※体験版を起動するためにはインターネットに接続する環境およびSony Entertainment Networkのアカウントが必要になります。
※オンラインプレイを行うためにはPS Plusへの登録が必要です。
※体験版をダウンロードした後に予約購入した人は、別途“予約購入証明証”のダウンロードが必要です。
Nintendo Switch版に関しての注意事項
※体験版をダウンロードするためにはニンテンドーアカウントが必要になります。
※オンラインモードをプレイするためにはインターネットに接続する環境が必要になります。

(C) ARC SYSTEM WORKS
(C)ATLUS (C)SEGA All rights reserved.
(C) FRENCH-BREAD / ARC SYSTEM WORKS
(C)2018 Rooster Teeth Productions, LLC.

 関連記事

閉じる