ページトップへ戻る

『ドラゴンズドグマ オンライン』ハイセプター体験会をレポート! シーズン3.2より使用可能となる新ジョブを先行体験!!

著者:ゲーム★マニアックス編集部

カプコンは2018年4月7日、オンラインオープンワールドアクション『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』(PS3/PS4/PC)のオフラインイベントとして、新ジョブ“ハイセプター”先行体験会を開催した。4月12日よりスタートするシーズン3.2での実装に先駆けて、魔法剣士ハイセプターを触れるチャンスを得られたので、そのアクションの触り心地をレポートする。



▲体験会には昼夕あわせて抽選で選ばれた60人の覚者(プレイヤー)が参加。ひとりの欠席者もいなかったことが参加者の熱量を伺わせる

 

変幻自在の立ち回りを見せる魔法剣士

体験会には、『DDON』プロデューサーの松川氏とプランナーのカプコン北川氏が登場。ハイセプターの説明を受けながら、新クエストに登場するトロール種・フォッデン討伐を体験していった。「魔法剣士という響きがワクワクする」(松川氏)というハイセプターだけに、その特徴は剣と魔法の両方が使えること。ノーマルスキルには剣で切りつける“四連斬”と、魔力の弾丸を飛ばす“ルイン・ショット”を備えている。


▲プロデューサー松川さん(右)とプランナー北川さん

また、遠距離と近距離を自在に動きながら攻撃を加えていけるのも特徴。敵に剣戟を加える魔力がゲージに蓄積していき、それを消費することで、敵をすり抜けて瞬間移動する“ミラージュ・シフト”や、敵との距離を瞬時に離す(近づく)リターン・シフト(バック・リーブ)といったスキルを繰り出せる。

また、ノーマルスキル“ウィル・マーカー”で敵に魔印(まいん)を付与して攻撃することで、魔力の蓄積はさらにアップ。これらを使うことで、戦場をビュンビュンと駆け巡りがら戦うことが可能となっていた。


▲ウィル・マーカーで魔印を付与するハイセプター。スタミナゲージの下にあるのが魔力ゲージとスタック
 


▲ミラージュ・シフトはジャンプ中も使用可能。機動力を活かした戦いができる

また、魔力ゲージが埋まると、ゲージの下に丸い玉として最大4つまでスタックされ、これを消費することで、無詠唱で強力な魔法を放つことができる。その種類も、魔法の刃を空中に放つルイン・ブレード(スタック1消費)や、闇属性魔法の連撃テラー・ブラスト(スタック2消費)、聖属性の範囲魔法エクリプス・ブライト(スタック2)など豊富となっている。

無詠唱魔法といっても使用時の硬直はあるが、危険を感じたらほぼすべての行動をキャンセルできるミラージュ・シフトで回避することが可能だ。


▲聖属性の範囲魔法エクリプス・ブライト

ほかにも敵の攻撃を一定時間防ぐウォール・バリアがあったり、魔力を付与した剣での攻撃といったカスタムスキルがあり、どれを選ぶかでバトルのスタイルはプレイヤーごとにかなり個性が出そうな印象。プランナー北川も「アクションスキルの知識があるほど強くなっていくジョブ」だと解説していたのが、それを裏付けている。

アビリディについても軽く触れておきたい。

魔力吸収などに関わるハイセプター専用のもの以外にも、スタミナを消費するスキルを利用したときに一定確率で消費を無効にする“武運”、毒沼やマグマなど特殊地形からのダメージや状態異常値を減らす“厚足”、戦甲パーツに与えるダメージと吹き飛ばし力が増加する“甲砕”など、ほかのジョブでも役立ちそうなものが確認できた。

とくにすべてのノーマススキルのダメージ量が増加する“常撃”は、さまざまなジョブの使い勝手を変えていきそうだ。


▲体験会ではMSIのゲーミングノートPC、HORIのゲームパッドEDGEが用いられた

三段階に姿を変えるエリアボス・イフリート

体験会の後半では、こちらも初お披露目となる、シーズン3.2最強のエネミーであるエリアボス、イフリートの戦いを4人パーティーにて体験することとなった。


▲イフリート担当のプランナー・ジュンさん

イフリートの特徴は、体力の減少によって3段階に姿を変えること。

第1段階では地上戦、第2段階では空中戦、そして第3形態では見上げるほどの巨大な姿となって覚者たちへと襲いかかってくる。

第3形態は画面に収まりきらないほどの大きさで、思わぬ方向から攻撃が飛んでくるため、常にあたふたさせられるハメに。バトルフィールドが落ちれば即死なマグマに囲まれているだけに、あちこちから「うわー!」「えーっ!」という声が聞こえてくる惨状に。ジュン氏によれば開発チームでも討伐まで20分が必要と聞けば、その強さが伝わるだろうか。

イベント中には松川プロデューサーによる一問一答コーナーもあり、「ジョブ修練を簡単にします」「ポーンのJP集めを調整します」「賞金首をLV70までは常設とします」といったうれしい解答もあった。新ジョブや新コンテンツが満載なシーズン3.2以降の『DDON』がますます楽しみだ。

 
 
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

 関連記事

閉じる