ページトップへ戻る

『ハースストーン』拡張版・妖の森ウィッチウッドが4月に配信。135種類の新カード登場

記事提供元:

『ハースストーン』で4月に配信される拡張版“妖の森ウィッチウッド”で登場する新カードや1人プレイ用モード・怪物狩りの情報が公開されています。


 ブリザード・エンターテインメントのiOS/Android/PC用オンライン対戦カードゲーム『Hearthstone(ハースストーン)』で、拡張版“妖の森ウィッチウッド”が4月に配信されます。

『Hearthstone(ハースストーン)』

 本拡張版では135種類の新カードが登場し、新たなゲームプレイが用意されています。

『ハースストーン』妖の森ウィッチウッドトレーラー

妖の森ウィッチウッド

キーワード“木霊”

 “妖の森ウィッチウッド”では、つきまとう新たなキーワード“木霊”が登場します。木霊を持つカードは、使用するとプレイヤーの手札の中に分身を作ります。それらの不気味な複製は、ターンの終了時に消え失せるまでは、何度も繰り返して使用できます(プレイヤーが十分なマナを持つ限り)。

『Hearthstone(ハースストーン)』

偶数/奇数コストカード

 “妖の森ウィッチウッド”のミニオンの中には、コストが偶数、あるいは奇数のカードのみでデッキを組んだ場合にのみ能力を発揮するものがいます。その中には、中立のレジェンドミニオン2体が含まれています。

ゲン・グレイメイン

『Hearthstone(ハースストーン)』

 対戦開始時に、自分のデッキに偶数コストのカードしかない場合、開始時の自分のヒーローパワーのコストは1マナになる。

月を食らうものバク

『Hearthstone(ハースストーン)』

 対戦開始時に、自分のデッキに奇数コストのカードしかない場合、自分のヒーローパワーがアップグレードする。

ウォーゲンカード

 ギルニーアスの民は、人間と狼人間ウォーゲンの2つの形態に変身できます。“妖の森ウィッチウッド”の一部のカードも、この能力を持っています。ウォーゲンカードは手札にあると、毎ターン攻撃力と体力が入れ替わるため、適切なタイミングで使用できるかがポイントになります。

『Hearthstone(ハースストーン)』

敵を急襲せよ

 新キーワード急襲を持つミニオンは、手札から使用すると即座にミニオンを攻撃できますが、敵のヒーローを攻撃できるのは次のターンからです。

『Hearthstone(ハースストーン)』
『Hearthstone(ハースストーン)』

怪物vs.怪物

 ウォーゲンの呪いを受けているギルニーアス人たちには獰猛な獣に変身する能力があり、“魔女ハガサ”の名で知られるオークのシャーマンに惑わされて堕落した怪物たちから、森を取り返すことができます。

 “妖の森ウィッチウッド”の1人プレイ用モード・怪物狩りでは、森に巣食う闇を浄化するため、ギルニーアス最強のヒーローたちが招集されます。これは“コボルトと秘宝の迷宮”のダンジョン攻略モードと似ており、プレイヤーはボスどもを倒し、報酬賞金を集めて自分のデッキを強化しながら、ウィッチウッドの奥へ奥へと進みます。

『Hearthstone(ハースストーン)』

 “怪物狩り”は、“妖の森ウィッチウッド”の配信から2週間後に公開されます。

ワタリガラス年の幕開け

 “妖の森ウィッチウッド”に到着するとともに、新しい『ハースストーン』年度“ワタリガラス年”が幕を開けます。『ハースストーン』では、新年度を迎えるたび、スタンダードフォーマットのカードセットが一新され、メタを劇的に変化させ、これまでにないデッキのタイプの探求を促します。

 ワタリガラス年が正式に開始されると、“旧神のささやき”、“ワン・ナイト・イン・カラザン”、“仁義なきガジェッツァン”の3つのカードセットはワイルド専用になります。なお、これらのカードパックは今後もBlizzardショップから購入可能です。

 その他、『ハースストーン』の新年度を記念して、ドライアドのルナーラが『ハースストーン』のドルイドヒーローとして新たな旅を始めます。ワタリガラス年が始まった後、更新されたスタンダードフォーマットで10勝したプレイヤーは、セナリウスの長女であるルナーラを獲得できます。

キャンペーン情報

 “妖の森ウィッチウッド”が配信されると、ログインするだけで無料のランダムなクラスのレジェンドカード1枚と、“妖の森ウィッチウッド”カードパック3枚が手に入ります。

 また、“妖の森ウィッチウッド”カードパックが50パック入ったスペシャルバンドルを一度限りの特別価格の6,000円で先行購入できます。本スペシャルバンドルには、さらにボーナスカードパック20枚とカード裏面デザイン“暗き森の中で”が付属します。

(C)2018 BLIZZARD ENTERTAINMENT, INC.

 関連記事

閉じる