ページトップへ戻る

『PSO2』連載(17):はじめて「テクター」と向き合う

著者:ゲーム★マニアックス編集部

浅葉たいがです。この連載用に作成したキャラクターのクラスレベルもほぼ75を超え、いくつかのクラスは来週にでも80まで上げることができそうです。もともと自分がプレイしていたshipとは違う場所で育成を始めたのですが、緊急クエスト、アドバンスクエストをぐるぐると回っていればわりと楽にレベルもあがるものですね。


 


▲ヒーロー以外のクラスは75~80くらいまで上がりました。2月中に全クラス80を目指したいですね

『PSO2』では、いろいろなクラスを育成しておくことでパラメーターに若干のボーナスが入る「クラスブースト」というシステムがあるため、難度XHを遊べるようになるまではいろいろなクラスをフラフラと渡り歩いていました。最近はもっぱら「テクター」をメインにしています。

2週間ほどまえに、他のオンラインゲームを一緒に遊んでいる友達が『PSO2』もやってみたいというので、その育成の手伝いなどをするにあたってこのクラスを触りはじめたのですが、いまではその動きの幅広さの虜になっています。


▲オンラインゲームで支援職を遊ぶのは久しぶりです。テクターはサブクラスを変えることで、強みがガラリと変化するので、いろいろな組み合わせを試しつつ遊んでいます

じつは、テクニックをメインにつかうキャラクターを本格的に触るのは今回が初めて。全クラスレベル80まであげているキャラクターも、テクニックを使うクラスは「とりあえずレベルをあげただけ」という状態といっていいくらいです(テクニックを使うクラスはレベル上げに適した時代が多く、出口バーストでタリスを投げ続けたこと、アドバンスクエストでのイル・フォイエなどでレベルだけはもりもり上がってきたのです)。

そんなわけで今回、テクターをがっつり遊んでみようと思い立ってからは、知らないことを覚えたり、操作を練習したり、自分にとって新鮮な『PSO2』ライフを満喫しています。 

まだまだ近接気分が抜けず、いろいろな攻撃を被弾してしまうので、エンドコンテンツに出すにはちょっと心もとないですが、3月くらいには「テクター出せます」と言えるようにはなりたいですね!

随分と長くこのゲームを遊んでいるのですが、自分の「知らないこと」、「やったことがないこと」というのも結構な数あるものです。クラフトなんかは友人任せでやってきましたし、バウンサーのジェットブーツも使いこなせてるとは言えませんし、レンジャーの肩越し視点での射撃も自信がなさすぎてレンジャーは友達と遊ぶときくらいしか出しません。タイムアタックも一部のマップは少し遊んだだけだったりします。

今年はこの連載をきっかけに、そういった未体験だったり、あまり深く遊べていない部分に触れていきたいと思います。


▲「クラフト」に向き合うことをあきらめ、フレンドに頼み続けていたので、こちら方面の知識も全然ないままです(汗)    


文/浅葉たいが

ファンタシースターオンライン2』公式サイト

© SEGA

 関連記事

閉じる