ページトップへ戻る

『とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)』プレゼントキャンペーン

『とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)』番組放送を記念してゲーマニだけのプレゼントキャンペーンを実施中!

★ゲーマニ限定★

セガゲームス様のご厚意によりゲーム★マニアックスを応援してくださっている皆様へプレゼントをいただきました!

 

◆PlayStation4版、PlayStationVita版ソフト(各3名様)

【応募方法】

ゲーム★マニアックス番組公式twitter @ga_mani3 をフォロー

② #SAO_gameinfo #ゲーマニ をつけてこのツイートをリツイート、またはリツイート

③プレゼント応募専用サイトへ必要事項を入力

以上で応募完了です!


プレゼント応募専用サイトはコチラ ⇒ プレゼントに応募する

※応募資格は13歳以上の方で、日本国内にお住いの方となります。
※ゲーム★マニアックス番組公式twitterのフォローを解除されますと当選権利が無効となります。
※応募注意事項、弊社のプライバシーポリシーならびにサイト利用規約をお読みいただき、これらの条件に同意された場合のみご応募ください。同意されない場合は、応募をお控えください。
※当選の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

 
【応募締切】
2018年2月16日(金)

公式サイト
http://vo-index.sega.jp/

開発者インタビューも掲載中!

>>『とある魔術の電脳戦機』開発者インタビュー! 新たなシステム「トランジション」はどのようにして生まれたのか!?


奇跡のコラボタイトル! 『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機』の魅力に迫る!

超能力と科学を織り交ぜた人気ライトノベルシリーズ『とある魔術の禁書目録』(以下『禁書』)と、セガのロボット対戦アクションゲーム『電脳戦機バーチャロン』が軌跡の夢コラボ! その名も『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機』として、2018年2月15日にPlayStation 4とPlayStation Vitaで発売となる。

『電脳戦機バーチャロン』は1995年にゲームセンター用ゲームとして登場し、計4作リリースされた。2003年発売のPlayStation 2版『電脳戦機バーチャロン マーズ』を最後に、15年ものあいだ沈黙していたわけだが、『禁書』とのコラボ作品として念願の最新作が登場することになった。

『禁書』はいろんな要素を取り込んでいけるような器の大きい作品なため、『バーチャロン』とコラボすることで誰も見たことがないゲームになるのではないか……とセガから原作者サイドと相談したところから本企画がスタート。ストーリーは『禁書』作者の鎌池和馬先生による完全オリジナルストーリーとなっているので、ファンも納得の内容となっている。

基本的なゲームシステムは、バーチャロイドを操作して相手の機体を倒せばオーケー。対戦格闘ゲームに近いイメージだ。これまでのシリーズ作品同様に、バーチャロイドにはセンターウェポン、ライトウェポン、レフトウェポンと3つの武器が搭載されているのが、本作では第4の武器となる「ブースト・ウェポン」が搭載されている。『禁書』のキャラクターが持っている能力を発動させるもので、キャラごとによって効果は様々だ。

さらに今作から加わったシステム「トランジション」にも注目しよう。これはダッシュ中に行う操作で、膝をつくような走行に切り替わる。敵を画面内に捉えつつ、すぐにジャンプやダッシュ、攻撃へと以降することができるので、行動→トランジション→行動→トランジション→……と、絶え間なくダッシュや攻撃を繰り返していくことも可能だ。独自のコンビネーションを編みだしてみよう!

対戦はもちろんオンライン対応で、1対1だけでなく2対2のタッグ対戦も可能だ。対戦時の名刺代わりとして活用できるのがパーソナルカード。称号やカードの絵柄などいろんな組み合わせでエディットできるので、ここで自分の個性をしっかりアピールしておきたいね!

本作は『バーチャロン』ファンと『禁書』ファンのどちらも納得いく仕上がりになっているとのことで、気になる人は体験版もチェックしてみよう!


『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録インデックス とある魔術の電脳戦機』公式サイト

©SEGA CHARACTER DESIGN:KATOKI HAJIME
©2017 鎌池和馬
キャラクターデザイン・原作イラスト/はいむらきよたか
Licensed by KADOKAWA CORPORATION ASCII MEDIA WORKS

 関連記事

閉じる